仕事 激務 転職

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 辞めたい気持ち » 仕事が激務で転職を考える人に聞いて欲しい3つの事実

仕事が激務で転職を考える人に聞いて欲しい3つの事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

仕事は多くの方にとって生計を得るために大変重要な手段です。

 

より多くのやり甲斐や収入を得る為には日々の仕事をどんどん頑張っていく必要があります。

 

最近では自分の好きな仕事ができる大変素晴らしい環境が整っています。

 

このような仕事をどんどん行っていく事で人間的にも大変高い成長を図っていく事ができるのです。

 

しかしあまりにハードな仕事だと身体を壊していく事も十分にありえます。

 

過労で体を壊しては元も子もないのです。

 

 

 

自分の好きな仕事だからこそ頑張れるが

世間ではブラック企業と言われる言葉が大変流行しています。

 

ブラック企業の定義は明確には法律等で定義はされていませんが、やはり厳しい労働環境や安価な給料等が原因となっていると考えられます。

 

その点から考えると実はどの業界も十分にブラック企業の定義を満たすポテンシャルは十分に持っているのです。

 

法定労働時間を超えても残業代が未払いの会社が多いのも一つのブラック企業の特徴です。

 

自分が働いている会社がブラックかどうかはその人の判断にもよりますが、

 

 

・あまりにハードな仕事内容

 

・杜撰な人間関係が問題

 

このような職場であるならば積極的に転職を考えるのも一つの方法です。

 

こういった会社で無理をすると、心身共に後々まで残る大変大きな後遺症を起こす可能性があります。

 

日本人の教育上の特徴として「我慢が美徳」といった価値観を植え付けられてくるので、ついつい頑張ってしまう人は多い。

 

 

最近の仕事は益々高度化してきています。

 

また大変複雑化もしていますので、どなたでも簡単に行えるような仕事は段々と少なくなっています。

 

 

個人に重い責任がのしかかる状況と言えるので、心身共に疲弊しやすい環境がどんどん出来上がっています。

 

 

普段から常に自己研鑚やスキルアップが当然のように求められる環境です。

 

日常の激務に加えて、週末や休日まで仕事関連に割く時間が多くなればそれだけ精神を疲弊していく事となります。

 

プライベートな充実感が乏しくなればそれだけメンタルヘルスに大きな疲れをきたす原因ともなります。

 

そうなると、オンとオフの区別がつかなくなり常に激務にさらされているような感覚に陥ります。

 

 

そのため、どうしてもしんどいと感じられたら無理をしないで休息をとったり、自分の時間をきちんと確保する事が大変重要です。

 

 

責任に疲れた!その仕事を離れたほうが良い4つの理由

 

 

 

激務な仕事で学べる事も確かにある

 

environmental-protection-326923_640

 

 

激務な仕事は果たして本当にその人を不幸にするだけなのでしょうか。

 

実は決してそうとは言えないのもまた現実です。

 

特に仕事に対して大きなやり甲斐を見つける事を真剣に考える方には大変素晴らしい環境だとも捉えられます。

 

仕事を通じ人間的にも大変大きな成長を行っていきたい方にとっては、やはりハードな仕事の中で人間的にも大きく成長していく事は必須の要件です。

 

普段から自分のキャリアやスキルにきちんとした責任をもって仕事にあたっていく事は人間性を育みます。

 

自分のやり甲斐は自分自身で探していく事は大変重要な事です。

 

 

 

自分が好きで選んだ仕事です。意欲的に業務にあたって自分の能力やスキルアップを図る事は当然重要です。

 

 

しかし、やり過ぎは何事も禁物です。

 

 

会社は組織です。そこで働く人間とのハードな人間関係等も当然存在します。

 

仕事の多忙さに加え、人間関係で疲弊していては大変な思いをする事は明白です。

 

仕事や職場で過ごす時間にやり甲斐を見出したいとは多くの方が考えています。

 

しかし、あまりに多くの仕事量に翻弄され、職場の人間関係、特に上司と人間関係等に思い悩むようであればそれはそれできちんと早急に退職や転職を考えていくべきです。

 

 

 

 

ノイローゼになるまで働く必要はない

激務の基準は人によって異なります。

 

1日8時間の仕事でも激務と感じる方もいますし、ハードな仕事を自分で徹底的に楽しんでいく方も沢山います。

 

自分の好きな働き方で収入とやり甲斐を得る事は当然多くの方にとって理想ですが、常に自分がそこで何を学んで行きたいかを真剣に考える必要はあります。

 

 

転職を検討する理由も人それぞれです。

 

 

 

・もっと大きな仕事をしたい

 

・窮屈な人間関係ではなく、フラットな組織の中で自由裁量で働いていきたい


 

等と、その人によって当然仕事のモチベーションは異なってくるはずです。

 

何も今の会社にしがみつく必要はないのです。

 

自分の好きな事を徹底的に頑張っていけば自ずと仕事に関する知識やノウハウも高まっていきます。

 

普段からの仕事に対する高いモチベーションをきちんと維持していくには、自分のワークアライフバランスを真剣に考える事は大変重要な事です

 

 

 

最後に

gil-1140041_640

 

 

最近では正社員としてではなくてもいくらでも多様な働き方は可能です。

 

自分らしい働き方をどんどん磨いていく事でより楽しい時間を過ごす事は可能です。

 

派遣社員等、豊富な選択肢の中から、自分らしい働き方こそ、本当に重要な事なのです。

 

終身雇用や退職金、年金等、従来までの日本型の雇用システムが完全に崩壊している中で自分らしい働き方をきちんと定義して行っていける人間に大変多くの価値があるのです。

 

普段から多くの事にきちんとした関心をもって仕事を行っていきましょう。

 

あくまで生活の為に行なうのが仕事です。

 

体を壊したり、精神に変調をきたしてまで行なうのが決して仕事ではありませんので、注意が必要です。

 

自分のよさをわかってくれる会社は必ず存在していますので、そこで働く事を真剣に考えていきましょう。

 

自分の適性に見合った仕事をバランスをとってしていけば良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ