仕事 人間関係 馴染めない

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 人間関係 » 仕事場の人間関係に馴染めない人が意識すべきと4つの事

仕事場の人間関係に馴染めない人が意識すべきと4つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

 

仕事場の人間関係が合わず、馴染めないことに不安や悩みはありませんか?

 

おそらく「馴染めずどうしたら良いか分からない」「とくに解決策なんてないから諦めている」と思っているかもしれません。

 

そんな時に、まず馴染めない場にいるあなたに意識してほしいことを4つ紹介します。

 

 

 

自分の仕事に全力を注いでみる

仕事に集中して全力で取り掛かると、周りの雑音が気にならなくなるので、そういった意識を強くもつことが大切です。

 

人間関係に馴染めないから仕事ができない、というのでは、

 

「どこの企業にいっても人間関係次第で全てが左右される」

 

と言っても過言でない状態になってしまいます。

 

世の中には人間関係に馴染めない人でも仕事に集中して結果や実績を誰よりも出している人は多くいます。

 

そういった人たちの共通点は「仕事に集中している」ということです。

 

 

 

しかしとは言っても仕事は一人ではできません。

 

誰かと協調しなければいけないときがあります。

 

そんなときは自分の与えられた役割を全うすることに集中したり、時にはフォロー役に徹したりして、臨機応変に対応していけば済みます。

 

そこで、次のように意識すると良いでしょう。

 

 

 

必要以上のことは話さない

必要以上とは、例えばプライベートのことや仕事とは関係のない話です。

 

無理に話すことでより馴染めなくなることもあります。

 

なぜなら「コイツと話してもつまらないな~」「なんか感じ合わないから話したくないな~」と思われてしまいます。

 

仕事の話に一点集中しておけば当たり障りのない関係であれば築けます。

 

 

 

割り切ることも一つの手段

axe-616297_640

 

 

人間関係を割り切ることも一つの選択肢として入れてはいかがでしょうか?

 

仕事場の人間関係に馴染めないからといって、自ら無理に馴染もうとすると逆にストレスに感じます。

 

「何を話そうかな~」「どういった態度や表情で接すれば良いかな~」と頭で考えながら馴染もうとするので初めは良いです。

 

しかし、しばらくすると段々疲れてくることもあります。

 

なぜなら、一人一人に気を使わないといけないので今まで以上に神経を使うからです。

 

「気疲れ」という言葉が当てはまるのではないでしょうか。

 

気疲れしてしまうと「何もかもが面倒くさくなる」ことも考えられます。

 

そうならないためにも、人間関係を割り切ることも大切なのです。

 

 

ストレスが溜まる・・仕事の人間関係でウンザリしている時の対処法

 

 

割り切ると気を使わないで済む

述べた通り、完全に「仕事先の人は最低限のコミュニケーションしかとらない」と割り切れば、気を使う必要もありません。

 

実はあなたが思っている以上に、仕事場の人も「仕事内だけの関係」と割り切っている人は多いものです。

 

そうであれば、あなたが神経を張り巡らして馴染もうとする必要もなくなります。

 

 

 

頑張ってる姿を見せてみる

「それでもやっぱり人間関係を大切にして皆と馴染みたい」という願望もあるかもしれません。

 

そんなときは「周囲にあなたの頑張っている姿」を見せましょう。

 

そうすれば、あなたに対する見る目が変わり相手から寄り添ってくれることがあります。

 

やはり仕事を頑張っている姿を見ると、デキるデキないに関わらず評価したくなるものです。

 

例えば頑張るあなたに対して、

 

 

・「あいつずっと頑張ってるな~、えらいな」

 

・「全力に仕事してて感心するな」

 

・「不器用なやつだけど、意外にあついのかも」

 

と思ってもらえれば得です。

 

頑張る姿は目立つので意外と見られるものです。

 

「馴染んで仕事をしたい!」という願望が強ければ、頑張ってる姿をどんどん周囲にアピールしていきましょう。

 

 

思い切って転職してみるのも一手

「どう頑張っても人間関係が苦手で馴染めない」となった場合、転職することも一つの選択肢に入れていただいても良いのではないでしょうか。

 

理由は2つあります。

 

 

将来のキャリアが大きく左右される

人間関係に馴染めるか馴染めないかで会社において今後のキャリアを左右してしまうかもしれません。

 

とうぜん、人間関係に馴染んで上司や周囲から信頼されている人の方が昇進するスピードは早い会社もあります。

 

能力やスキルはあっても、社内に馴染めていない、という理由だけで平社員止まりというケースは実際にあります。

 

あなたがキャリアを積んで上の立場に立ちたいという願望が強ければ、馴染めない環境から離れて新たな会社で一から人間関係を築いてみましょう。

 

 

馴染めない時間が多くなると仕事に支障がでる

人間関係に意識が傾くことで仕事に集中できない人がいます。

 

そうするとだんだん仕事が嫌いになったり、周りを気にしすぎて失敗の連続になったり、最終的には「仕事ができないお荷物社員」というレッテルを貼られてしまいます。

 

そうなる前に踏ん切りをつけて転職してみても良いでしょう。

 

馴染めないことばかりに気を取られながら時間を過ごすより、気持ちを一新して新しい環境で再スタートすることは何ら問題ありません。

 

 

まとめ

snow-lane-81156_640

 

 

いかがでしょうか?

 

人間関係で馴染めないと悩むあなたにとって意識してほしいことをまとめます。

 

  • 自分の仕事に全力を注ぐ
  • 割り切ることも一つの手段と考える
  • 頑張ってる姿を見せる

 

人の悩みの根源は全てが「人間関係」と言い切っても良いくらいです。

 

中々その悩みをすぐに解決することは難しいですが、まずは何かを意識することが大切です。

 

その上で参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ