仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » ブラック企業 » 

時代のトレンドIT業界をブラックで辞めたくなった時は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

IT関連産業は時代のトレンドです。

 

この業界で働く事で、最先端のテクノロジーやプログラミングスキルを学んでいく事ができるのです。

 

IT業界は多くの方が自分の夢を叶えるべく新たなサービスを日々開発する事に努めていますが、やはりプロジェクトの進捗状況いかんによっては大変なハードワークを強いられる業界です。

 

いわゆるブラックな業界ってやつ。

 

短納期な案件がどんどん増えている中で、自分のプライベートな時間はほぼないと言っても過言ではない状況が続いていきます。

 

 

 

 

SEは非常にブラック

システムエンジニアは見方にもよりますが、大変ブラックな仕事です。

 

それは単純に毎日が激務な日々でさらされるから。

 

まず第1にブラックと言われる理由はここです。

 

 

日常の仕事を行いながら日々進化するIT業界の新たな知識を習得していかなければならないので、通常のルーチンワークの上に更に勉強といった業務がオンされ続ける。

 

特に大型プロジェクトが近づいている時は、不毛な作業の毎日で発狂しそうになります。

 

SEは寿命の短い業界とも言われていまが、それはSE業界の構造上、非常に不条理な事が連続して起こることに起因します。

 

 

・初期の段階では要望の無かった工程が、プロジェクトの終盤になって突然に乗っかる

 

・テクノロジーの移り変わりが早すぎて、過去の資料が全く役に立たない

 

・ITの構造上に予想だにしないトラブルが続出しまくる

 

 

このように、対応するにもしきれない事や、急な舵の展開が多過ぎて、その処理に大わらわになってしまうのです。

 

 

顧客は少ない見積もりを提示してくるのは必須なので、大型のプロジェクトを少人数でこなさなければならないなんてゆうのは普通。

 

結果、脱落者を続出させてしまうために「SE=短命」と言われてしまうのです。

 

この短命はそのまま本当の寿命とも言い換えられます。

 

あまりにも仕事が激務過ぎて、精神を病みうつ病を発症する人が多く、過労で倒れる人も多いからです。

 

まさしく命をも削られる仕事なために「短命」で「ブラック」な業界とも言われるのでしょう。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

 

ウェブの仕事も昔花型、今新3K

wind-tunnel-957749_640

 

 

ウェブ関連の仕事も同様です。

 

この業界も昔は大変人気があり、華やかで収入も良い時代がありました。

 

しかし、最近では競争が過多となった事に加え、どんどん新たなむ無料サービスが出現しています。

 

一般の方でも簡単にキレイなサイトを作る事ができるので、市場における価格はどんどん下落しています。

 

この影響で短納期且つ、普段よりも多くの仕事を受注しなければ会社として利益を上げる事は難しい現実が続いています。

 

このような中では、仕事の量は増えるが、給与には反映されないという負の循環が出来上がります。

 

昔花型今3Kと呼ばれる所以がここにあるのです。新3Kと言われるやつですね。

 

 

・給料が安い

 

・帰れない

 

・結婚できない

 

 

こんなブラック標語の代名詞と言われるような事がつきまとっている。

 

またこの新3Kには負の連鎖が起因しています。

 

 

 

 

IT業界のピラミッド構造問題

pyramid-931742_640

 

 

IT業界では1案件の受注金額が非常に莫大です。それこそ大掛かりなシステムの開発ともなると1案件で数十億なんていうこともザラにあります。

 

中小企業の場合は、資金繰りの面から出来る限り早い段階で支払いを行なって欲しい会社がほとんど。

 

動く金額が莫大なIT業界では結果、最大手の会社が元請けになるのが普通です。(商品を納品してから代金を頂くスタイル)

 

元請けの会社でやることは、主に全体像の設計や顧客との納期の打ち合わせ、工程のカテゴリー化です。

 

細分化されたカテゴリーは専門的な領域になるため、元請けはその仕事を小会社に投げていきます。

 

仕事を受けた小会社は、その内容が専門的である場合や納期スケジュールの都合で、更に孫会社へと投げていきます。

 

更に孫会社はその下へと・・・

 

 

といった案配で、IT業界では1案件とっても上記のようなピラミッド体系が構築されていきます。

 

どの業種もそうですが、下へ下へと降る過程には、中間マージンが発生します。100万で受けた案件なら80万で小会社に委託。

 

こんな形で、下に行けば行くほど少ない売上で案件をこなさねばならない。

 

当然の事ながら、そこで働く末端のエンジニアは少ない給料・サービス残業でカバーせざるを得ません。

 

会社も望んでいるわけではないのに、必然的にブラックになるしかないんですよね。

 

こうなると、

 

 

給料が安い⇒帰れない⇒結婚できない

 

 

末端にいるエンジニアほどこういった連鎖にはまってしまうのです。

 

 

分業化されすぎた仕事内容のため、エンジニアの中には「この仕事は一体どんな意味があるんだろう?」こんな疑問を抱きながら取り組んでいる人もいるほど。

 

何をしているのか分からない状況の中では、教育もヘッタクレもあったもんじゃありません。

 

ブラック企業では後続も育ってこないのです。

 

 

 

最後に

もちろん全てのIT小会社が上記のような形ではありません。

 

ですが下にいけば行くほど、いわゆる単純作業的な仕事が増えてくるのも事実です。

 

 

・単なる動作確認

 

・膨大なバグの有無のチェック

 

 

こういった仕事内容ばかりになってきます。

 

 

よく見たことがありませんか?IT業界の募集で。

 

 

「未経験者大歓迎!」

 

「学歴不問」

 

 

そこにはこんな誰にでもできる単純な仕事。こういった背景があるのです。

 

 

裏を返して言えば、こういった「誰にでも出来る単純作業」というものは、根本的な人手不足とも相まって、今後は外国人労働者にドンドン移行していきます。

 

外国人を雇用するのは工場や飲食業界だけの話しではないのです。

 

安い単価でハングリーに取り組んでくれるとあれば必然でしょう。

 

今後は、

 

 

元請けに転職を目指す。

 

IT業界から足を洗う。

 

このままブラックな末端でもがき続ける。

 

 

この選択肢のいずれかになるのは自明の事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ワンマン社長が率いるとブラック企業に!その5つの特徴と対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

 

数いる社長の中で特に問題視されている「ワンマン社長」。

 

あなたの会社では、

 

「ワンマン社長についていけない」

 

「社長の理不尽な要求に周囲が疲れている」

 

など起こっていませんか?

 

ワンマン社長のもとで働くと”将来性がない”と言えます。

 

そこで、ブラック企業のワンマン社長の特徴と、その時の対処法を紹介していきます。

 

 

 

 

自分のやり方が常に正しい

 

会社を一人で企業して成功させると、「自分の考え方・やり方」は今の会社では合っている、という思考になり独占的なブラック企業と化します。

 

自分が考えた方針や組織体制、またビジネスプランなどが絶対正しいといった感じでしょう。

 

例えば、周囲から「社長、そのプランではライバル企業と差別化が図れません」と異議を唱えられても、

 

 
「それは絶対間違っている!このやり方が正しい!」

 

と反論されて社長一人で突っ走ってしまいます。

 

誰かと意見が割れたり、反論されると、「コイツは我が社には合わないから必要なし」と思われ、ひどい場合は強制退職させられることもあります。

 

 

 

意見を肯定しながら、客観的な意見を

ワンマン社長はプライドがずば抜けて高いです。

 

そのため、自分の意見を反論されることを嫌うので反論しては逆効果です。

 

そこで、「確かにそうですね!実は業界研究をしていると◯◯会社が新しい市場を開拓し始めています。なので、社長の意見を加味しながら◯◯をした方が得策ではないでしょうか?」

 

など、あくまでワンマン社長の意見をやんわりと肯定しながら話を進めることが大切です

 

 

 

理不尽に叱りつけて社員を支配する

cellphone-948192_640

 

 

ワンマン社長は独占欲が強いので、少し不愉快なことが起きると特定の社員へ理不尽に怒鳴りつけます。

 

そして、ワンマン社長にとって理不尽と感じることを一切させないよう、社員を支配する傾向があります。

 

そもそも社員を「人財」という位置付けではなく、「奴隷」という感覚で見ています。

 

 

いずれ破綻する未来を見据えて行動する

このような恐怖支配で統べるブラック企業は必ず人が離れています。

 

優秀な人財が、どんどん離れていき、いずれ会社は破綻の道へとすすむでしょう。実際に、

 

 

・毎日怒号が飛び交う恐怖のミーティングを開くワンマン社長

 

・社長直々のノウハウを実践できず人格否定をするワンマン社長

 

・指示に従わず独自のやり方をする社員を退職に追いやるワンマン社長

 

などが起きています。

 

まずは自分の将来を加味し、転職活動を第一優先で始めるのが得策です。

 

 

 

手柄は独占、不祥事は社員の責任

ワンマン社長でよくあるケースの一つです。

 

例えば、社員が一丸になって成果を上げたものを

 

「俺の指示に従ったからこうなった」

 

とあくまでも自分自身の手柄として捉えます。

 

また、何か不祥事が起きれば、本来は会社のトップが責任を負わなければいけない場面もあるはずが責任逃れを始めます。

 

例えば、

 

 

・あくまでも自分は関与していないから悪くない

 

・不祥事時は表に顔を出すと面倒だから社員に火消ししてもらう

 

・一人に責任を押し付けて退職させる

 

などです。

 

つまりブラック企業のワンマン社長ほど、自分自身にとって都合の良いように動くよう社員を使います。

 

 

仕事の責任ばかり押し付ける人の特徴4選

 

 

 

社員同士で結束して抗議する

いずれ不満が爆発する者もでてきます。

 

そういった社員を募り、ワンマン社長に対して「改善を目的として抗議」した方が良いでしょう。

 

もし、改善の余地なしとなれば、そのブラック企業に居続けるとストレスしか溜まらないので潔く退職される方が賢明です。

 

 

 

女性社員がやたらと優遇される

young-858730_640

 

 

ワンマン社長率いるブラック会社は、体力勝負が故に比較的男性の人数が割合高く占めます。

 

そんな中で、女性は重宝されますし、男性社員に比べてなぜか高待遇になるケースもあります。

 

例えば、

・入社一年程度の女性社員に役職が付く

 

・昇給や賞与面が同年代の男性社員より高い

 

・社長の意向でいずれ役員にさせると宣言している

 

など実際に起きています。

 

それだけ理不尽な組織体制ができてしまえば、いくら男性社員が頑張っても覆すことはできないでしょう。

 

 

仕事を頑張りすぎず力を抜く

いくら成果を出しても評価が形になって表れなければ頑張る意味はありません。

 

そのため無駄な体力は使わず、最低限の仕事をして適度に力を抜いても良いでしょう。

 

現在は、昔の年功序列制から実力に応じた対価を支払われる仕組みが増えてきました。

 

それでこそ、やりがいや頑張る意味を見出せるのではないでしょうか。

 

 

 

「辞めても良いよ?」「会社に残れ」などが口癖

ワンマン社長には何かしらの口癖があります。

 

それが「嫌ならすぐに辞めても良いよ?」「帰るの早くないか?まだ仕事していけ!」といったことを常に社員に投げかけています。

 

これでは社員も精神・体力的に辛く堪えるでしょう。

 

とにかく社員を大切にしない会社はブラック企業に値しますので、このような口癖のワンマン社長は、社員を使い捨てても平気なのでしょう。

 

 

あなたの企業は?社員を使い捨てにするブラック企業を見抜く!

 

 

転職先を決めて余裕を持つ

特に「嫌なら辞めても良いよ?」が口癖のワンマン社長を変えることはできないので、あなたがいつでも辞めれる状態にしておくことで精神的に余裕が持てます。

 

例えば、働きながら転職活動をして内定をもらいます。その状況であればいつでも辞めれるので、

 

「じゃあ辞めます。手続き今からお願いします」

 

と退職届を提出すれば法律的に2週間後には辞めれます。

 

 

 

(まとめ)

bagan-1137015_640

 

 

いかがでしょうか?

 

ワンマン社長はやりたい放題できるという側面を持ち合わせていますので理不尽な出来事が日々起こり辛いことでしょう。

 

そんなブラック企業と化した社内環境を変えることは中々難しいため、一つの選択肢として転職が賢明でしょう。

 

また、どうしても改善を希望とされるなら「労働基準監督署」に届け出を出して、適切な処置行動をとってもらいましょう。

 

 

 

 

 

あなたの企業は?社員を使い捨てにするブラック企業を見抜く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

 

ブラック企業は社員を雑に扱い、使い捨てのように退職へ追い込みます。

 

「ブラック企業で働きたくない」という気持ちは誰にでもあるはずで、実際に働いてしまった人からの苦情は後が絶ちません。

 

故に長年働ける環境でないため、安定した環境で働ける企業に転職するべきなのです。

 

そんな、あなたが"避けるべき使い捨てブラック企業"の特徴を紹介します。

 

 

 

新卒募集で大量採用している

某大手の求人サイトを見てみると、一部の会社で「100人募集!」「300人募集!」といった大量の人数を募集している会社が見受けられます。

 

理由としては、「辞めていく社員が多いので、余分に採用する」意図があるのでしょう。

 

特に会社規模と合わない採用数を募集している会社はブラック企業である可能性が非常に高いと言えます。

 

その背景として、

 

 

・安い給料で馬車馬のように働かせる(仮に手取りが22万円となっていても、残業代含めての値段である可能性が高い)

 

・きつく無理な営業ノルマ(名目上は営業予算と語る企業は多い)をしいて、結果が出せる社員だけが残れば、後々利益になるであろうという考え

 

・拠点部署が多い企業は、とにかくバランスよく配置して各エリアの売上を守りたい、そして欠員がでればいつでも補充できる体制を敷いておきたい

 

などで大量採用をしています。

 

結局のところ、ブラック企業は大半が辞めていくことを承知で、最終的に生き残った社員を飼いならし、会社の利益に貢献させようとしています

 

 

 

 

求人広告の内容がやたら高待遇

転職サイトなどで

 

「月給30万円以上保証!」

 

「2ヶ月目から40万円以上可」

 

などと、不自然に給料が高い会社を見たことがないでしょうか。

 

こういった会社はブラック企業である可能性が非常に高いと言えます。

 

もしかすると、

 

 

・残業代が月50時間以上含む金額

 

・新規開拓営業できついノルマを達成して得られる金額

 

・給料で我慢させて、とにかく厳しい社内環境を耐えさせる(パワハラや厳しい暴言などの環境が蔓延しているなど)

 

などの理由があるのでしょう。

 

 

新規開拓営業で初月から月収30万円以上を謳う企業は要注意!

この手の企業は高確率で厳しい労働環境、人間関係が強いられます。

 

例えば、テレアポから業務が始まり、新規商談で契約を取ることができなければ、定時後にミーティングさせられます。

 

その時に

 

 

 
「なんで契約取れないの?ここにいる意味ないよ?」「契約取れるまで帰ってくるな」

 

 

 

という精神的プレッシャーをかけられるケースもあります。

 

それで入社数ヶ月で退職する社員が後を絶たないといった状況で、まさに社員の使い捨てです。

 

もし求人サイトでこのような企業を見つけた場合は、給料に目を眩ませるのではなく一旦様子を見ましょう。

 

 

 

3年以内の離職率が3割以上の企業

一般に「入社して3年以内に3割は辞める」というイメージがありますが、高い割合での退職は言うまでもありません。

 

しかし、いざ自分が勤める企業がそれくらいの割合で辞めていくのであれば、何かしらの要因が理由のはずです。

 

例えば、

 

 

・給料がやけに低い

 

・長時間残業、またはサービス残業が日常化されている

 

・パワハラ上司や先輩スタッフが多い

 

・とにかく激務

 

が挙げられるでしょう。

 

そこで、3年以内に3割以上が辞める企業を調べるデータがあります。

 

 

 

「就職四季報」からデータを知ろう

「就職四季報」で掲載されている「3年後離職率」で分かります。

 

これは「3年前に入社した新卒者が、3年以内でどれだけの人数が辞めていったのか」を意味しています。

 

3割以内であれば、比較的良い企業ですが、3割を超えて4割や5割の企業はブラック企業かもしれません

 

仮に100名入社していれば30人以上が辞めていることになるので相当な人数です。

 

社員を使い捨てという感覚がなければ、基本的に3割を超えることはないでしょう。

 

なぜなら通常の企業は、社長や幹部、また中間管理職のメンバーが、若い社員が会社に居続けてくれるよう懸命な施策や努力をするからです。

 

本来新卒者は将来の希望が満ち溢れている時期です。

 

そんな新卒者が、大量に辞めていくのは普通ではありません。

 

ぜひ一度「就職四季報」をチェックしてみてください。

 

 

 

体育会系出身者が何かと多い

men-89800_640

 

 

体育会系出身者の多い企業は何かと問題が尽きません。

 

部活・サークル時代の人間関係を、そのまま社内に持ち込みます。

 

厳しい上下関係、理不尽な人間関係のもと仕事をしなければ会社に居続けることができない風潮になってしまいます。

 

 

若い社員しか残らない

一部の企業で「平均年齢25歳」と異常に低いところがあります。

 

これは若い世代の社員が何でも言える環境にあり、立場が上であれば年上に対してもタメ口で傲慢な態度を取る感じです。

 

そのため、優秀な若い社員が増えれば、30代、40代社員がこぞって辞めていく傾向が強いです。

 

 

社員を吊るし上げ、イジメが横行している

仕事ができない、結果を残せない社員を皆の前で吊るし上げ、言葉の暴力、ひどい場合は手を出す人もいます。

 

体育会系の社員が多い場合は、とにかく「結果主義」に拘り、結果を出せる社員がそういった行為をしてしまいます。

 

 

仕事のミスを部下の責任にする上司の4つの特徴

 

 

 

上司や先輩スタッフが部下に体罰をあたえている

厳しい体罰は後を絶ちません。体を殴る、蹴るなどの暴行行為が日常茶飯事で行われています。

 

理不尽なことがあっても目上の人には逆らえない、という雰囲気を良いことに、ストレスのはけ口として体罰をあたえています。

 

このことから、体育会系が多い職場というのは問題行為が行われやすい環境と言えます。

 

つまり、会社は健全でも社内環境がブラック化しやすい傾向になってしまいます。

 

 

 

まとめ

-shared-img-thumb-MIYA87_DSC_3380_TP_V

 

 

厚生労働省が「社員の使い捨て」という問題を重く受け止め、平成25年に「使い捨てが疑われる企業への重点監督」を実施しました。

 

実施した結果、8割近い企業が「違法な時間外労働」「サービス残業による手当不支給」などの実態が明るみになりました。

 

まさにブラック企業と言える結果で、それだけ社員を大切にしない風潮に嫌気を指すでしょう。

 

もし、このようなブラック企業で働くことになれば退職をオススメします。

 

いつ体調を崩すかわからない環境に居続けることは決して懸命とは言えないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ブラック企業を辞めたい人がとるべき行動8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

ブラック企業での勤務の日々に精神的に疲れていませんか?

 

 

「もう上からの圧力に耐えられない」

 

「無茶苦茶な要求ばかりで辛い」

 

 

など思ってしまいますよね。

 

ブラック企業で働き続けることは困難です。

 

そんなときに「今からどうすれば良いの?」と悩むあなたがとるべき行動を紹介していきます。

 

 

 

知人の務め先事情を聴いてみる

ブラック企業で働いていると「この会社はおかしい」と考えていても中々転職する勇気が湧かないこともありますよね。

 

 

そんなときは単純に「知人の務めている企業と、あなたが働いている企業」を比較してみることが大切です。

 

 

なぜなら、あなたの務めているブラックな環境が異常であることを再認識できるからです。

 

そうすることによって、「転職する決断」が付きやすくなります。

 

例えば、

 

 

・社風や人間関係の比較

 

・給料面での比較

 

・仕事量による残業時間 や休日出勤などの勤務体系の比較

 

などを比較してみると良いでしょう。

 

とくに、ブラック企業で疲れるのは”人間関係”もしくは”残業時間"ではないでしょうか?

 

知人は定時上がりで上司との関係性も良好、ということが分かれば、「そういった企業に転職したい!」という気持ちがフツフツでてくるかもしれません。

 

 

 

知人にアドバイスをもらうことが大切

知人のような企業で働きたいと考えるときは、「ホワイト企業の特徴」を聞いてみると良いでしょう。

 

実際にホワイト企業で勤めていると、何となく求人の雰囲気を見れば「ブラック企業かホワイト企業か」が分かってくるものです。

 

 

仕事が辛い!転職を決断した方が良い、ブラック企業と判断する特徴4選

 

 

 

退職の意思を伝えること

speak-238488_640

 

 

まず退職を伝えるタイミングに悩んでしまいますよね。

 

翌日に急に退職ということは出来ませんが、

 

 

法律として退職する2週間前には退職届を会社に提出すれば問題ありません。

 

 

もしあなたが営業職、責任者という立場であれば、後任への引き継ぎが必要になってくるので遅くても1ヶ月前、早くても3ヶ月前には退職することを伝えておきましょう。

 

 

しかし実際には、

 

・「退職届を出しても却下されそう」

 

・「ブラック企業相手に通常の申請では受け取ってくれなさそう」

 

・「受理されるか心配」

 

といったことを考えてしまうかもしれません。

 

しかし、再三お伝えしますが「法律的には2週間前に伝えれば良し」と決まっています。

 

そのため、退職日以降はあなたを拘束することはできませんので安心してください。

 

 

 

退職は個人の自由

労働者自身の意思で辞めたいときは、会社の規則関係なく自由に退職することはできます。

 

法律的にも、会社と個人との間では個人が有利になります。

 

本来は円満退社が理想ではありますが、ブラック企業の環境に悩んでいる人はそうはいきません。

 

強引にでも辞めたい場合は、一方的に退職しても法律的に問題ありません。

 

 

 

 

退職願ではなく退職届を書いてみる

「退職願と退職届って一緒じゃないの?」と思っている人が多いようですが、実は全く意味は異なります

 

退職願は「退職したいのですがよろしいでしょうか?」という願望の意味が込められており、退職届は「◯月◯日」に退職させていただきます。」という辞める決意を表明する書類になります。

 

あなたがブラック企業を「早く辞めたい!」「絶対辞めたい!」と考えているのであれば、必ず退職届を書きましょう。

 

 

退職届を書いてみると決意が固まる

知人に聞いて転職する決断が付いても、転職の意思を伝えることが中々出来ないこともあるかもしれません。

 

それでも転職届をまずは自分自身で書いてみることが大切です。

 

頭の中で「辞めたい!」「もう行きたくない!」と考えていても会社は辞めれません。

 

一度退職届を書くと、後は提出するしかないので一歩踏み出す勇気が出てきます。

 

退職届を提出すれば、その時点で効力は発生するので後は退職する手続きと準備を済ませるだけなので、精神的ストレスが一気に軽減されるでしょう。

 

 

 

転職エージェントに登録して活用する

-shared-img-thumb-MJ856_ozpaagent15145551_TP_V

 

 

転職活動を視野に入れなければいけないので、転職エージェントを活用しましょう。

 

良い方法としては「大手のエージェントに複数登録すること」です。

 

「複数」に関しては、それぞれのエージェントが持っている企業の求人の案件が異なっていたり、非公開求人の案件など、それぞれの特徴があります。

 

もちろん一つに絞っても良いですが、2つほど活用することで、幅が広がるはずです。

 

まずはそれぞれの転職のプロの手を借りましょう。

 

もしあなたが「仕事しながら転職活動をする」のであれば、ある程度考慮してくれるのでやりやすいメリットもあります。

 

二人三脚で転職成功まで走りましょう。そこで大事になってくる点を紹介します。

 

 

ホワイト企業案件だけを紹介してもらう

転職エージェントは企業情報を的確に把握しているので、ブラック企業かホワイト企業か把握しているはずです。

 

あなたがブラック企業で勤めていた経緯を話して、ホワイト企業だけを紹介してもらうように伝えましょう。

 

他には書類選考、面接などの対策を丁寧にアドバイスもしてくれるので、心強いパートーナになります。ぜひ、転職エージェントのプロを頼ってみて転職を成功させてくださいね。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?ブラック企業は昨今問題視されています。

 

ブラック企業で働き続けて心身共に体調を崩したり、うつ病になってしまったり、というケースもあります。

 

まずは、

 

・知人の務め先事情を聴いてみる

・退職する意思を強く伝える

・退職届を書いてみる

・転職エージェントに登録して活用する

 

など早急に行動に移していきましょう。

 

 

 

 

 

嫌なのになぜ?ブラック企業を転職できない6つの理由とその解決案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

 

あなたは「ブラック企業を一刻も早く辞めたい!」と思っていませんか?

 

しかし現状としては、中々辞める”決心”ができず、ズルズルと働き続けているのではないでしょうか?

 

ブラック企業で働き続けることは、時間のバランスも崩れてしまい懸命ではないので、早くにでも転職すべきです。

 

それでも尚、辞めたいと思っていても転職できない4つの理由について触れていきます。

 

 

 

「またブラック企業に転職してしまう」という恐れ

多くの人が「今のブラック企業を辞めても次の転職先も同じじゃないか」ということを思い悩み、転職に一歩踏み出せないでいます。

 

むやみに転職回数を増やして、そういった危険をおかすよりも、一歩踏みとどまり「もう少し頑張ってみるか」と自分に言い聞かせてしまうのではないでしょうか。

 

本音の部分は

 

「こんな職場環境で何年も働けない」

 

「俗に言うホワイト企業で働きたい」

 

という気持ちがあるのにも関わらずです。

 

 

 

「口コミサイト」を参考にしてみるのがオススメ

気になる転職先があれば、実際にそこで働いていた社員の口コミサイトがあります。

 

「キャリコネ」というサイトは、給料面、将来性、人間関係、社風など、働く前に気になる全ての項目の口コミが見れるようなサイトです。

 

実際に、働いたことがある人にしか分らないリアルな内部事情や実情が書かれているため、非常に参考になるサイトです。

 

一部、厳しい口コミをしている投稿もありますが、それを踏まえた上で判断できるので閲覧されてみてはいかがでしょうか。

 

ブラック企業か判断するには様々な情報を仕入れなければいけませんが、気軽に調べれるのが「キャリコネ」です。

 

実際に働いていた人の口コミが最も信ぴょう性が高いです。

 

 

 

転職活動がうまくいくか不安

誰でも次の転職先を見つけられるかは不安に思うはずです。

 

不安に思う理由としては3点あります。

 

 

再チャレンジが難しい

過去に3回、4回以上と転職を繰り返してきた人は、

 

「職務経歴書を見られただけで落とされるのではないか」

 

「転職が多いと印象が良くない」

 

ということを思い、自信がなくなってしまいます。

 

後は年齢の問題もあるでしょう。一般的には30代前半までが転職可能なギリギリラインと言われています。

 

しかしそうはいっても、30代後半、40代でも転職を成功させている人がいるのも事実なので、深く思い悩む必要はありません。

 

 

再チャレンジに悩んでしまう人は、今のブラック企業に勤めていて本当にこのままで良いのか改めて自問自答してみましょう。

 

「絶対に嫌だ!」

 

という気持ちが強ければ自ずと行動に踏み出せるはずです。

 

 

就職活動する時間がとれない

ブラック企業で働いていると、とにかく激務のため転職活動する時間を確保できない、といった状況になります。

 

休日も出勤を強制させられるため中々転職活動ができる時間がないのです。

 

そんな時は転職エージェントを活用しましょう。

 

面接日などの時間を考慮してくれるため、利用する価値はあるでしょう。

 

特に、時間が取れないという人は「時間を取れるスケジューリングするのが手間だ」と考えてしまう傾向にあります。

 

その点、転職エージェントはスケジューリングの管理も代行してくれるので必然的に就活する体制が整います。

 

ブラック企業の愚痴を聞いてもらうぐらいのニュアンスで利用するのもOKでしょう。

 

 

スキルに自信がない

転職先で評価されるような「仕事に活かせるスキル」を持っていないという不安から、転職できないままになります。

 

しかし転職はスキルだけで判断されるわけではありません。

 

それ以上に「あなたの人間性」が問われます。

 

例えば、表情、受け答え、自信に満ち溢れた態度が最も大切です。

 

 

 

親のことを考えると一歩踏み出せない

親の言いなりではありませんが、「親の意思に反対できない」ことが理由で、ブラック企業にも関わらず転職できないままになるケースです。

 

例えば、

 

 

・親に「会社を辞める」と報告すると「勿体無いから続けなさい」と反対される

 

・今まで散々面倒をみてきてもらった恩を裏切れない

 

・就職先が決まっていないのに「会社を辞める!」なんて不安がるから到底言えない

 

などが代表的な例です。

 

要するに、親に心配をかけるくらいなら自分自身を犠牲にしてでもブラック企業で働き続けてしまうのです。

 

しかしながら、辞めたい気持ちは日に日に増すばかりではないでしょうか。

 

そんなときはオススメの方法があります。

 

 

 

事後報告として伝える

まずは第一歩として転職活動を始めます。

 

そして「採用が決まった時点で親に伝える方法」です。

 

例えば「今のブラック企業を辞めることにした」と伝えると「なんで!?次どうするの!?」と親に詰められるでしょう。

 

その時に「もう次は決まっている。自分は転職先が決まっていない状態では辞めない。次の会社は今より良い会社で社内の雰囲気も良さそうだから長く続けられるから心配しないで」的なニュアンスで伝えましょう。

 

これでは親も「そんなの知らない!今の会社を続けなさい!」とは既に言えない状況です。

 

 

 

社内のメンバーに迷惑をかけてしまう申し訳なさ

ブラック企業と言っても、社内には仲が良い同期や後輩がいるはずです。

 

そこで、自身が辞めて周囲に迷惑をかけてしまうことに気が引けて転職できないでしまいます。

 

特に、

 

 

・担当者への引き継ぎが大変

 

・今まで担っていた役割を任せてしまうことで、よりハードにさせてしまう

 

・仕事を途中で投げ出すことで周囲に迷惑をかける

 

という理由でしょう。

 

 

しかし、ブラック企業は「百害あって一利なし」と言えるほど救いようがありません。

 

 

周囲に迷惑をかけることに目を向けるのではなく、最も肝心なのは「あなた自身がどうしたいか」のみです。

 

 

 

 

腹を割って話してみることが大切

周囲に気遣うことで、内心辞めたいけど転職できないでいる場合は、メンバーと一度お酒でも飲みにいきましょう。

 

そういった場で報告すると本音で話しやすくなるので前に進めるはずです。

 

周囲もそんなあなたを責めたりしないでしょう。

 

意外なほど周囲のメンバーも、あなたと同様に今のブラック企業を辞めたがっているものです。

 

 

人によっては、退職の相談を上司にしたら、

 

 

 
そうかお前もか。実は俺も辞めようと思ってたんだ。

 

 

 

なんて展開になった人も。

 

 

 

まとめ

lavender-1117275_640

 

 

「転職したいけど、転職できない」理由を6つ紹介しましたが、いかがでしょうか?

 

 

肝心なのは最終で述べた「あなた自身がどうしたいか」が全てです。

 

 

ブラック企業で働き続けることに限界を感じて「辞めたい!」「新しい環境で働きたい!」ということであれば、その気持ちが一番大切ではないでしょうか。

 

 

 

 

仕事が辛い!転職を決断した方が良い、ブラック企業と判断する特徴4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

 

「就職してみたはものの、辛いことだらけ」

 

「仕事に行くのが辛すぎる」

 

など思っていませんか?

 

しかし「今の会社はブラック企業なのかいまいち分からない」という悩みがあるかもしれません。

 

 

もし、あなたの勤め先がブラック企業であれば潔く転職するべきです。

 

 

その前に、「ブラック企業」と判断されるに値する代表的な特徴を4つ紹介していきます。

 

 

 

月の休み、年間休日が異常に少ない

ブラック企業の一番の特徴として挙げられるのが、「とにかく休めない」です。

 

本来は公休日にも関わらず出勤を強要されたり、有休もとることができない、など会社が休ましてくれません。

 

実際にあった事例としては、

 

 

・「常にひどいが、最もひどかった月は休みが1日しかなかった」

 

・「年間で休めた日はたったの10日程度で、あとはフル出勤」

 

・「有休という名前はあるけど、3年間で一度も使うことができなかった」

 

などです。

 

これは間違いなくブラック企業であり、従業員を「奴隷のような扱い」でしか見ていません。

 

ちゃんとした会社というのは、「就業規定」に則り、「年間は◯◯日休んでくださいね〜」という決め事をしっかり守っています。

 

ブラック企業は、「就業規定」を定めてはいるもの、あってないようなものです。

 

 

つまり、守るつもりがないのです。

 

 

もし、あなたの会社が「就業規定を無視した休日日数」を強要してくるのであれば、潔く転職する方が良いでしょう。

 

過労により、いつ心身共に支障をきたすか分かりません。

 

家族がいれば尚更です。早急な決断をくだしましょう。

 

 

 

 

 

体育会系の人間達による暴力行為

dog-486553_640

 

 

一部の業界では体育会系の人が集まりやすい傾向があります。

 

ブラック企業の分かりやすい特徴として、

 

「職場でやじがとぶ」

「物を投げつけられる」

「胸ぐらをつかまれる」

 

などではないでしょうか。

 

何かミスをすれば、その人を精神的に追い込む暴力発言・行為などが目立ちます。

 

そういった環境が常習化されており、嫌気がさしている社員は何も言えず、ただビクビクしながら業務するしかありません。

 

 

 

激しい言葉の暴力で精神的に追い込む話

これも実際にあった話ですが、とある新規開拓営業を中心とした電気会社では、「新規獲得がとれない社員」を定時以降ミーティングという名目でひたすら、

 

 

 
「お前普段何やってんの?全く契約とれないお前なんている価値ないよ?明日最低1件でも契約とれなかった会社帰ってくるなよ」

 

 

 

などと言葉でプレッシャーを与える光景が頻繁にあったようです。

 

こういったパワハラ社員が多いところでは、まずやっていけないでしょう。

 

早急に転職して新しい環境で働かなければ、ひどい場合うつ病にもなりかねません。

 

それだけ、社内の暴力は心身に害を与えます。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

賃金体系が極端に低い

ブラック企業の代表的な問題として給料が極端に低いというケースがあります。

 

これは「働いた時間に対して、見合わない給料」ということです。

 

例えば「残業したにも関わらず、その分の給料が支払らわれない」などがブラック企業の典型的な例です。

 

 

 

残業時間が給料に含まれる

月の残業時間が80時間以上と義務付けられており、この80時間の時間外手当を含めて月給20万円という形の賃金体系を敷いているブラック企業があります。

 

この80時間という残業が満たさなければ、時間外手当が付かず給料が一気に下がってしまうという状況です。

 

社員は労働力に見合ったお金を会社からもらう権利があるはずです。

 

また、会社に貢献した対価として、基本給以上のお金を受け取る資格があります。

 

そういったことを無視して、会社都合で支払いをしない賃金体系は問題視されます。

 

あなたが、「異常な残業時間をしているにも関わらず、時間外手当を支払わない会社」であれば一刻も早く退職することが大切です。

 

あなたの労働力に見合った給料を支払う会社が必ず存在しますので、安心して転職活動を始めましょう。

 

 

 

当初の求人広告とは全く異なる内容

求人サイトで掲載している内容と実情が全く違うブラック中のブラック企業があります。

 

例えば、

 

「手取り月給25万円!勤務時間は9~18時と残業なし!」

 

と掲載しているにも関わらず、実際は手取り20万円弱で毎日22時まで残業が当たり前といった感じ。

 

社員を使い捨てのように採用し、辞めていけばまた求人広告を出すの繰り返しのようになっています。

 

一部では、「転職サイトで一ヶ月掲載し、一旦引っ込め、また掲載の繰り返し」で入れ替わりが激しいことを上手くカモフラージュするブラック企業もあります。

 

実際にあった例を紹介します。

 

 

正社員登用のはずがアルバイト待遇

求人票では正社員募集にも関わらず、実際は正社員登用までは研修生として扱われ、

 

 

・時給制

 

・毎日残業

 

・諸手当なし

 

・保険未加入


といった待遇。

 

正社員になるには、ある程度会社で評価されたらなれる、といった具合です。

 

しかし曖昧な基準のため正社員になれる保証もなく、同じ職場の3年目の女性でも正社員にはなれていない、といった実情。

 

こういったブラック企業は社員のことを何とも思っていません。

 

本来は、「会社の財産は人」であるように、会社は社員と共存する役割があります。

 

あなたがブラック企業に勤めているのであれば、もっと健全な、通称「ホワイト企業」と言われる会社に転職しましょう。

 

転職エージェントなどの手を借りて、二人三脚で一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

まとめ

flock-of-birds-515203_640

 

 

あなたが、このようなブラック企業で働いているのであれば間違いなく「転職をするべき」です。

 

ブラック企業の定義はその人の感じ方で変わりますが、心身共に支障をきたすレベルになれば、それはブラック企業です。

 

「現在年齢もいってるし転職できるか不安」

 

「家族を養わなければいけないから一歩踏み出せない」

 

と悩むかもしれませんが、何よりは体の健康が第一優先です。

 

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ