仕事 責任 つらい 退職

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 責任 » 仕事の責任がつらい!退職を決める4つのポイント

仕事の責任がつらい!退職を決める4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 13分

責任のある仕事ができて幸せだ、やりがいがある。ということが叫ばれますが本当にそうでしょうか?

 

むしろ、責任ある仕事を任されたり責任の重たい立場になってくると、

 

 

「責任が重くてつらい・・・」

 

 

と日々悩んでしまうことの方が多いです。

 

 

このページでは、理不尽な責任の重さに悩むあなたの気持ちを整理します。

 

その上で「このケースでは退職した方が良いのか?」と考えてしまうあなたに、”退職を決める4つのポイント” を紹介していきます。

 

 

 

 

心身に支障をきたす可能性がある

責任が重い仕事を任されると、精神的に病んでしまうことはよくあるケースです。

 

とにかく「胃が痛い、重い」など、仕事のこと自体を考えるだけで落ち込んでしまいますよね。

 

責任が重い仕事というのはそれだけ会社の業績を大きく左右するので無理もありません。

 

これは裏を返せば、あなたに対しての”期待”が大きい事を表してもいます。

 

が、問題はこの期待が過度に及んでいるケース。

 

人から期待されると、

 

「ミスしたらおそろしい」

 

「結果を出せなければ社内から冷ややかな目で見られる」

 

など気がめいってしまいますがそれが自分の閾値を超えると、日々ストレスとの戦いになり、心身ともに支障をきたしてしまう。

 

よくある症状が、

 

 

・休日でゆっくりできるはずなのに、いきなりめまいがする

 

・胃腸の具合が悪く吐き気、胃の痛み、下痢といった症状がでてくる

 

・仕事でも趣味でも何をしようにもやる気が一切おきずボーっとしてしまう

 

・全てがマイナスな感情になる(不安や焦り)

 

 

こんなケースでは、退職して気分をスッキリさせることの方が賢明です。

 

 

なぜなら、ストレス耐性の問題で、一度こういった症状になってしまうと、今後の仕事で少しでもストレスを感じてしまうと耐えられなくなってしまうからです。

 

ストレスは度を超えると(閾値を超えると)、元に戻すのが難しくなるのです。

 

困難に立ち向かう心構えがなくなってしまのはもったいないことですので、「無理に頑張ることが社会人として当然」と考えすぎないほうがよいでしょう。

 

 

仕事で胃が痛くなる。一人で苦しまないで!

 

 

価値観が古く能力以上のことしか任されない

man-790622_640

 

 

自分自身の能力では乗り切ることができないような仕事しか任されないケースです。

 

原因は人手不足か、経営者の考えが昭和的なのではないでしょうか。

 

あなたが「責任ある仕事をバリバリこなしてこそ成長の証!」というあつい心構えをもっていれば問題ありません。

 

 

ですが「もう少し気楽な仕事をしたい」「もっと楽しい仕事をしたい」という考えであれば当然苦痛でしかたありませんよね。

 

 

一つ言えるのは、人の働き方は多種多様です。

 

全ての人が「社会人としての常識」のような働き方はできません。

 

例えば、

 

 

・困難を乗り越えるのが社会人として当たり前

 

・厳しい仕事や辛い仕事を経験してこそ一人前

 

・どんなことがあっても3年は我慢する

 

 

これらはもちろん正論ですが、全ての人に当てはまるかと言えばそうではありません。

 

むしろこういった考えを押し付けるのはかえって無責任なのかもしれません。

 

現在があなたの希望とする働き方とまったく異なるようであれば、「希望に近づける働き方」を今一度模索されても良いのではないでしょうか。

 

特に今のような時代では、副業を推進したり、少ない時間で結果を出すことを求めるなど、会社側のスタンスも多様化しています。

 

 

 

 

サンドイッチ症候群の発症

sandwich-890822_640

 

 

サンドイッチ症候群とは、「上司と部下の板挟み」になり、ストレスを抱えている状態のことを指します。

 

サンドイッチ症候群の主な発症は、

 

 

・高血圧

 

・過呼吸

 

・不眠

 

・自律神経失調症

 

・抑うつ状態

 

 

といった症状です。

 

ある程度勤続していると、昇格などで主任や係長、課長などのポストになりますよね。同時に仕事における責任が大きくなり、部下の責任を取らなければいけない位置にもなります。

 

さらに、上司から命令や叱責され、部下からの不満をもらされ、まさに板挟みの状況です。

 

例えば、

 

 

・あるプロジェクトを仕切っているときに部下がミスをして大きな損失になってしまった

 

・部下がお客様に迷惑をかけ取引を中止せざるを得ない状況になってしまった

 

 

このような状況では、あなたが上司から詰められ、部下の責任を背負わなければいけません。つまり、部内の柱として仕事をしなければいけないため、最も仕事の責任が重い立場と言えます。

 

問題なのは、あなたが部下の責任を負っている状況にも関わらず、直属の上司が助けてくれない時。

 

仕事にミスはつきもの。いかにしてミスをリカバーし、次の発症を防ぐなどの対策を上下全体で連携していってこその組織です。

 

にも関わらず、上司が理解しておらず、ミスの非難ばかりをあなたに投げてくる・・・。

 

そんな時は「退職して責任が小さい職場で働きなおす」、「上司とクールに話し合える職場を探す」という選択肢を考えることも大切なのです。

 

 

 

プライベートな時間が一切取れない

「知人と旅行にいって色んな土地を回ってみたい」

 

「連休をもらって家族とゆっくり温泉にでも行きたい」

 

などプライベートの時間はあなたなりの楽しみ方をしたいですよね。

 

しかし、仕事の責任が大きくなるにつれ、それだけ仕事量が増えたり、部下の仕事の管理もしなければいけません。

 

そのことによって

 

 

・残業が夜遅くになった

 

・休日出勤しなければいけない

 

・職場に長時間いて当たり前という上からの目

 

 

などで毎日一日中仕事のことしか考えられない状態になってしまいます。

 

そんな時に忘れてはいけない大切なポイントがあります。

 

 

「仕事=人生」ではなく、「人生の一部に仕事がある」

 

 

プライベートがないというのは、仕事が人生の全てといった考え方です。

 

決して良い悪いではありませんが、プライベートの時間を楽しみ、家族サービスをするなり、ご自身の趣味を満喫するなり、最優先なのは自分の人生であって、あくまで”仕事はお金を得る手段”ということです。

 

 

「仕事が人生のすべて」というような人生では、必ず”後悔"してしまいますし、これからの働き方を考えるとピンとがズレています。

 

 

「もっと◯◯しとけばよかったな~」

 

「仕事ばかりせずもっと自分の時間を大切にすればよかったな〜」

 

とならないためにも、仕事の責任にのまれそうになる前にあなたのプライベートを充実させることができる転職先を探すことは重要な決断になります。

 

 

 

最後に

退職を決める4つのポイントを紹介してきました。

 

 

・心身に支障をきたす可能性がある

・能力以上のことしか任されない

・サンドイッチ症候群の発症

・プライベートな時間が一切取れない

 

 

仕事の責任に悩む人はたくさんいます。

 

「仕事の責任が重くて辛いな~」と感じていたら一人で抱え込むのではなく周囲に相談してみたり、こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

退職はネガティブなイメージもありますが、”新しい環境探し”という認識を持つことも大切なのです。

 

 

 

もし不条理な責任のつらさに悩み、一人でモンモンとしているのであれば、一度「転職エージェント」に相談してみませんか?

 

今の会社の考えが偏っているかの確認もできますし、意外なほどに他の会社の働き方に対する考えが変わってきている事にも気づけます。

 

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。リクルートは社歴も長く経験値が深いため、色々なタイプのコンサルタントが多い印象。今すぐにでも現状の職場を離れたい人におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

中小やベンチャーの案件を多数持つDODA。転職活動を何から始めていいのか分からない人は、まず登録しておいても損はありません。DODAでは、退職にあたってこんな事は言ってはいけない。こんな事をやると後々トラブルに発展するといった事例も教えてくれます。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ