仕事 激務 鬱

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 責任 » あなたは大丈夫?激務な仕事で鬱になる人の3つ特徴

あなたは大丈夫?激務な仕事で鬱になる人の3つ特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

「どいつもこいつも使えないなあ、単純な仕事をやらせても、まともにできやしない」

 

「責任感がないやつに仕事を任せて、自分の評価が落ちるなんてたまらない」

 

出来ないやつらの仕事をカバーしている割には上司からの評価が上がるわけでもなく、このままじゃ仕事もつまらない。

 

最近じゃ会社いると気が重い、そんなあなたはこんな鬱になりがちなタイプにあてはまっていませんか?

 

 

 

自分が生真面目なことに気づいていない

決められた通りにやっていない人を見るとイライラしてしまい、どうしてお金をもらっている仕事なのに手が抜けるの?と感じてしまう。

 

周りの人がサボっていたり、雑談をしていても、仲間に加わらず自分だけ仕事をしていること多くありませんか?

 

仕事をさぼるのは確かに良い事とは言えません。

 

しかし、いつも杓子定規に規則や形を守ることは非常に神経をすり減らしてしまうものです。

 

一人生真面目に頑張っている自分ではなく、上司やお偉いさんがいる前でだけ、真面目な風を装い、お世辞を連発するお調子者の同僚が評価され出世していくのを見ると本当にやるせないものですね。

 

しかし、それでも生真面目な人は、そんな性格を変えることが出来ずかつ生真面目なのがあるべき姿で、周りがだらしないのだと感じてしまい、そこにストレスを強く感じてしまうのです。

 

 

 

人に任せるのが不安

毎日周りの同僚や後輩にイライラしながら、積みあがっている仕事を片付けていませんか?

 

さっさと定時近くに変える同僚たちを見て、出来ないやつだなと思っていませんか?

 

既にキャパを超えてしまっているという事は自分でもわかっているけれど、自分でやった方が早いと感じてしまいますよね。

 

また、他人に任せて本当にきっちりできるのだろうかという不安がどうしてもぬぐえないのです。

 

自分だけどうしてこんなに大変な思いをしなくてはいけないのか?というやるせなさと、他人に任すことが出来ないという現実にジレンマを抱えてしまう日々が続くことは非常に苦痛なものですよね。

 

 

 

自分の考えや感情を表現ができない

上司に対する不安、会社に対する不平、同僚に対する不満、そんな気持ちを多く抱えているにも関わらず、自分の中で消化しようとグッとこらえていませんか?

 

正直もう限界と感じているにも関わらず、それを仕事の場で出してしまうことは仕事人として失格だと感じる気持ちがありませんか?

 

このように頑張らなくてはいけないという気持ちが人一倍強いと自分で自分をがんじがらめにしてしまいます。

 

また意見を求められ、自分が周りの人と違っていても、それを口にすることが出来ないとどうでしょうか?

 

自分では、納得していない方向に物事が決まってしまい、仕事がやりづらくなってしまいますよね。

 

それでも、今更文句を言うわけにもいかないと、意見を言えなかった自分を責める気持ちと現実に板挟みになってしまうのです。

 

 

 

手を抜くことを覚えよう

今の状況が続いてしまうと、遅かれ早かれ心が蝕まれてしまい、鬱病になりかねません。

 

自分を曲げられない、人に頼れない、気持ちや考えを表現できないというのは、すごく生きづらいものですね。

 

生まれ持った性格だから変わらないし、変えられないと思ってしまいがちですが、少しでも生きやすく仕事生活を送りたいものです。

 

その為には、まず手を抜くことを覚えましょう。

 

手を抜くという言葉には、サボるとか適当にすませるというマイナスなイメージが付きまとうものです。

 

しかし、ここでいう手を抜くは、仕事によって力や時間配分を変え、大事なところに力と時間を避けるようにすることです。

 

時間はすべての人に平等です。

 

すべての仕事に全力投球し、同じだけの労力をかけていると、大事な仕事に割く時間が削られることにも繋がりますよね。

 

そこで、仕事によって手を抜くことを覚え、時間に追われるストレスから解消されましょう。

 

 

「~ねばならない」を捨てよう

「~ねばならない」、「~べきだ」という言葉が口癖になっていませんか?

 

理想を持つことは決して悪いことではありません。ただ、すべてにおいて、完璧を求め、自分の中の価値観でガチガチに固めてしまうと非常にやりづらいものです。

 

またそれを他人にも求めてしまう人もいます。そうなると、とてもじゃないけれど人に仕事を任せるなんてことが出来なくなってしまいますよね。

 

「与えられた仕事は自分で責任を持ってやらねばいけない」

 

これはもちろん正論であり、間違ってはいません。

 

しかし、誰かに手伝ってもらってやったとしてもいい訳です。大事なのは仕事がいいものに仕上がることであり、「~ねばならない」を遂行することではないですよね。

 

ただ、ご紹介した口癖や考えを持っている人は、人に助けてもらうのが苦手な傾向にあります。それによって自分が無力だと感じてしまうからです。

 

しかし、本当の目的は何かということを考えれば、それは決して悪いことではないと思いませんか?

 

 

仕事を抱え込んでしまう生真面目な性格の人は、鬱になりやすい素質をもっています。

 

これからも続いていく社会人生活を、息切れして過ごすよりも、少しだけ息を抜いて過ごしてみませんか?そうすることで、仕事がつまらないという気持ちにも変化が訪れるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ