仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 今の会社を辞めたい時にあなたに考えて欲しい2つの事

今の会社を辞めたい時にあなたに考えて欲しい2つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

time-273857_640

 

会社を辞めたい。

 

誰しもが考えた事があるこの問題。

 

 

無責任な上司のもとで働くのはもうウンザリ・・・。

 

仕事を無理やり押し付けてくる会社はもう去りたい!

 

 

こんな形で辞めたい気持ちは募るものの、現状を壊してまで転職に踏み切るのは恐かったりするもの。

 

 

しかし、そんな時に気持ちを整理する方法が2つあります。

 

 

それは、

 

 

・この現状のまま行って、自分自身の将来は不安か?

 

・現状を解決するのに要する時間はどれ位か?

 

 

です。

 

 

今の仕事を辞めたいと考える人のヒントになればと思います。

 

 

 

 

この現状のままいって自分自身の将来は不安か?

今の会社を冷静に見つめ直した時に、そのまま突き進んでいって、あなたの将来は果たして明るいでしょうか?

 

例えば、10年後も今の会社に在籍していたとして、あなたはどんな暮らしをしているのか想像してみて下さい。

 

 

・どんなところに住んでいるのか?

 

・どんな服を着ているのか?

 

・どんな食事をしているのか?

 

・あなたの周りの人間はどんな人達か?

 

・どんなポジションで働いているのか?

 

・給料は上がっているのか?

 

 

 

かなり具体的に理想的で華やかな自分の将来が描ける。という方は、今の会社を辞める必要は無いでしょう。

 

それは、今の会社のビジョンがはっきりしている事を意味しますし、自分自身のスキルを磨ける体制も整っている事を裏付けています。

 

 

しかし反対に、

 

 

・理想なんか全く描けない

 

・働いているがワクワク感が全く無い

 

・将来を考えるのが恐い

 

 

こんな人は、今の会社に見切りをつけるタイミングだと言えます。

 

 

なぜならあなたの会社の将来像を作るのは、今の会社とそれに関わる人達だからです。

 

 

「不安な将来像しか思い描けないよ」

 

というのは、

 

 

・あなたの将来のモデルでもある上司が全く幸せそうじゃない

 

・会社の方針に自分の理想が寄り添っていない

 

・単純にやりたい仕事ができていない

 

・仮に出世しても苦痛な仕事が待ち受けている

 

 

こういった理由をあなたが感じ取っているからに他なりません。

 

 

 

 

現状を解決するのに要する時間はどれ位か?

そんな事いっても将来なんか何が起きるか分からない。状況が一転して良くなることも十分にあり得る。

 

こんな考えの人もいるかもしれませんね。

 

 

・仕事を押しつけてくる上司が辞めていなくなる

 

・部署全体の体質が徐々に変わっていく

 

・給与体系が整備され、年収が大幅にアップする

 

 

こういった事も十分にありえる話しかもしれません。

 

 

ですがこれって全部、漠然となんとなく頭の中で思い描いている事ではありませんか?

 

もしあなたが、

 

「いやいや実際に自分は社内で毎日改善に向けた動きを取っている」

 

というのであれば、実際に現状を解決するのに具体的にどれ位の時間を要するのか考えてみて下さい。

 

 

それが短いスパン、2年以内に改善される見込みが強いのであれば、転職をする必要はないかもしれません。

 

 

しかし、

 

 

どう考えても自分のチカラだけではどうにもならない。全てが会社任せの部分が多すぎて、自分が入り込む余地すらない。

 

時間がかかりすぎる。

 

 

現状を改善するのに予測が全くつかない場合、将来もその会社は何も変わっていない可能性の方が高いと考えられます。

 

 

つまり、自分自身も変わっていません。

 

自分は変わらないのに、有限な時間を消費し続ける事になります。

 

 

 

時間=将来を買うという決断

今の仕事を辞めて転職にでるという行為は、今現在の環境を変えるという事だけではありません。

 

 

それは同時に、自分の将来を買う。時間を買うという事も意味します。

 

 

今の殺伐とした気質の会社の雰囲気が変わるのに一体どれだけの時間がかかるのか?

 

現状のこじれた人間関係が修復し改善するのに要する時間は?

 

会社の売上が上がっていき、具体的にそれが社員に還元される仕組みになるのは一体いつ?

 

 

今の会社に勤めていて、こういった部分が解決されるのに要する時間は膨大です。

 

 

転職は今の環境を変えるというだけでなく、こういった時間のロスを解決する可能性を秘めています。

 

それは言わば、自分自身の「将来を買う」といってもいい。

 

 

 

とはいえ、

 

一概に転職といっても、リスクも伴います。

 

転職さえすれば今の会社の苦痛から解放され、全て好転した未来が待っている。

 

こんな事が保証されているわけではない。

 

第一、理想の会社に就職が決まるかどうかも分からない話しです。

 

 

 

 

どちらのリスクが重いのか

中には今の会社を辞めたくて転職した結果、思うようなビジョンが描けていない人もいることでしょう。

 

転職しても何も変わらないというリスクが伴う事は、紛れもない事実です。

 

 

しかし同時に、

 

転職しないことでも、この「何も変わらない」というリスクは平行してつきまといます。

 

 

 

もしあなたが本気で今の会社を辞めたいと考えているなら、最初に上げた2つの質問を考えてみて下さい。

 

①このまま行って、自分自身の将来は不安か?

 

②現状を解決するのに要する時間はどれ位か?

 

その上で、現状をいくリスクと会社を変え転職するリスクを天秤にかけてみて下さい。

 

 

一体どちらが傾くのか?

 

 

 

もしあなたが苦痛な将来しか描けず、解決に莫大な時間を要するというのであれば、転職活動をはじめ「将来」と「時間」を買うという選択肢もありです。

 

 

転職エージェントに相談してみる

 

 

今の自分を見える化する

このまま現状を突き進んでの自分も想像できないし、会社を辞めてからの自分も想像できない。

 

こうゆう人も多いでしょうね。

 

 

こんな人は、自分自身を「見えるか」してみると一気に解決に近づきます。

 

 

見える化とは簡単に言ってしまえば、

 

 

情報の整理・整頓

 

情報の共有

 

 

です。

 

同じ情報を整理し共有することで、共通の認識ができると一定の問題点が抽出されます。

 

いわば共通事項から問題点を見える化させるのです。

 

問題点が具体的に分からなければ、何も解決の仕様がありません。

 

・課題

・解決案

・具体的に何をすればいいのか?

 

 

こういった事が詳細にあぶり出されますので、実際にどうすればいいのかが明確になってきます。

 

では誰に一体どうゆうふうに共有すればいいのか?

 

 

実は「見える化」とは製造現場での管理方の一つ。

 

現場と本社(管理)側で情報を整理、共有することで問題点をあぶり出し、漠然とした事を具体化させるための問題解決法です。

 

関係者全体を巻き込む手法です。

 

 

あなたが会社を辞めたい時に、一体どんな関係者に自分の情報を共有すればいいのか?

 

それは転職エージェントです。

 

転職エージェントはあなたと同じような悩みを抱えた人達がお客です。

 

言わば類似した情報を多数吸い上げ、それに対する指針やアドバイスを沢山抱えている。

 

問題ごとに具体的な解決案や課題などを客観的な立場で判断してくれるので、今の漠然とした悩みが見える化してくるのです。

 

 

これは見方を変えれば、あなたの将来の可能性を診断してくれるとも言えます。

 

 

見える化することで予期せぬ発見があったり、思わぬ紹介を受けられる事も大いにあり得ます。

 

 

解決の糸口として、転職エージェントを使ってみるのも一つかもしれません。

 

以下はキャリアタイプの診断に一番チカラを入れている転職エージェントです。

 

転職エージェントに相談してみる

 

 

今の会社を辞めたいが、考えの整理が付かない。具体的に辞めていいのかどうかの判別も付かない。という方は参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加