仕事 辞める 半年

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 期間 » まだ半年だけど仕事が嫌!辞める前に考えるべきこと

まだ半年だけど仕事が嫌!辞める前に考えるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

仕事も半年に差し掛かり、仕事が合うのか、合わないのか丁度わかり始めた頃ではないでしょうか?

 

「半年近くたつけど全然できない」

 

「しかもミスしてばかりで会社に行くのが億劫」

 

など、半年働いた人が持つ悩みは大方共通しています。

 

そこで、仕事を半年で辞める前にじっくり考えるべきことを4つ紹介します。

 

 

 

 

生活に困らないか経済状況を考える

半年間の間でもらえた給料は人それぞれですが、急に辞めても1ヶ月、2ヶ月生活できるだけの貯金があるか今一度考えましょう。

 

これがまず基本的に一番大切です

 

なぜなら、単純に「仕事を辞める=収入が途絶える」ということだからです。

 

その場の感情に流されて即断即決で辞めるのは賢い選択ではありません。

 

無収入ほど恐ろしいことはないですからね。

 

一ヶ月にかかる支出は生活環境によって異なりますが、10万~20万は必要でしょう。

 

1~2ヶ月分の十分な蓄えを持っているのであれば、辞めて転職活動しても問題ないでしょう。

 

 

 

仕事を続けながら転職活動は必須

とは言っても無収入では精神的にストレスが大きくかかってしまいます。

 

そこで、仕事を続けながら採用が決まるまでコツコツ就職活動を続けましょう。

 

面接では、「いつ頃から働けますか?」と必ずと言っていいほど聞かれます。

 

その際は「1ヶ月以内には退職できるので、それ以降ならいつでも!」という感じで伝えた方が良いです。

 

よく「引き継ぎがあるから3ヶ月後とかになります…。」と述べる人がいますが、企業は「即入社」もしくは「出来るだけ早く来てほしい」というのが本音です。

 

あなたがまだ半年であれば、誰かに引き継ぐ仕事量は少ないはずです。1ヶ月以内に辞められるよう予め準備しておくことが大切です。

 

 

 

精神的に問題ないか

anxiety-1156225_640

 

 

「半年で辞めたい」ということであれば、一般的には「短い期間での退社」とみなされます。

 

面接官には「何か精神的に問題があったのか?」と疑問視されるでしょう

 

実際にあなたはどうでしょうか?

 

この半年間で、

 

・上司に怒鳴られパニック症状をおこした

 

・取引先でミスばかりして自信を喪失した

 

・責任とストレスで気持ちが押しつぶされた

 

・何をしても上手くいかず、気力が湧いてこない

 

など体験して支障をきたしていないでしょうか。

 

まず、「精神的に問題がないか」を自分自身で問うことが大切です。

 

もし、何か異常を自覚していれば、一旦転職活動は控えたほうが無難です。

 

なぜなら、次の転職先でも影響を受けるからです。

 

例えば、

 

 

「自信のない表情が原因で、面接で落とさられる」

 

「転職先の会社に入社して、またミスを連発」

 

 

など、同じ繰り返しとなってしまいます。

 

そうならないためにも、精神状態が健全か、健全でないか把握することが不可欠です。

 

 

 

「うつ病予備軍」に気をつける

仕事が原因でうつ病になりかける人が急激に増えています。

 

それだけ、精神的に追い詰められる人が多いということでしょう。

 

うつ病は、何か心と身体に変化があったときに気づくものです。

 

例えば、

 

 

・思考力が低下してきた

 

・意欲が全く湧かない

 

・睡眠障害が起き始める(身体は疲れているのに眠れない)

 

・疲労感が抜けない

 

・フと涙やめまいがする

 

といった症状が代表的です。こうした症状に見覚えがあれば、まず病院で診断することが大切です。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

 

何が嫌だったのか再度振り返る

次に働く会社では半年で嫌になるのではなく、3年、5年、10年と続けたいですよね。

 

あなた自身も「まだ半年しかたっていない…。」と悩んでいるはずです。

 

そこには、辞めたい理由がいくつかあるはずですよね。

 

 

・思っていた仕事内容とはかけ離れていて、重労働を強いられる

 

・求人広告と載っていた内容が全く違っており、残業や休日出勤が多すぎる

 

・体育会の社風なので、人間関係が合わない

 

など、「あなたが半年に至るまでに辞めたいと感じた原因」を必ず振り返りましょう。

 

そして、その原因を把握して次へ活かしましょう。

 

 

 

転職エージェントに相談をする

エージェントではあなたが半年で辞めたいと思った原因を理解し、同じことが起こらないよう親身にアドバイスをしてくれます。

 

さらに、企業と繋がっているので、内情も大方把握しているエージェントも多数います。

 

そこで、あなたに合った転職先を二人三脚で見つければよいのです。

 

根本的な原因が分からず、退職すると同じ繰り返しになるので、ぜひ一度「何が嫌で辞めたいと思うのか」を気持ちが落ち着くところで考えてみましょう。

 

 

 

将来の自分の働き方を考える

「仕事を辞めたい…」ということに日々頭を悩まされていると、目の前の嫌な仕事しか考えられなくなります。

 

その気持ちは痛いほど分かりますが、「転職は将来への分岐点」となるので、今後のあなたの働き方をしっかり考える必要があります。

 

・仕事に安泰を求めるのか、やりがいを求めるのか

 

・好きな業界で働くのか、どこでも良いのか

 

・人間関係が緩い社風か、やる気に満ち溢れたガツガツ系の社風で働きたいのか

 

・責任ある仕事か、地道にコツコツ型の仕事をしたいのか

 

など、あなたにとって相性やフィーリングの合う働き方を見つけましょう。

 

半年で辞めるということで、「もう二度とこんな短期間で辞めたくない」という気持ちは少なからずあるかもしれません。

 

そのため、あなたが10年後にどういった働き方をしていれば、充実して、精神的に安定した状態で働けるのかを考えましょう。

 

 

 

まとめ

tomatoes-1220774_640

 

 

半年で仕事を辞めて、辞めて良かったと思える人とそうでない人の違いは「何を考えて決断したのか」によって大きく変わってきます。

 

このようなケースでは、勢いに任せて行動することは決して懸命ではないので、一歩立ち止まった状態を保つことが大切です。

 

そこで、今回紹介した「考えるべきこと4つ」を参考に、あなたが後悔しないように選択していただければ幸いです。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ