仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » アーカイブ

老後は大丈夫?仕事が激務な女性は生涯未婚率が上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

最近では男性だけでなく、女性でもバリバリと仕事をさばき日々激務をしている人も少なくないものです。

 

仕事があるのはいいことかもしれませんが、いろいろな弊害も出てきてしまいます。

 

まだまだ先のことと思っているかもしれませんが、激務な仕事人生のママで老後を迎えますか?

 

 

 

激務でお肌はボロボロ

女性はどうしても男性よりも体力が少ないものです。

 

その為、長時間の過酷な勤務が続いてしまうと疲労もピークになってしまいますよね。

 

それを特に感じるのが、メイクをオフした後に鏡を見る時ではないでしょうか?

 

お昼間は隠していても、目の周りには真っ黒なクマ。そしてお肌は疲れとストレスでボロボロです。

 

そんなボロボロなお肌を隠すためにバッチリメイクをするものだから、さらにお肌には負担がかかってしまいます。

 

さらにそれを加速させてしまうのが連日の残業のせいで積もる睡眠不足ですよね。

 

男性のように仕事から戻ったら何かお腹にいれてベッドにもぐりこむという訳にもいきません。

 

メイクを落としてお風呂に入ってスキンケアをしてと、何かとやることが多い為、どうしてもすぐにはベッドに入れません。

 

そうするとお肌が再生するゴールデンタイムに眠れないということになってしまいますよね。朝起きてもお肌は再生せずメイクの乗りも悪くなってしまうという悪循環です。

 

 

 

ストレス食いで体重増

women-730212_640

 

 

激務続きの毎日だとどうしても心理的にも余裕がなくなってしまいます。ちょっとしたことでもイライラしてしまい、そのストレスが溜まってしまいますよね。

 

女性の場合、ストレス発散法というと、「食べる」、「しゃべる」、「買い物をする」というのが主流です。

 

しかし、時間に追われている為、おしゃべりをする時間なんてまず取れませんよね。

 

買い物をしたくても、帰るころにはお店はすでにしまっていて、バーゲン時期といっても私には無関係という状況になりがちです。

 

そうなると最後に残るのは、「食べる」ですよね。

 

しかも疲れてしまうと、女性が好きな甘いものが欲しくなってしまうものです。

 

残業帰りにコンビニにより高カロリーなスイーツコーナーにまっしぐら。

 

さらに甘いものを食べたら今度は塩っ気があるものが食べたいとスナック菓子を買ってしまいます。

 

当然ながら体重が増え、スーツのウエストがきつい、1サイズ増えてしまったという人も少なくないのでないでしょうか?

 

 

 

 

いつしか仕事が恋人

お肌はボロボロ、ぽっちゃりさんになってしまい、かつ激務で仕事漬けだと彼氏を作る暇もありませんよね。

 

出会いの場に行く時間もないし、コンパなどに行っても、自分より暇な仕事をしている男性は甘っちょろいわと感じてしまいう人も少なくありません。

 

また彼氏がいてもデートをする時間を取るのにも一苦労。

 

メールや電話をするのも疲れて面倒くさくなってしまい、いつしか彼氏が離れていってしまうというケースも多く耳にします。

 

 

 
仕事と俺とどっちが大事なの?

 

 

 

と言われてしまう状態、女を忘れてしまいそうな自分に、もうこんな仕事辞めたい!と感じたことありませんか?

 

 

 

 

生涯未婚は幸せか?

 

person-338317_640

 

 

激務な仕事をしている仕事中毒な女性は、生涯未婚率が非常に高くなる傾向にあります。

 

 

当然時間がないと、出会いも少なくなってしまう傾向が高くなりますよね。

 

最近では40代でも未婚の男女も多いため、未婚でいることも大して不安を抱くことも少なくなってきています。

 

晩婚のカップルも多いため、時間ができたら婚活しようと結婚を意識していない人も多いものです。

 

しかし同窓会に参加したり、同級生からの年賀状を見ると、既に中学生や高校生の子供がいる友達も珍しくなくなり、集まっても話題は子育てのことばかり。

 

疎外感を感じてしまうものです。

 

またあなたがいざ結婚しようかなと思った時に、いい出会いがあるとは限りません。そうなると生涯未婚という言葉も非現実でなくなってしまいます。

 

そこで激務で時間がとれないからと仕事漬けになるのではなく、友達や仲間との時間を少しは大切にするようにしたいものです。

 

忙しいという言葉を口癖に、人との関係をおろそかにしていると、あなたに悪気がなくても人って離れていってしまうものです。

 

 

 

 

最後に:老後資金は最低3000万円

good-1122969_640

 

 

生涯未婚だとして、老後に必要な資金は最低3000万円と言われます。

 

これは最低水準で病気をすることや、親戚づきあいなどを考えると5000万円はくだらないでしょう。

 

この金額を女性がかせぐというのは、かなり専門的な仕事か地位ある仕事をしていないと不可能に近いものです。

 

男性並みに働いても、男女の賃金差は大きな差があります。

 

それなのに、美容に時間もさけず、彼氏も作れず、生涯は孤独でお金もないという生活が待っているのです。

 

 

 

それでもあなたは激務な仕事を我慢して続けますか?

 

 

 

結婚だけが幸せではありませんが、仕事だけで時間をつぶしてしまうのももったいないと思いませんか?

 

仕事とプライベートがせめて両立できる仕事に配置換えしてもらう、もしくは仕事を変えるというのも将来を見据えて考えることは大切ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

転職を決めたリアルな理由上位3位に入る仕事の激務さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

世の中の人が連休だと浮かれていても自分には関係のないこと。

 

毎日毎日、職場と自宅の往復の地下鉄に揺られながら、同じ景色ばかりを見ていると、楽しいことを見つけるのが難しいものですね。

 

転職も珍しくない時代ではありますが、その上位には「仕事が激務すぎる」という理由があげられています。

 

転職をすることも一つの選択肢として考えてみませんか?

 

 

 

 

激務な割に待遇が悪い

連日、夜中まで仕事に追われている。翌日も早出で出勤するのが日常茶飯事。

 

周りの社員のほとんどがそんな業務状況だと、いつしか感覚も麻痺してしまうものですね。

 

入社した当時は、こんな過酷な激務なんてありえなくない?と感じていても、日々この生活を続け、回りの同僚も同じように働いていると、人はだんだんと順応していくものです。

 

しかし残業手当や早出手当てなんてものがつくかといえば、ほぼつかず安月給。

 

仕事しかしていないので、お金を使うといえば、食事代ぐらいだけど、冷静に考えるとこれだけ会社に酷使されてこの待遇ってどうなの?と感じてしまいますよね。

 

ボーナスはがっつりでるのかと言えばそうでもないとなると本当にやり切れないものです。

 

さらに上司からねぎらいの言葉でもあるのかといえば、そんな言葉かけられたこともない。

 

「あの書類まだできてないのか?」

 

「お前らどいつもこいつも仕事ができねえな」

 

そんな罵声をあびせられていては心も擦り切れてしまいますね。

 

 

 

体調不良は自己責任!?

あまりに激務が続くと体調も崩しやすいものです。

 

しかし、少しの体調不良であれば病院にいくのもはばかられ、市販の薬でやり過ごすのが常になってしまう。

 

市販の薬でもごまかせなくなり病院に行ってから出社しようものなら、サボっているのかのように言われてしまう。

 

また体調不良で仕事を休んだ日にはこの言われよう。

 

 

 
「体調管理が出来ていないのは自己責任だ、社会人として失格だ」

 

 

 

 

毎日激務を続けていれば体調を崩さない人のほうが珍しいというものですね。

 

 

 

離職者が多い

新しく入った社員にさっさと仕事を覚えさせて自分は辞めてやろうと思ってはみても、ちょっと出来る社員はすぐに会社の異常なまでの激務さに危機感を感じて辞めてしまう。

 

残っているのは、使えない会社の言いなりになる社員だけ。

 

常に職安や求人誌に、社員募集の求人が出ているのは、間違いなく離職者が多いからですよね。

 

ただいつもいつも求人をしている会社というものは、仕事を探している人にも覚えられてしまい、この会社はブラックだなと感じさせてしまう為、まともな人が応募してこないのです。

 

通常であれば、3~4人するような仕事を1人で抱え込んでいるものだから、当然人手不足になってしまいますよね。

 

そしてその渦中に居ると自分が離職すると会社が回らなくなるという考えになってしまいがちです。

 

待遇も悪い会社だし辞めたほうがいいと周りの友人からの助言も耳に届かなくなっていませんか?

 

 

 

仕事が辛い!転職を決断した方が良い、ブラック企業と判断する特徴4選

 

 

 

先がないなら見切りをつけよう

あなたがもし今いる会社を辞めたとしても会社はつぶれません。あなたの代わりに誰かが仕事に追われるだけなのです。

 

これから続く何十年ものサラリーマン生活、今のままで本当にあなたは満足ですか?

 

安い給料で1人であれば生活は出来たとしても、その給料では結婚をしてマイホームを立て、子供を一人前にするという事が果たして出来るでしょうか?

 

若いうちは少々寝不足でも多少の体調不良でごまかしていけるかもしれません。

 

しかし、身体の無理が利かなくなる中年になったとき、今と同じ生活が出来ますか?

 

 

・10年後あなたの給料があがり出世しているという保障はあるのか?

 

・あなたを怒鳴り散らしている嫌な上司のようになっているとして、あなたは果たして幸せでしょうか?

 

・退職まで安月給で身体に鞭をうちながら働いて、多額の退職金はもらえるのか?


 

 

おそらく期待できないでしょう。

 

今は会社の業績が悪いから、不景気だからこの状況であるだけなら、まだ頑張ってもいいかもしれません。

 

しかし5年後、10年後を考えたとき、今と変わらぬ生活が待っているのであればどこかで見切りをつけませんか?

 

 

 

仕事だけが人生ではない

road-1235537_640

 

 

私たちが生活していく上で、当然の事ながら生活費が必要で、仕事をするということは必要なことです。

 

仕事にがむしゃらになるのが決して悪いことだとは言いません。

 

寝ずに働いて結果を出し会社に貢献するというのであれば、それも若い頃ならありでしょう。

 

ただ、そこに待遇や結果というものが伴わないことには意味がある時間だとは言えないのではないでしょうか?

 

 

また人生は仕事だけではありません。

 

 

家族との時間、友人との時間、自分の趣味の時間や余暇、それらがバランスよく存在してこそ有意義だと言えるのではないでしょうか?

 

 

激務な仕事に追われているあなたに提案します。

 

金銭面、人間関係をひっくるめた待遇を今一度客観的に考えてみてください。定年まで続ける価値のある会社でしょうか?

 

 

 

 

 

 

仕事が激務な人の身体の異変は睡眠時間より質が問題?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

毎日忙しすぎてまともに休みももらえていない。

 

 

自分でも身体を壊してしまいそうだと感じながら、まるで奴隷のように日々仕事をしていませんか?

 

 

大したことないとごまかしている身体の異変は、過労だけでないかもしれません。

 

時間以上に重要な「質」を落としているあなたの睡眠には危険が潜んでいるかもしれません。

 

 

 

体調が悪くても休めない

1月以上も咳が続いている。熱っぽくて身体が泥のように重い。

 

そんな体調不良が続いているにも関わらず、仕事を休むわけにいかず、病院にもいけないまま、目が覚めたらとりあえず足は会社に向かっている。

 

ふと鏡に写った自分の顔を見ると、食べているのに頬だけがこけて目の下にはクマがびっしり。

 

仕事が激務だと、身体が動けばとりあえずまだ大丈夫だと自分を言い聞かせて仕事を続けてしまうものです。

 

本心は1日ぐらいゆっくり休みたいという気持ちはあるけれど、休んでいるうちに仕事が山積みになっていると思うと、それが嫌で休めませんよね。

 

休むほどでもないと感じている身体の異変は、実は身体からのSOSだったりするものです。

 

そこを無視して激務を続けていると、長期休業といった結末になる確率があがってしまうのです。

 

 

・胸が苦しくて呼吸が浅くなり動悸がする

 

・常に頭が重い

 

・めまいがする


といった症状があるあなたは要注意ですよ。

 

 

 

寝ているのに朝疲れている

lion-985846_640

 

 

 

睡眠時間は4~5時間と決して長くはないけれど、とりあえずは眠っている。

 

 

しかし、朝起きると眠る前と変わらないばかりか、それ以上に身体の疲労感がヒドイということありませんか?

 

 

だるさは午前中いっぱい近く続いてしまい、身体や頭をスッキリさせるために濃いコーヒーを飲むカフェイン摂取が日常になってしまいますよね。

 

また、朝ごはんもまともに食べられず、栄養ドリンクをコンビニで買って飲むのが毎朝の日課となっていませんか?

 

そして購入するドリンク剤の値段がどんどんと高くなっていってしまうのです。

 

しかしそれとは裏腹に疲労感やだるさ、昼間の猛烈な眠気は深刻さを増していきます。

 

 

 

 

眠りたいのに眠れず、仕事の夢ばかり

山積みの仕事が終わってはいないけれど、とりあえず無理やり帰路についている状態。

 

自宅に帰って、体力を回復させないといけないと思い、布団に入ってもなかなか眠れず、かえって目が冴えている。

 

やり残した仕事や、翌日の仕事が気になって気が付けば仕事のことばかりが頭に浮かんできてどうしようと不安になってしまいます。

 

眠らないといけないと思えば思うほど眠れず、外で鳴いている野良犬の鳴き声や、時計の秒針の音などが耳についてしまうものです。

 

やっと眠りについても、夢の中でも仕事をひたすら片づけて時間に追われている。

 

仕事でミスをして上司に怒られている、といった仕事の夢ばかりを見てしまい、気分がすぐれないまま目が覚めてしまうこと多くありませんか?

 

 

仕事の夢ではなくても、何かを探している夢、誰かに追われている夢などを見てしまい、心身共に追い込まれていることが夢にまで出てきてしまうのです

 

 

当然のことながら、眠っていても疲れはとれることはなく、朝起きてもだるいという先ほどの状態に繋がるのです。

 

 

 

睡眠は時間より質が大事

眠れば、身体はとりあえず回復すると思っていませんか?

 

また、睡眠時間を長くとることで疲労回復につながると信じている人も少なくないものです。

 

 

しかし、睡眠に本当に大切なのは、とりあえず眠ることでも時間の長さでもなく、睡眠の質なのです。

 

 

眠る前に仕事のことを考えていると私たちの脳は活発動いてしまい、リラックス状態になりません。

 

これは脳だけでなく、身体の各器官にも同じことが言えます。

 

激務な仕事をしていると、常にストレスと隣り合わせである為、脳波もベーター波となり安眠できなくなるのです。

 

同様に交感神経が優位となってしまい、身体もお昼間の活動モードのままとなってしまうのです。

 

そうなると当然のことながら、身体も脳も休まらず、眠ってはいるけれどその睡眠は決して良質だとは言えないのです。

 

 

 

脳のスイッチをオフにしよう

button-161555_640

 

 

そこで激務で仕事が辛い、もう辞めたい!というあなたに、まずは睡眠の質を上げることをご提案します。

 

ストレスを過剰に受けていると、怒りのホルモンが常に分泌され、脳をオーバーヒート冴えてしまうからです。

 

睡眠の質を上げるために、会社を一歩出たら仕事のことは一切考えないようにしましょう。

 

その為にも、仕事を切り上げる前に、

 

 

・やるべきこと

 

・その問題

 

・確認すべきこと


 

これらを全て書き出して帰りましょう。

 

 

 

ようは不安は会社に置いて帰るのです。

 

最初は仕事のことを考えないというのは難しいことでしょう。

 

しかし、考えている自分がいたら、その時に辞めればいいのです。仕事で気になることを思い出したら、会社にメールして自分の中から出してしまいましょう。

 

仕事が激務だと、肉体的にも精神的にも、脳キャパもすべてが一杯いっぱいになってしまいますよね。

 

そしてそれが継続することで、明らかに効率も成果も落ちるのです。また病気にもなりかねません。

 

仕事に蝕まれてしまわないように、まずは会社を出た後の脳のスイッチオフを必ず行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは大丈夫?激務な仕事で鬱になる人の3つ特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

「どいつもこいつも使えないなあ、単純な仕事をやらせても、まともにできやしない」

 

「責任感がないやつに仕事を任せて、自分の評価が落ちるなんてたまらない」

 

出来ないやつらの仕事をカバーしている割には上司からの評価が上がるわけでもなく、このままじゃ仕事もつまらない。

 

最近じゃ会社いると気が重い、そんなあなたはこんな鬱になりがちなタイプにあてはまっていませんか?

 

 

 

自分が生真面目なことに気づいていない

決められた通りにやっていない人を見るとイライラしてしまい、どうしてお金をもらっている仕事なのに手が抜けるの?と感じてしまう。

 

周りの人がサボっていたり、雑談をしていても、仲間に加わらず自分だけ仕事をしていること多くありませんか?

 

仕事をさぼるのは確かに良い事とは言えません。

 

しかし、いつも杓子定規に規則や形を守ることは非常に神経をすり減らしてしまうものです。

 

一人生真面目に頑張っている自分ではなく、上司やお偉いさんがいる前でだけ、真面目な風を装い、お世辞を連発するお調子者の同僚が評価され出世していくのを見ると本当にやるせないものですね。

 

しかし、それでも生真面目な人は、そんな性格を変えることが出来ずかつ生真面目なのがあるべき姿で、周りがだらしないのだと感じてしまい、そこにストレスを強く感じてしまうのです。

 

 

 

人に任せるのが不安

毎日周りの同僚や後輩にイライラしながら、積みあがっている仕事を片付けていませんか?

 

さっさと定時近くに変える同僚たちを見て、出来ないやつだなと思っていませんか?

 

既にキャパを超えてしまっているという事は自分でもわかっているけれど、自分でやった方が早いと感じてしまいますよね。

 

また、他人に任せて本当にきっちりできるのだろうかという不安がどうしてもぬぐえないのです。

 

自分だけどうしてこんなに大変な思いをしなくてはいけないのか?というやるせなさと、他人に任すことが出来ないという現実にジレンマを抱えてしまう日々が続くことは非常に苦痛なものですよね。

 

 

 

自分の考えや感情を表現ができない

上司に対する不安、会社に対する不平、同僚に対する不満、そんな気持ちを多く抱えているにも関わらず、自分の中で消化しようとグッとこらえていませんか?

 

正直もう限界と感じているにも関わらず、それを仕事の場で出してしまうことは仕事人として失格だと感じる気持ちがありませんか?

 

このように頑張らなくてはいけないという気持ちが人一倍強いと自分で自分をがんじがらめにしてしまいます。

 

また意見を求められ、自分が周りの人と違っていても、それを口にすることが出来ないとどうでしょうか?

 

自分では、納得していない方向に物事が決まってしまい、仕事がやりづらくなってしまいますよね。

 

それでも、今更文句を言うわけにもいかないと、意見を言えなかった自分を責める気持ちと現実に板挟みになってしまうのです。

 

 

 

手を抜くことを覚えよう

今の状況が続いてしまうと、遅かれ早かれ心が蝕まれてしまい、鬱病になりかねません。

 

自分を曲げられない、人に頼れない、気持ちや考えを表現できないというのは、すごく生きづらいものですね。

 

生まれ持った性格だから変わらないし、変えられないと思ってしまいがちですが、少しでも生きやすく仕事生活を送りたいものです。

 

その為には、まず手を抜くことを覚えましょう。

 

手を抜くという言葉には、サボるとか適当にすませるというマイナスなイメージが付きまとうものです。

 

しかし、ここでいう手を抜くは、仕事によって力や時間配分を変え、大事なところに力と時間を避けるようにすることです。

 

時間はすべての人に平等です。

 

すべての仕事に全力投球し、同じだけの労力をかけていると、大事な仕事に割く時間が削られることにも繋がりますよね。

 

そこで、仕事によって手を抜くことを覚え、時間に追われるストレスから解消されましょう。

 

 

「~ねばならない」を捨てよう

「~ねばならない」、「~べきだ」という言葉が口癖になっていませんか?

 

理想を持つことは決して悪いことではありません。ただ、すべてにおいて、完璧を求め、自分の中の価値観でガチガチに固めてしまうと非常にやりづらいものです。

 

またそれを他人にも求めてしまう人もいます。そうなると、とてもじゃないけれど人に仕事を任せるなんてことが出来なくなってしまいますよね。

 

「与えられた仕事は自分で責任を持ってやらねばいけない」

 

これはもちろん正論であり、間違ってはいません。

 

しかし、誰かに手伝ってもらってやったとしてもいい訳です。大事なのは仕事がいいものに仕上がることであり、「~ねばならない」を遂行することではないですよね。

 

ただ、ご紹介した口癖や考えを持っている人は、人に助けてもらうのが苦手な傾向にあります。それによって自分が無力だと感じてしまうからです。

 

しかし、本当の目的は何かということを考えれば、それは決して悪いことではないと思いませんか?

 

 

仕事を抱え込んでしまう生真面目な性格の人は、鬱になりやすい素質をもっています。

 

これからも続いていく社会人生活を、息切れして過ごすよりも、少しだけ息を抜いて過ごしてみませんか?そうすることで、仕事がつまらないという気持ちにも変化が訪れるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

イエスマンは卒業!激務な仕事に疲れた末路は「抜け殻」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

気づいたらいつも会社に残っているのは同じメンバー。

 

みんな暗い表情でひたすらパソコンに向かっている。

 

時折聞こえるため息に、自分もその1人なんだと今更ながらに自覚してしまう瞬間。

 

もうこんな激務な日々には疲れてしまった、これが永遠に続くなんて耐えられない、そう感じてしまいますよね。

 

そろそろ都合のいいイエスマンは卒業しませんか?

 

 

 

 

気づけば仕事が山積み

papers-576385_640

 

 

決して毎日サボっているわけではないのに、定時で帰れることがない。

 

業績もそこまで芳しくない為、周りを見るとそこまで忙しそうにも見えない。

 

それなのに、気づけばいつも仕事が山積みになっていませんか?

 

同僚が雑談している姿を見ると、どうして自分だけ頑張らなきゃいけないんだ?不公平じゃないの?と感じてしまうものです。

 

ふと考えてみると、自分の仕事に加えて上司や先輩から頼まれた仕事がのしかかっている。

 

これって俺がしなくちゃいけない仕事なの?ということまでが手元にある。

 

お昼休みもパンやおにぎりをかじりながら仕事をして、休憩なんてあったものじゃないのが日常は非常に辛いものです。

 

 

 

仕事とプライベートの比率は9対1

激務が続き、毎日仕事が終わらないという日々を過ごしていると、自宅には寝るためだけに帰っているような生活になってしまいますよね。

 

自宅も洗濯が溜まりっぱなしだったり、コンビニ弁当のゴミがたまっていたり、私生活もボロボロでしょう。

 

眠っても仕事の夢ばかりみてしまい、朝もスッキリ目覚められないことがほとんどではないでしょうか?

 

 

また友達や恋人との時間もとりづらいものです。

 

平日は、仕事が終わらなくてドタキャンしなくてはいけない可能性が高いし、休日も出勤になる可能性があるとなると、プライベートの約束ができなくなってしまいます。

 

そんな毎日だと、仕事中心ですべてを考える生活にならざるを得ないですよね。

 

自分の趣味ややりたいことを優先させるということができず、仕事を無くしたら何も残らない生活って悲しいです。

 

まさに仕事をとったら「抜け殻」状態となりかねません。

 

 

 

何故イエスマンになるのか?

激務に疲れ、仕事がおもしろくないと感じている人の中に多いのが“イエスマン”になっていることです。

 

 

そもそも何故“イエスマン”になってしまうのか?というと、簡単に言うと断る事が出来ないからです。

 

 

平気で「できません」「無理です」と答えている人を見るとある意味うらやましいですよね。

 

それが自分にもできればどんなに楽だろうと思うことでしょう。

 

何故断る事が出来ないのか?という心理の裏側に、こんな気持ちがありませんか?

 

 

「断ることで自分の評価が下がるのではないか?」

 

「あいつはダメなやつだと同僚からも嫌われるのではないか?」

 

 

 

すべての人がそうではありませんが、自分を守るために相手の無理な要望も受け入れてしまっている人が多いのです

 

自分に自信がないので、引き受けることで相手に認めてもらえるという気持ちがあるようです。

 

でも、本当はキャパは広くないし正直もう限界だったりしますよね。

 

それでも断れない人は、イエスと答えてしまうのです。

 

そしてその結果として、私生活も仕事ペースとなり、自分で自分の首をしめてしまうのです。

 

 

 

 

頼られているのと押しつけられているのは違う

人に頼まれると誰しも、助けてあげたいという気持ちになるものです。

 

また、同時に頼られているのだとうれしくも感じてしまいますよね。

 

これは自分が認められている、必要とされている、存在感が満たされることにつながるからです。

 

そこにつけ込んで、次から次へと仕事を頼んでくる人も中には多いものです。

 

しかし、ここで知っておいていただきたいのは、「頼られていることと押し付けられていることは違う」ということです。

 

あなただからこそという依頼であれば、それは頼られていることでしょう。

 

 

でも、誰にでもできることを自分に時間がないからやっておいてというのは、ただの押し付けですよね。

 

 

断る、断らないは別にして、本当にそれは頼られていることなのか?押し付けなのかを冷静に考えて見ましょう。

 

また、知っておいていただきたいのは、人から頼られることだけがあなたの存在価値ではないということです。

 

 

 

最後に:断る勇気を持とう

business-1149630_640

 

 

このまま本当は無理なのに引き受け続けて、自分が壊れてしまうのはあまりに悲しいですよね。

 

思い起こせば、最後にいつ本気で笑ったか思い出せないという人もおられるのではないでしょうか?

 

1人だけ激務を避けるためには、断る勇気を持ちましょう。

 

断ることは決して悪いことではありません。

 

断らずに身体を酷使しながら仕事をしているとミスも多くなりがちです。

 

また、あなた自身もいつ身体を壊してしまうかも分かりませんよね。

 

結果的に、誰も得をしないのです。

 

そこで、イエスマンを卒業し、難しいときは出来ないと意思表示をする勇気を持ちましょう。

 

そうすることで、今まで気ばかり使って居づらかった事務所でも、同僚たちとコミュニケーションもとれ、逆に人に助けを求める事も出来るようになるはずです。

 

 

 

 

 

 

仕事が激務で転職を考える人に聞いて欲しい3つの事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

仕事は多くの方にとって生計を得るために大変重要な手段です。

 

より多くのやり甲斐や収入を得る為には日々の仕事をどんどん頑張っていく必要があります。

 

最近では自分の好きな仕事ができる大変素晴らしい環境が整っています。

 

このような仕事をどんどん行っていく事で人間的にも大変高い成長を図っていく事ができるのです。

 

しかしあまりにハードな仕事だと身体を壊していく事も十分にありえます。

 

過労で体を壊しては元も子もないのです。

 

 

 

自分の好きな仕事だからこそ頑張れるが

世間ではブラック企業と言われる言葉が大変流行しています。

 

ブラック企業の定義は明確には法律等で定義はされていませんが、やはり厳しい労働環境や安価な給料等が原因となっていると考えられます。

 

その点から考えると実はどの業界も十分にブラック企業の定義を満たすポテンシャルは十分に持っているのです。

 

法定労働時間を超えても残業代が未払いの会社が多いのも一つのブラック企業の特徴です。

 

自分が働いている会社がブラックかどうかはその人の判断にもよりますが、

 

 

・あまりにハードな仕事内容

 

・杜撰な人間関係が問題

 

このような職場であるならば積極的に転職を考えるのも一つの方法です。

 

こういった会社で無理をすると、心身共に後々まで残る大変大きな後遺症を起こす可能性があります。

 

日本人の教育上の特徴として「我慢が美徳」といった価値観を植え付けられてくるので、ついつい頑張ってしまう人は多い。

 

 

最近の仕事は益々高度化してきています。

 

また大変複雑化もしていますので、どなたでも簡単に行えるような仕事は段々と少なくなっています。

 

 

個人に重い責任がのしかかる状況と言えるので、心身共に疲弊しやすい環境がどんどん出来上がっています。

 

 

普段から常に自己研鑚やスキルアップが当然のように求められる環境です。

 

日常の激務に加えて、週末や休日まで仕事関連に割く時間が多くなればそれだけ精神を疲弊していく事となります。

 

プライベートな充実感が乏しくなればそれだけメンタルヘルスに大きな疲れをきたす原因ともなります。

 

そうなると、オンとオフの区別がつかなくなり常に激務にさらされているような感覚に陥ります。

 

 

そのため、どうしてもしんどいと感じられたら無理をしないで休息をとったり、自分の時間をきちんと確保する事が大変重要です。

 

 

責任に疲れた!その仕事を離れたほうが良い4つの理由

 

 

 

激務な仕事で学べる事も確かにある

 

environmental-protection-326923_640

 

 

激務な仕事は果たして本当にその人を不幸にするだけなのでしょうか。

 

実は決してそうとは言えないのもまた現実です。

 

特に仕事に対して大きなやり甲斐を見つける事を真剣に考える方には大変素晴らしい環境だとも捉えられます。

 

仕事を通じ人間的にも大変大きな成長を行っていきたい方にとっては、やはりハードな仕事の中で人間的にも大きく成長していく事は必須の要件です。

 

普段から自分のキャリアやスキルにきちんとした責任をもって仕事にあたっていく事は人間性を育みます。

 

自分のやり甲斐は自分自身で探していく事は大変重要な事です。

 

 

 

自分が好きで選んだ仕事です。意欲的に業務にあたって自分の能力やスキルアップを図る事は当然重要です。

 

 

しかし、やり過ぎは何事も禁物です。

 

 

会社は組織です。そこで働く人間とのハードな人間関係等も当然存在します。

 

仕事の多忙さに加え、人間関係で疲弊していては大変な思いをする事は明白です。

 

仕事や職場で過ごす時間にやり甲斐を見出したいとは多くの方が考えています。

 

しかし、あまりに多くの仕事量に翻弄され、職場の人間関係、特に上司と人間関係等に思い悩むようであればそれはそれできちんと早急に退職や転職を考えていくべきです。

 

 

 

 

ノイローゼになるまで働く必要はない

激務の基準は人によって異なります。

 

1日8時間の仕事でも激務と感じる方もいますし、ハードな仕事を自分で徹底的に楽しんでいく方も沢山います。

 

自分の好きな働き方で収入とやり甲斐を得る事は当然多くの方にとって理想ですが、常に自分がそこで何を学んで行きたいかを真剣に考える必要はあります。

 

 

転職を検討する理由も人それぞれです。

 

 

 

・もっと大きな仕事をしたい

 

・窮屈な人間関係ではなく、フラットな組織の中で自由裁量で働いていきたい


 

等と、その人によって当然仕事のモチベーションは異なってくるはずです。

 

何も今の会社にしがみつく必要はないのです。

 

自分の好きな事を徹底的に頑張っていけば自ずと仕事に関する知識やノウハウも高まっていきます。

 

普段からの仕事に対する高いモチベーションをきちんと維持していくには、自分のワークアライフバランスを真剣に考える事は大変重要な事です

 

 

 

最後に

gil-1140041_640

 

 

最近では正社員としてではなくてもいくらでも多様な働き方は可能です。

 

自分らしい働き方をどんどん磨いていく事でより楽しい時間を過ごす事は可能です。

 

派遣社員等、豊富な選択肢の中から、自分らしい働き方こそ、本当に重要な事なのです。

 

終身雇用や退職金、年金等、従来までの日本型の雇用システムが完全に崩壊している中で自分らしい働き方をきちんと定義して行っていける人間に大変多くの価値があるのです。

 

普段から多くの事にきちんとした関心をもって仕事を行っていきましょう。

 

あくまで生活の為に行なうのが仕事です。

 

体を壊したり、精神に変調をきたしてまで行なうのが決して仕事ではありませんので、注意が必要です。

 

自分のよさをわかってくれる会社は必ず存在していますので、そこで働く事を真剣に考えていきましょう。

 

自分の適性に見合った仕事をバランスをとってしていけば良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

もうウンザリ!仕事がつまらない状況を抜け出す解決策4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

仕事がつまらないと感じて、毎日嫌々会社にいっている人は数多くいます。

 

あなたも、

 

 

「マンネリで仕事に面白さを感じられない」

 

「単調で機械的な仕事しか与えられずやりがいがない」

 

 

など感じていませんか?

 

仕事がつまらない日々を過ごすほどウンザリなものはないですよね。そんな状況を抜け出す方法を紹介します。

 

 

 

 

 

転職して新しい環境で働く

今の仕事を続けても「この先何年、何十年つまらないんだろうな」と感じているのであれば転職することで改善されることがあります。

 

例えば今の仕事が、

 

 

・流れ作業で単純作業に飽き飽きしている

 

・責任ある仕事をしたいのに延々と機械的な事務作業しかやらせてもらえない

 

・やりたくない仕事を毎日指示される

 

 

などで嫌気をさしていることでしょう。

 

嫌気を指していても「お金さえ貰えれば何でも良い」と割り切っていればそれはそれで解決します。

 

ですが「仕事がつまらない」と悩んでいることは「仕事にやりがいや楽しみを見出したい」と考えているのではないでしょうか。

 

そんなときこそ転職というのは、あなたの「仕事がつまらない」という悩みを解決する最短の方法なのです。

 

 

 

 

転職する際は「何をしたいか」を優先する

仕事を活き活きとこなしている人は、仕事にやりがいを持っています。

 

あなたの中で「何をすればやりがいを持てたり、活き活きした状態」になれるか考えてみましょう。

 

そんな時は自己分析を行い、何を得意としてどんなスキルを持っているか考えましょう。

 

それらを活かせる業界、職種は必ずあるはずです。

 

 

 

仕事を楽しんでいる人に相談してみる

仕事がつまらないと一人で悩んでいては、新しい知恵や発想を得ることができません。

 

そんなときこそ、周囲に相談してみることが有効です。

 

それが会社の上司なのか、同期なのか、それとも知人・友人なのか、誰か一人は仕事を楽しんでいる人がいるはずです。

 

そういった人は「仕事の楽しみ方」を知っています。

 

つまらない仕事でも何かしらの工夫を凝らし、自分なりの楽しみ方を見つけているのです。

 

そのような人に、今のあなたの現状を伝えて、つまらない理由を打ち明けてみましょう。

 

 

 

「なんでそんな楽しいの?」と質問する

仕事を楽しんでいる人から話を聞くと、不思議にワクワクしたり心踊る感情が湧き出てくるものです。

 

また、「そういった考え方もあるんだ!」と気づきを得ることができるかもしれません。

 

そうすると「仕事を楽しむ自分」という意識を持つようになります。

 

このようにして周囲の協力を得ることも大切です。一人で悩む前に思い切って相談してみましょう。

 

 

 

「ありがとう!」と言われる仕事にトライしてみる

banner-1186625_640

 

 

例え仕事がつまらなくても、

 

「◯◯さん、ありがとう!」

 

「いや~助かったよ、ありがとう」

 

と言われると誰でも嬉しい気持ちになりますよね。

 

「ありがとう」と言われることは小さなことから大きなこと、基本的には何でも良いです。

 

例えば、

 

 

・困っている人を見つけて作業を手伝ってあげる

 

・自分のデスクを掃除するついでに周囲のデスクも掃除してあげる

 

・忙しそうな人のサポートに入ってあげる

 

など、いつでもどこでもできることから実践してみましょう。

 

感謝の言葉をもらうことで、気持ちの変化が必ずでてくるはずです。

 

 

 

「ありがとう!」と自分からも言ってみる

周囲に感謝されることにやりがいを見出せることもありますが、自らも感謝の言葉を伝えると良い気分になってきます。

 

それだけで仕事に精がでてやる気がアップするでしょう。

 

結局「この会社のために身を捧げよう!」と考えて仕事している人は少なく、「誰かから認められたい」「感謝されたい」という考えで仕事をしている人が多いのです

 

そこで「ありがとう!」という言葉を交わすことで欲求が満たされ仕事が充実してくるでしょう。

 

 

 

一度、何かしら自分で作り出す仕事をしてみる

仕事がつまらないと感じる一つの要因としては「やらされてる感」が非常に強いことが挙げられます。

 

自ら目標を掲げ、その目標を達成するべく必死に努力する、やはりこれが仕事を面白くやりがいを持つことができる方法でもあります。

 

とは言っても、会社の規模が大きければ「上からの指示」「本部の決定事項しか求められない」など「やらされ感」しかできない会社もあります。

 

そんな環境でも自ら何か作り出せる仕事を一つ探してみてはいかがでしょうか。

 

例えば個人の目標や新しい価値をつくっても良いかもしれません。

 

 

・会社のノルマは置いておいて個人の「これだけは達成したい」という目標を掲げる

 

・会社の意を反して挑戦してみたかったことにトライしてみる

 

・効率化を図る提案書類を作成してみて上司からハンコをもらう

 

 

など「やらされ感」ではなく自ら実践して「達成感」を得る仕事を作り出してみましょう。

 

それでもし、会社から「そんなのは必要ない!ただ言われたことや与えられた目標を忠実にこなしてくれれば良い!」と反対されたら、「自由にやらせてくれる社風」の会社に転職しましょう。

 

そういった会社は数多くあります。

 

 

 

まとめ

cherry-1044166_640

 

 

いかがでしょうか?仕事をつまらないと悩んでいるときは何かしらのアクションをとるべきではないでしょうか。

 

その選択肢として、「転職」もありですし、

 

 

  • 仕事を楽しんでいる人に相談する
  • 「ありがとう!」と言われる仕事をする
  • 何かしら自分で作り出す仕事をしてみる

 

 

なども非常に有効です。

 

ぜひ実践してみて、仕事がつまらないと感じているあなたの解決策になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

3年目で仕事を辞めたい人の特徴5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

「3年以内に辞める人は3割」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。

 

当初は「なんで3年以内にそんな辞めるの?」と他人事に思っていたことが、いざ自分が3年目に差し掛かると、この言葉の意味がわかってくる頃です。

 

そこで、どういった理由で辞めたいと感じている人が多いのか、その特徴を紹介していきます。

 

 

 

仕事量が増え始めてキャパオーバーに

仕事も3年目に突入すると、新人という枠が外れ始める時期です。

 

会社からある程度の仕事を任されたり、上司から様々な仕事をふられる頃かもしれません。

 

そこで、1年目や2年目とは比にならないくらいの仕事量がのし掛かり、精神的にまいってしいますよね。

 

 

 

会社が小規模の場合

社員の数が少ない会社では、一人の仕事量が尋常じゃないこともあります。

 

大手企業では考えられない事ですが、部署ごとの垣根といったものが皆無なため、ワンウェイ・ツージョブは当たり前。

 

これを楽しいと感じられればまだ良いのですが、大抵の人は激務と多忙に埋め尽くされてしまう・・・。

 

一日中、バタバタして休む暇も息つく暇もないほどに振り回されるのです。

 

帰宅しても疲労ですぐに就寝という日々に嫌気がさしてきます。

 

 

 

複数の職種を任される

busy-880800_640 (1)

 

 

例えば、営業と事務を兼任させられたり、経理と事務の両方を任されたり、人材不足が原因で2人分の仕事をしなければいけないこともあります。

 

それではどう考えてもキャパオーバーです。

 

こうして「自分は何が楽しくて仕事をしているのだろう?」と不安に感じ始めて転職を考え始めるのです。

 

またこれだけ働いているのに、

 

「なぜこんな給料が低いのだろう?」

 

こんな疑問を感じ始めるのも3年目で辞めたい人の特徴と言えます。

 

 

 

営業が合わない

3年目あたりで営業を辞めたいと考えはじめる人は想像以上に多いようです。

 

それもそのはず、営業は「結果が分かりやすく出る」からです。

 

だいたい、

 

 

・1年目・・・契約がとれなくても、多少許される

 

・2年目・・・結果を出す人と出せない人が分かれ始める

 

・3年目・・・結果がでなければ厳しい目で見られる

 

となります。

 

結果が出る人は社内から評価され、快適な社内生活を送れます。まず楽しいことでしょう。

 

しかし、結果を出せない人はどうでしょうか。

 

 

・上司から「契約とれるまで帰ってくるな!」と言われる

 

・他人と比較してしまい劣等感に苛まれる

 

・結果を出すために休日や残業まで強制的にしいられる

 

・無理やり社外の付き合いに行かなければいけない

 

など、「営業の嫌なことあるある」が原因で、営業自体を辞めたい、もしくは他業界の営業に移りたい、と考えはじめる頃がちょうど3年目かもしれません。

 

 

 

営業を辞めたい!そう思う瞬間5選

 

 

 

休みが取れず誘いがなくなる

sunset-1207326_640

 

 

3年目の頃は忙しい時期真っ只中という人も多いことでしょう。

 

 

「休日は不定休」もしくは「希望休がとれない」といった理由で、知人・友人との休日が合わず段々疎遠になり始める頃です。

 

 

そこで、

 

 

・「SNSで楽しそうにやっている写真を見ると悲しくなる…。」

 

・「周りは休日に旅行やイベントをしていて、自分は仕事か…。」

 

・「大学時代の友人からの誘いを断りっぱなしで、徐々に誘われなくなった…。」

 

など、若さゆえの悩みを持つこともあるでしょう。

 

 

 

「もっとプライベートの時間を充実させたい!」

 

「仕事ばかりの人生なんて無理!」

 

 

という理由で、比較的自由な時間を確保できる仕事に転職する人は現在増えています。

 

 

 

 

人間関係のマンネリ化

「ずっと同じ上司か…」

 

「また同じメンバーで仕事をしなければいけないのか…」

 

社内の人間関係にマンネリし始めるころがちょうど3年目です。

 

社内での人間関係ほど、面倒なものはありません。

 

年齢も違えば、価値観、考え方が違う人の集合体なので、とうぜん合う合わないはあるはずです。

 

そうした中、3年たっても同じ人と仕事をしなければならない状況が続くと誰でも嫌になりますよね。

 

いくら仕事が楽しくても、人間関係が良好でなければ会社に行きたいとは中々思えないものです。

 

そこで、3年目という時期に踏ん切りをつけて転職をする人が多いのではないでしょうか。

 

実際に、一から人間関係を築けるという安心感が大きく、以前の職場よりも充実して働けるようになります。

 

社内では気の合う仲間と仕事をしてこそ、充実した生活が送れますからね。

 

 

 

仕事場の人間関係に馴染めない人が意識すべきと4つの事

 

 

 

仕事ができない自己嫌悪

3年たっても中々仕事が覚えられず、そうした自身への自己嫌悪が原因で辞めたいと考える人もいます。

 

 

・「ミス連発で周囲に迷惑をかけてばかりでもう嫌…」

 

・「足を引っ張るだけで給料泥棒と思われてる…」

 

・「取引先にも怒られてばかりのお荷物社員というレッテルを貼られている…」

 

 

など、「もう3年目なのに」という前提で、大きな悩みを抱えてしまいます。

 

そうして、ストレスやプレッシャーに押しつぶされて辞めている人も多いのです。

 

 

また、周囲からの「気にするな!」「まだまだ頑張れ!」という言葉がかえって不安になり、逃げ出したい気持ちになってしまううのです。

 

 

 

しかし人には適材適所な仕事があるはずです。

 

 

ある人には細かな事務作業が向いていたり、新規開拓営業が向いていたり、様々です。

 

そうした「自分に合う仕事」を見つけるために、仕事をしながら転職活動している人も密かに多いことでしょう。

 

 

 

まとめ

underwater-1216244_640

 

 

3年目の時期が「不安や悩み」の量がもっとも多い頃でしょう。

 

そこで転職をして再スタートを切るか、一歩踏みとどまってしがみ付くか、この2択しかありません。

 

転職をするにしても、3年続けて働いていれば相当大きな強みになります。

 

一度転職活動をチャレンジしてみれば何か考え方が変わるきっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ半年だけど仕事が嫌!辞める前に考えるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

仕事も半年に差し掛かり、仕事が合うのか、合わないのか丁度わかり始めた頃ではないでしょうか?

 

「半年近くたつけど全然できない」

 

「しかもミスしてばかりで会社に行くのが億劫」

 

など、半年働いた人が持つ悩みは大方共通しています。

 

そこで、仕事を半年で辞める前にじっくり考えるべきことを4つ紹介します。

 

 

 

 

生活に困らないか経済状況を考える

半年間の間でもらえた給料は人それぞれですが、急に辞めても1ヶ月、2ヶ月生活できるだけの貯金があるか今一度考えましょう。

 

これがまず基本的に一番大切です

 

なぜなら、単純に「仕事を辞める=収入が途絶える」ということだからです。

 

その場の感情に流されて即断即決で辞めるのは賢い選択ではありません。

 

無収入ほど恐ろしいことはないですからね。

 

一ヶ月にかかる支出は生活環境によって異なりますが、10万~20万は必要でしょう。

 

1~2ヶ月分の十分な蓄えを持っているのであれば、辞めて転職活動しても問題ないでしょう。

 

 

 

仕事を続けながら転職活動は必須

とは言っても無収入では精神的にストレスが大きくかかってしまいます。

 

そこで、仕事を続けながら採用が決まるまでコツコツ就職活動を続けましょう。

 

面接では、「いつ頃から働けますか?」と必ずと言っていいほど聞かれます。

 

その際は「1ヶ月以内には退職できるので、それ以降ならいつでも!」という感じで伝えた方が良いです。

 

よく「引き継ぎがあるから3ヶ月後とかになります…。」と述べる人がいますが、企業は「即入社」もしくは「出来るだけ早く来てほしい」というのが本音です。

 

あなたがまだ半年であれば、誰かに引き継ぐ仕事量は少ないはずです。1ヶ月以内に辞められるよう予め準備しておくことが大切です。

 

 

 

精神的に問題ないか

anxiety-1156225_640

 

 

「半年で辞めたい」ということであれば、一般的には「短い期間での退社」とみなされます。

 

面接官には「何か精神的に問題があったのか?」と疑問視されるでしょう

 

実際にあなたはどうでしょうか?

 

この半年間で、

 

・上司に怒鳴られパニック症状をおこした

 

・取引先でミスばかりして自信を喪失した

 

・責任とストレスで気持ちが押しつぶされた

 

・何をしても上手くいかず、気力が湧いてこない

 

など体験して支障をきたしていないでしょうか。

 

まず、「精神的に問題がないか」を自分自身で問うことが大切です。

 

もし、何か異常を自覚していれば、一旦転職活動は控えたほうが無難です。

 

なぜなら、次の転職先でも影響を受けるからです。

 

例えば、

 

 

「自信のない表情が原因で、面接で落とさられる」

 

「転職先の会社に入社して、またミスを連発」

 

 

など、同じ繰り返しとなってしまいます。

 

そうならないためにも、精神状態が健全か、健全でないか把握することが不可欠です。

 

 

 

「うつ病予備軍」に気をつける

仕事が原因でうつ病になりかける人が急激に増えています。

 

それだけ、精神的に追い詰められる人が多いということでしょう。

 

うつ病は、何か心と身体に変化があったときに気づくものです。

 

例えば、

 

 

・思考力が低下してきた

 

・意欲が全く湧かない

 

・睡眠障害が起き始める(身体は疲れているのに眠れない)

 

・疲労感が抜けない

 

・フと涙やめまいがする

 

といった症状が代表的です。こうした症状に見覚えがあれば、まず病院で診断することが大切です。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

 

何が嫌だったのか再度振り返る

次に働く会社では半年で嫌になるのではなく、3年、5年、10年と続けたいですよね。

 

あなた自身も「まだ半年しかたっていない…。」と悩んでいるはずです。

 

そこには、辞めたい理由がいくつかあるはずですよね。

 

 

・思っていた仕事内容とはかけ離れていて、重労働を強いられる

 

・求人広告と載っていた内容が全く違っており、残業や休日出勤が多すぎる

 

・体育会の社風なので、人間関係が合わない

 

など、「あなたが半年に至るまでに辞めたいと感じた原因」を必ず振り返りましょう。

 

そして、その原因を把握して次へ活かしましょう。

 

 

 

転職エージェントに相談をする

エージェントではあなたが半年で辞めたいと思った原因を理解し、同じことが起こらないよう親身にアドバイスをしてくれます。

 

さらに、企業と繋がっているので、内情も大方把握しているエージェントも多数います。

 

そこで、あなたに合った転職先を二人三脚で見つければよいのです。

 

根本的な原因が分からず、退職すると同じ繰り返しになるので、ぜひ一度「何が嫌で辞めたいと思うのか」を気持ちが落ち着くところで考えてみましょう。

 

 

 

将来の自分の働き方を考える

「仕事を辞めたい…」ということに日々頭を悩まされていると、目の前の嫌な仕事しか考えられなくなります。

 

その気持ちは痛いほど分かりますが、「転職は将来への分岐点」となるので、今後のあなたの働き方をしっかり考える必要があります。

 

・仕事に安泰を求めるのか、やりがいを求めるのか

 

・好きな業界で働くのか、どこでも良いのか

 

・人間関係が緩い社風か、やる気に満ち溢れたガツガツ系の社風で働きたいのか

 

・責任ある仕事か、地道にコツコツ型の仕事をしたいのか

 

など、あなたにとって相性やフィーリングの合う働き方を見つけましょう。

 

半年で辞めるということで、「もう二度とこんな短期間で辞めたくない」という気持ちは少なからずあるかもしれません。

 

そのため、あなたが10年後にどういった働き方をしていれば、充実して、精神的に安定した状態で働けるのかを考えましょう。

 

 

 

まとめ

tomatoes-1220774_640

 

 

半年で仕事を辞めて、辞めて良かったと思える人とそうでない人の違いは「何を考えて決断したのか」によって大きく変わってきます。

 

このようなケースでは、勢いに任せて行動することは決して懸命ではないので、一歩立ち止まった状態を保つことが大切です。

 

そこで、今回紹介した「考えるべきこと4つ」を参考に、あなたが後悔しないように選択していただければ幸いです。

 

 

 

 

無能で辞めたい!そんな時に仕事で意識して取り組んで欲しいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

「何ヶ月たっても仕事で失敗ばかり…」

 

「中々仕事を理解できず周囲に迷惑をかけてばかり...」

 

 

など考えていませんか?

 

 

自分が無能」という理由で今の仕事を辞めたいと感じている人は多いのではないでしょうか。

 

 

そんなときに、まず意識してほしいことを紹介していきます。

 

 

 

 

とりあえず辞めるつもりで仕事を始める

今の会社では無能でもう行きたくない!と感じ始めたら、一旦辞めるつもりで仕事を始めても良いでしょう。

 

まず、あなたの能力が低いということではありません。

 

自分自身の能力を卑下する必要はないでしょう。

 

仕事には、

 

・会社の独自のルール

 

・独特な人間関係

 

・怪奇な雰囲気

 

など、見えない縛りをクリアする必要があり、仕事が出来る出来ないは関係なく、「その会社に性質上合わない」だけなのです。

 

そのため、「辞める」ことを念頭に置いて、ゆくゆくはあなたに合う会社を見つければ良いのです。

 

「この会社は自分には合わない!」「辞めるつもり!」と決めれば気が楽になり、あまり力まず仕事に取りかかれます。

 

 

 

 

「この職場は次に活かす踏み台」という意識を持ってみる

ただやみくもに辞めて、何も考えず行動しては意味がありません。

 

今の仕事でも何かしら学べることや身につくスキルはあるはずです。

 

それがPCスキルなのか商談トークなのか、または優秀な先輩からのコミュニケーションスキルなど、数々あるはずです。

 

それらを次の転職先で活かせるよう自分なりにメモでまとめたり、マニュアルを作成したりすれば有意義な時間が過ごせます。

 

必ず「転職先で活かす!」という意識を大前提に持ちましょう。

 

その上で何をしていけば良いのか紹介していきます。

 

 

 

周囲にドンドン質問してみる

辞めるということを前提に働くのであれば、もう重圧やプレッシャーに苦しむことはありません。

 

そのため、相手が嫌がっても気にしないくらいの気持ちでドンドン質問をしましょう。

 

「上司に聞きづらくて…」「無能な立場で質問がしにくい…」など考えはあるかもしれませんが、一生続ける会社ではない場合、気を張る必要は全くありません。

 

まずは「自分の能力やスキル」を高められる質問をしてみましょう。

 

例えば、

 

 

・PC作業で新しいことに挑戦して分からない箇所を質問して教えてもらう

 

・成功事例となった商談トークを質問して盗めるところは盗む

 

・取引先と良好な関係を築くために効果的な取り組み方を質問して参考にする

 

など、一例を挙げましたが基本は何でも良いのです。

 

もちろん、仕事内容で分からないこともドンドン質問していきましょう。

 

気を張らない程度に質問して答えてくれたら「ありがとうございます」の一言だけあっさりと言っておけば良いのです。

 

もし質問に嫌な顔をして答える上司などであれば、それこそ無能な人間ではないでしょうか。

 

 

 

 

裏目に出ても良いので自分で行動する

「必ず失敗する」と分かって行動するのは良くありませんが、裏目に出ても良いので自分で考えて行動してみましょう。

 

すぐに出来ることとして例えば、

 

 

・業務を効率的にこなせるよう新しい資料を作成してみる

 

・売上を獲得できるよう自分なりに作戦を練って外回りにのぞむ

 

・仕事が残っていても定時で帰宅して翌朝に終えれるよう効率化を考える

 

などです。

 

もし行動して成功すればそれはあなたにとってプラスなことですし、失敗したとしても「何がいけなかったのか」「何が足らなかったのか」が見えてくるはずです。

 

そうした繰り返しが人を成長させますし、失敗してこそ人は能力が付いていきます。

 

失敗を恐れて何も挑戦しない方が失敗、という考えを持つことが大切です。今の会社でどんどん失敗してみましょう。

 

 

このように、現在の会社でできることを今の内に積極的に行動に移していきましょう。

 

 

 

やるべきことを期日内に終わらせる努力を

いくら今の仕事を辞めるつもりでも仕事をさぼることはいけません。

 

そのため、最低限やるべきことを期日内に提出して「期限を守る習慣」を付けておきましょう。

 

これさえ守れていればどこの会社でも通用します。

 

一般的には、

 

 

・提出書類の期限

 

・業務報告の期限(進捗や近状など)

 

 

これらを真っ当にクリアできていればOKです。

 

あなたが次の転職先に就職したときに、期限を守れない人間ということが上司や上の人たちに知られてはそれだけで無能扱いにされて、また同じ状況に陥ってしまいます。

 

今の会社であなたに求められている「◯◯までにしなければいけないこと」を一つ一つ潰していって、意識を高めていきましょう。

 

 

 

初歩的なミスを減らす工夫をしておく

人は誰しもがミスをするものです。

 

ミスが悪いことでも、無能というわけではありません。

 

そこで学習しようとせず、同じ過ちばかり犯すことが無能と言うものです。

 

今までたくさんのミスをしてきたのではないでしょうか?それらを一度振り返ってみて、「同じことをしないためにはどうすれば良いのだろうか?」ということを自問自答してみてください。

 

反省して見つめ直すと、「ミスしないためには◯◯すれば良い!」ということが明確に見えてきます。

 

そうして次の転職先に活かせるようにしておきましょう。

 

転職をすると多少なりとも期待はされてしまいます。

 

そこで初めはミスをしても何ら問題ありませんが、同じミスを繰り返すと無能扱いにされてしまうので、今の会社では「ミスをしても改善」という意識付けをしておきましょう。

 

 

 

まとめ

「辞めるつもりで働く」とプレッシャーや重圧を軽減できるので、自分がやりたいことを伸び伸びと実践できます。

 

次なる仕事のためのステップアップの場として有効に活用することも働き手の賢い選択ではないでしょうか?

 

ぜひ意識してみてください。

 

 

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ