仕事 責任 疲れた

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 責任 » 責任に疲れた!その仕事を離れたほうが良い4つの理由

責任に疲れた!その仕事を離れたほうが良い4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

日々の仕事における責任の重さに心身ともに疲れていませんか?

 

そのまま我慢した状態で仕事を続けていると取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

そうならないためにも、あなたが「今の仕事を一旦離れたほうが良い理由」を4つ紹介していきます。

 

 

 

 

家族に迷惑をかけてしまう

ここでの迷惑とは

 

 

「体を壊してしまう」

「家族サービスができない」

 

 

です。

 

ある程度のポジションや勤続年数が増えてくると、任される仕事の裁量や、一つ一つの仕事の責任が大きくなってきますよね。

 

そのため、残業が多くなり疲労がどんどん溜まっていく、忙しく家族サービスができない、という状態になってしまいかねません。

 

特に心配しているのは、”妻”です。

 

 

・旦那が心身ともに疲れており毎日心配で仕方ない

 

・どんどん仕事の疲れで弱まっていく姿を見てられない

 

・子供と過ごす時間がとれずかわいそう

 

など、あなたに対してとても心配しているはずです。

 

もし仕事の責任が原因で疲れ切って体を壊してしまえば、看病をしたり、給料面で心配したり、今後の働き方について疑問を持ったり、多大な迷惑をかけてしまうのです。

 

そのため、「体が疲れておかしくなりそう」「精神的にやばい」などと感じてしまう場合は、まずは仕事を離れてリフレッシュすることが大切です。

 

 

自分を見失う

holzfigur-980784_640

 

 

責任ある仕事を頑張りすぎているのかもしれませんね。

 

こういった人は、フとした瞬間に「脱力感」のように何もする気力がなくなってしまうようです。

 

 

「本当に疲れました、もう何をしたら良いか分かりません。」

 

 

という声をよく聞きますが、これが”自分を見失う”ということです。

 

 

 

長年突っ走ってきてしまったことが原因

責任が重い仕事もそうでない仕事もがむしゃらにやってきたのかもしれません。

 

20代や30代というのは確かに人生で最も頑張り時です。

 

しかし、頑張りすぎることで、いつの間にか「責任が重い職」を任されるようになりますよね。

 

例えば、

 

 

・「プロジェクトリーダーとして部下を引っ張っていく」

 

・「常に最前線で現場の指揮をとり、ミスのないように神経を張り巡らせている」

 

・「会社の業績を担うポジションで常に上層部に気を使わなければいけない」

 

など、常に仕事のことを考えなければいけないポジションで休まる時間もないくらい大変です。

 

それが積もりに積もって、一気に爆発して自分を見失ってしまうのです。

 

しかし、そんな無理をする必要はありません。

 

無理に突っ走って給料が貰えなければ本末転倒です。

 

一度、今の職を離れて自分のプライベートの時間を最優先させてください。

 

一人で散歩してみたり、国内旅行にいってリフレッシュしてみたりすることが大切です。

 

「自分を見失いそうな状態」になりそうであれば、迷わずリフレッシュする時間をとりましょう。

 

 

 

 

ストレスで何もかもが不安に感じ始める

これは精神が不安定になってしまう状態です。

 

責任の重い仕事をしていて、「失敗できない」「期待されている分、必ず成功しなければいけない」など、不安とプレッシャーの中で、その人にとってつらく耐え難い状況であればあるほど、症状がでてしまうのです。

 

例えば、

 

 

・「フと急に目の前の何もかもが不安になってしまう」

 

・「仕事を頑張ろう!と思っても全て失敗してしまうシミュレーションしか考えられない」

 

・「プライベートのことや将来のことまで全てが不安で恐くなる」


こういった症状がでてきた場合は、今の環境を変えることが最も得策です。

 

 

なぜなら、精神が乱れてしまうことで今後の仕事にも支障をきたしてしまうからです。精神の安定が何よりの健康の証です。

 

環境を変えて気持ちを切り替える、または一旦休職して心を休めることで、この症状は改善されるようになります。

 

 

 

 

突然キレてしまうほど情緒不安定になる

anger-1007186_640

 

 

毎日責任ある仕事を投げられる立場にいる人もいるようです。

 

そのイライラが積もりに積もって、急にキレて周囲にあたるようになり始めてしまうのです。

 

つまり情緒不安定といったところです。

 

特にこのような境遇の人が多い様です。

 

 

・上司から部下にまで好き勝手言いたい放題に仕事を投げられる

 

・何かあれば責任を押し付けられる立場にいる

 

・何かと便利屋みたいなイメージを持たれている


どうしても長年仕事をしていると、「あなたのイメージ像」ができてしまいます。

 

 

「あの人なら何でもやってくれそうだな」

「面倒くさい仕事は全部投げてしまえ」

 

 

など、「◯◯しても大丈夫な人」と思われてしまいます。当人はそれが不満で仕方ないにも関わらずです。

 

職場でのイメージ像は一度定着してしまうと、中々払拭することができません。

 

 

実際に「今の職場では自分がおかしくなる!」ということを理由に転職して新しい職場で「本当の自分像」を守りながら活き活きと仕事されている人もいます。

 

 

不満が爆発して突然キレるほど情緒不安定になる前に、"あなたに合った職場探し”を視野に入れたほうが良いでしょう。

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?仕事の責任で心身ともに疲れて、何かしらの症状を引き起こしかねません。

 

そうならない為にも、「今の環境から抜け出す方法」として、転職や、休職などして心と体をリフレッシュしてくださいね。

 

深刻な事態になっては遅い、ということを認識いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ