仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 人間関係 » 

パワハラの横行するワンマン社長のもとで働くことの4つの悲劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

あなたはワンマン社長のひどいパワハラに悩んでいませんか?

 

 

「お前なんかいらない!」

 

「給料やらねえぞ!」

 

 

など社員に暴言を吐いたり、脅したり、人間性を疑うような言葉のオンパレードです。

 

そんな会社に居続ける必要はないので転職すべきなのです。

 

その理由を4つ紹介していきます。

 

 

自分を見失う

まず転職した方が良い1つ目の理由は、ワンマン社長のパワハラにビクビクしたまま働き続けると自分を見失うからです

 

社長の機嫌を損ねないため、機械のようなイエスマンになったり、おかしいと思っていることでも共感したり、自分の考えや意見を述べることができない人間になってしまいます。

 

おそらく、

 

 

・ 「はい!その通りです」

 

・「 さすが社長の言うことは説得力がありますね~!」

 

・「わたしもそう思ってます、共感できます!」

 

と言ったように思ってもいないことを延々と話さなければいけません。

 

要するに、自分の価値を捨ててまで嫌なワンマン社長に賛同しなければいけないのです。

 

 

あなたは、自分の価値を捨てるために入社したわけではないでしょう。

 

社会人として自分の能力やスキルを十分に発揮できる環境の方が何倍も生き生きしたライフワークが送れます。

 

自分を見失うとそうした「生き生きした人生を送る」ことができなくなります。

 

自分の意思を尊重してくれる会社は世の中にたくさんあるので、転職活動に踏み切ってみましょう。

 

 

 

 

仕事ができない人間になる

転職した方が良い2つ目の理由は、あなたの能力やポテンシャルを発揮できずに蓋を閉められるからです

 

ワンマン社長は独断欲が強いので「自分の意見や考え方が正しい」と考えます。

 

その上で「お前にはその仕事はできない!」「もっと軽い仕事しとけ!」と、過小評価して罵倒してしまいます。

 

そうすると、どんどんあなたの中でできる仕事の裁量が小さくなり、本来頑張ればできる仕事が出来なくなってしまうのです。

 

例えば

 

 

・「会社の利益に大きく左右するプレゼンテーション」

 

・「契約がバンバンとれるセールス」

 

などハードルは非常に高いですが、そういった仕事を任せてくれる会社に就かなければ能力やポテンシャルは一向に磨かれません。

 

そして、そういった裁量判断仕事の少ない期間が長くなれば長くなるほど、本当に「他社で使い物にならない人間」になってしまいます

 

パワハラ発言に屈さず、あなたが何処の会社でも通用するような社会人になるには、早急に転職するべきなのです。

 

 

 

将来に希望や夢が持てない

head-625666_640

 

 

転職した方が良い3つ目の理由は、あなたがその会社で働いた先の5年後、10年後を想像しても希望や夢が持てないからです。

 

良い会社というのは、将来の成長性が期待できるので、本来希望に満ち溢れています。

 

しかし暴言がひどいワンマン社長は、あなたがミスをすると、

 

 

 
もう使えないから辞めてもらっても良いよ?使えないやつはいらねんだよ!

 

 

 

と怒鳴り散らかします。

 

つまり、あなたはワンマン社長からすれば「いつでもクビにする候補」として考えています。

 

そんな状態で、

 

 

「俺は将来課長になってチームをマネジメントしたい!」

 

「わたしはリーダー職について前線で頑張りたい!」

 

「3年後には役職について給料アップを図りたい!」

 

 

という願望を持っても、おそらくワンマン社長の前では「ふざけたこと言ってんじゃねえ」で一蹴されてしまいます。

 

そういった意味であなたが今の会社で働き続けることに希望や夢も持てないということです。

 

 

希望や夢を持てる企業というのは、社員の意見を尊重し、正当に評価してくれるかどうかです。

 

 

「◯◯やれば会社は評価してくれる!」という◯◯をしたければ会社が後押ししてバックアップしてくれるような会社が望ましいでしょう。

 

 

ワンマン社長が率いるとブラック企業に!その5つの特徴と対処法とは

 

 

 

うつ病になりかねない

転職した方が良い4つ目の理由は、パワハラを受け続けると精神的にやられ、最悪うつ病になってしまうからです。

 

ワンマン社長のパワハラはとにかく暴言の連続です。ひどい社長は人格否定までする人がいます。

 

 

「能力が低いのに調子乗るんじゃねえ」

 

・「お前なんか何の価値もない」

 

・「思考能力が低すぎて使えない」

 

などです。

 

要は人間性を下げずむ感じですね。

 

最初はイラッとして、ショッピングや旅行をして自分なりのストレス解消法を試みることは良いのですが、こうしたパワハラ期間が1年、3年、5年と経過するにつれ、精神的に負荷がかかり、ストレスが爆発してうつ病になってしまいます。

 

現に、ワンマン社長のパワハラに苦しんで、うつ病や自立神経失調症までなっている社会人は数多くいるのです。

 

そうならない対処法として「転職」というのは最善な方法なのです。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

 

(まとめ)

ワンマン社長のパワハラに苦しみ続けることは、特になること、メリットになることはありません。

 

一刻も早く転職することをオススメします。

 

その理由として、

 

・自分を見失う

・仕事ができない人間になる

・将来に希望も夢も持てない

・うつ病になりかねない

 

の4つを紹介しました。

 

参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

仕事場の人間関係に馴染めない人が意識すべきと4つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

 

仕事場の人間関係が合わず、馴染めないことに不安や悩みはありませんか?

 

おそらく「馴染めずどうしたら良いか分からない」「とくに解決策なんてないから諦めている」と思っているかもしれません。

 

そんな時に、まず馴染めない場にいるあなたに意識してほしいことを4つ紹介します。

 

 

 

自分の仕事に全力を注いでみる

仕事に集中して全力で取り掛かると、周りの雑音が気にならなくなるので、そういった意識を強くもつことが大切です。

 

人間関係に馴染めないから仕事ができない、というのでは、

 

「どこの企業にいっても人間関係次第で全てが左右される」

 

と言っても過言でない状態になってしまいます。

 

世の中には人間関係に馴染めない人でも仕事に集中して結果や実績を誰よりも出している人は多くいます。

 

そういった人たちの共通点は「仕事に集中している」ということです。

 

 

 

しかしとは言っても仕事は一人ではできません。

 

誰かと協調しなければいけないときがあります。

 

そんなときは自分の与えられた役割を全うすることに集中したり、時にはフォロー役に徹したりして、臨機応変に対応していけば済みます。

 

そこで、次のように意識すると良いでしょう。

 

 

 

必要以上のことは話さない

必要以上とは、例えばプライベートのことや仕事とは関係のない話です。

 

無理に話すことでより馴染めなくなることもあります。

 

なぜなら「コイツと話してもつまらないな~」「なんか感じ合わないから話したくないな~」と思われてしまいます。

 

仕事の話に一点集中しておけば当たり障りのない関係であれば築けます。

 

 

 

割り切ることも一つの手段

axe-616297_640

 

 

人間関係を割り切ることも一つの選択肢として入れてはいかがでしょうか?

 

仕事場の人間関係に馴染めないからといって、自ら無理に馴染もうとすると逆にストレスに感じます。

 

「何を話そうかな~」「どういった態度や表情で接すれば良いかな~」と頭で考えながら馴染もうとするので初めは良いです。

 

しかし、しばらくすると段々疲れてくることもあります。

 

なぜなら、一人一人に気を使わないといけないので今まで以上に神経を使うからです。

 

「気疲れ」という言葉が当てはまるのではないでしょうか。

 

気疲れしてしまうと「何もかもが面倒くさくなる」ことも考えられます。

 

そうならないためにも、人間関係を割り切ることも大切なのです。

 

 

ストレスが溜まる・・仕事の人間関係でウンザリしている時の対処法

 

 

割り切ると気を使わないで済む

述べた通り、完全に「仕事先の人は最低限のコミュニケーションしかとらない」と割り切れば、気を使う必要もありません。

 

実はあなたが思っている以上に、仕事場の人も「仕事内だけの関係」と割り切っている人は多いものです。

 

そうであれば、あなたが神経を張り巡らして馴染もうとする必要もなくなります。

 

 

 

頑張ってる姿を見せてみる

「それでもやっぱり人間関係を大切にして皆と馴染みたい」という願望もあるかもしれません。

 

そんなときは「周囲にあなたの頑張っている姿」を見せましょう。

 

そうすれば、あなたに対する見る目が変わり相手から寄り添ってくれることがあります。

 

やはり仕事を頑張っている姿を見ると、デキるデキないに関わらず評価したくなるものです。

 

例えば頑張るあなたに対して、

 

 

・「あいつずっと頑張ってるな~、えらいな」

 

・「全力に仕事してて感心するな」

 

・「不器用なやつだけど、意外にあついのかも」

 

と思ってもらえれば得です。

 

頑張る姿は目立つので意外と見られるものです。

 

「馴染んで仕事をしたい!」という願望が強ければ、頑張ってる姿をどんどん周囲にアピールしていきましょう。

 

 

思い切って転職してみるのも一手

「どう頑張っても人間関係が苦手で馴染めない」となった場合、転職することも一つの選択肢に入れていただいても良いのではないでしょうか。

 

理由は2つあります。

 

 

将来のキャリアが大きく左右される

人間関係に馴染めるか馴染めないかで会社において今後のキャリアを左右してしまうかもしれません。

 

とうぜん、人間関係に馴染んで上司や周囲から信頼されている人の方が昇進するスピードは早い会社もあります。

 

能力やスキルはあっても、社内に馴染めていない、という理由だけで平社員止まりというケースは実際にあります。

 

あなたがキャリアを積んで上の立場に立ちたいという願望が強ければ、馴染めない環境から離れて新たな会社で一から人間関係を築いてみましょう。

 

 

馴染めない時間が多くなると仕事に支障がでる

人間関係に意識が傾くことで仕事に集中できない人がいます。

 

そうするとだんだん仕事が嫌いになったり、周りを気にしすぎて失敗の連続になったり、最終的には「仕事ができないお荷物社員」というレッテルを貼られてしまいます。

 

そうなる前に踏ん切りをつけて転職してみても良いでしょう。

 

馴染めないことばかりに気を取られながら時間を過ごすより、気持ちを一新して新しい環境で再スタートすることは何ら問題ありません。

 

 

まとめ

snow-lane-81156_640

 

 

いかがでしょうか?

 

人間関係で馴染めないと悩むあなたにとって意識してほしいことをまとめます。

 

  • 自分の仕事に全力を注ぐ
  • 割り切ることも一つの手段と考える
  • 頑張ってる姿を見せる

 

人の悩みの根源は全てが「人間関係」と言い切っても良いくらいです。

 

中々その悩みをすぐに解決することは難しいですが、まずは何かを意識することが大切です。

 

その上で参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

転職すべき?横暴なワンマン社長に悩むときに問いかけてほしい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 12分

横暴なワンマン社長の会社でも、

 

「人間関係は悪くないから」

 

「休日出勤ないからマシなんだけど」

 

という理由で中々転職まで一歩踏み出せないでいませんか?

 

 

しかし理不尽な環境で働き続けるのは中々厳しいですよね。

 

そんな時こそ自分自身に問いかけることが大切です。

 

 

そこで「転職しようかな?」と悩むあなたに問いかけてほしい4つのことを紹介していきます。

 

 

 

先行きが悲惨な事態になりかねない

横暴なワンマン社長は

 

 

「何か気に食わないことがあれば社員を怒鳴りまくる」

 

「精神的に追い込む言葉を平気で浴びせる」

 

 

など一般常識では通用しない人間性を持っています。

 

このような環境下で働き続けることで、あなたの先行きが悲惨になりかねない2つの理由があります。

 

 

 

「これからが頑張り時!」って時にクビを切られる

20代、30代、40代と年々責任が重たくなるにつれ、一つ一つの仕事の重みが変わってきます。

 

そんな中、ワンマン社長の気に触らない程度に仕事をこなし、しっかり結果を出したとします。

 

しかし、ある日大きなミスをしてしまい、それが社長の怒りをかってしまった場合、

 

 

 
お前のせいで損失がでたぞ!もうクビ!

 

 

と告げられて退職を強要されてしまいかねません。

 

ましてや30代、40代と家族を持ち始める時期に突如クビにさせられたら辛いですよね。

 

それでも横暴なワンマン社長は社員を平気でクビにするので起こらないことではありません。

 

特に、社長がワンマンであればあるほど、会社の利益(自分の利益)を最優先に考え、社員の生活背景や労働環境のことなど考えていない人が多い。

 

何十年も会社に貢献してきたのに、ある時些細な出来事でいきなり姿を消すベテラン社員。

 

そんな事もブラックな会社では多々あるのです。

 

 

ワンマン社長が率いるとブラック企業に!その5つの特徴と対処法とは

 

 

 

心身ともに支障をきたす

横暴なワンマン社長からの過度なパワハラ発言により、うつ病や自律神経失調症など発症してしまえば「回復するまで働けない」という事態になってしまいます。

 

そうなれば収入がストップし、生活することさえ困難になってしまうことも十分に起こり得ます。

 

これは特に生真面目な性格の人に多い現象です。

 

なんとか社長の意向に沿ったビジョンを展開しようとするものの、あまりにも横暴・ワンマンであるが故に全くうまくいかない。

 

社長自身がガンになっている為、根本的な問題解決が全くはかれない。

 

結果、ドンドン悩み、何やってもダメなんじゃないかと塞ぎこんでいってしまう・・・。

 

 

これは正直、真面目さを向ける矛先が間違っていると言えます。

 

 

その真面目な姿勢は、ワンマン社長の会社で発揮するのではなく、もっと別な会社、自分の考えをしっかりと汲み取ってくれる会社で発揮すべきです。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

 

 

我慢し続けることは良いこと?

横暴なワンマン社長の支配下の中で、我慢し続けることは良いことではありません。

 

我慢の連続であれば、あなたは会社に居続けることは可能かもしれませんが、今後のあなたにとってプラスになることはありません。

 

 

・我慢ばかりしていると自分を見失う

 

・ストレスが積もりに積もっていつか爆発してしまう

 

・言いたいこともやりたいことも出来ず能力が低下する

 

といったことが起きてしまいます。

 

何らあなたにとってプラスになりませんよね。

 

 

 

我慢することでプラスになることとは?

例えば、

 

 

・「この仕事をやり切って自信をつけたい!」

 

・「取引先との付き合いで人脈を広げておきたい!」

 

・「まだまだ専門的に学べることがたくさんある!」

 

 

などあなたが横暴で理不尽なワンマン社長の会社に身を置いてでも、やり切りたいことがあれば我慢することは良いでしょう。

 

そうすれば、「何か得られる」というプラスな面があります。

 

このように、「我慢した先に何が得られるか」ということに焦点をあてて考えた結果、

 

 

 

「何も得られない」

 

「苦痛でしかない」

 

 

 

という考えに至った場合は転職した方が良いのは言うまでもありませんね。

 

転職するには十分な理由です。

 

 

 

 

そこに居続ける価値はあるのか?

会社に居続ける人というのは、そこに何か価値があるから辞めないのです。

 

例えば、

 

 

「人間関係が良い」

 

「能力を活かせる仕事が楽しい」

 

 

など、小さな価値から、

 

 

「将来は部長になれる可能性が高い会社なのでがむしゃらに結果を出したい」

 

 

という大きな価値を見い出している人もいます。

 

つまり、「ここで働き続けたいと思える理由」があることを指します。

 

 

あなたの今の会社はどうでしょうか?

 

 

「社員を使い捨てにしか考えていない横暴な社長」

 

「毎日怒鳴り散らかし、横暴な態度で社員をおどしている社長」

 

 

のように、中々その会社に居続ける価値を見い出せない環境にいるのかもしれません。

 

 

実際に「こんな会社に居続ける価値が何もない!」という判断にいたったのであれば考え時です。

 

まずはじっくりと考えてみることが大切です。

 

 

 

いつでも辞められる状態にしておく

横暴なワンマン社長はいつあなたをクビにするか分かりません。

 

または理不尽すぎる態度に、あなたから急な退職願も申し出る事態にもなりかねません。

 

そういったことを考えておきながら、徐々にで良いのでいつでも辞められる状態にしておくことをオススメします。

 

例えば、

 

 

・求人サイトでどういった求人先があるのか見てみる

 

・転職エージェントに登録だけしておく

 

・自己分析をして「次はどの業界でどの職種に就きたいのか」を考えておく

 

など触り程度でも構いませんので、まずは意識を傾けることが大切です。

 

なぜなら、急に会社を辞めることになったら冷静に一歩踏み出すまでに時間がかかったりするからです。

 

あらかじめ転職意識を付けておけば、会社を辞めてもすぐに行動することができます。

 

とうぜん内定も早い段階で決まります。

 

要は辞めた時点での”意識の向き方"がとても重要になるのです。

 

 

 

まとめ

snowflake-275367_640

 

 

横暴なパワハラ社長のためにあなたが苦しむ必要はありません。

 

自分自身がやりたいことを素直に実行してこそ自分のためになるのです。

 

以下の”4つの問いかけ”を参考にして「転職すべきかどうか」を判断してみてくださいね。

 

 

・「先行きが悲惨な事態になりかねないのでは?」

 

・「我慢し続けることは良いこと?」

 

・「ここに居続ける価値はあるの?」

 

・「いつでも辞められる状態にしておいた方が良いかも?」

 

あなたにとってピンとくるものがあれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスが溜まる・・仕事の人間関係でウンザリしている時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

 

「仕事先の人間関係にウンザリしてもう嫌・・」と悩んでいませんか?

 

仕事で一番悩む問題はズバリ人間関係です。

 

上司、同期や後輩との関係、様々な人との関わり合いで嫌気をさすこともあるでしょう。

 

「ウンザリしすぎて仕事を辞めたい!」

 

と思われてるかもしれませんね。

 

そんなストレスが溜まっているあなたに、ウンザリしている時の対処法を4つ紹介します。

 

 

 

余計なことは話さず距離を置く

嫌な人とは話せば話すほどストレスが溜まりますし、極限まで達すると一言だけでも「イラっ」とすることがあるでしょう。

 

そのため、余計なことは話さず、自ら距離をおくことをオススメします。

 

よく、

 

「自ら歩み寄りましょう」

 

「いっそ腹を割って話してみましょう」

 

と言われることがありますが、嫌な人に自ら歩み寄るのは正直しんどすぎますよね。

 

それがすべての人ができたら良いのですが、中にはできない人のが多いです。

 

無理に歩み寄る方がかえってストレスを生み、「歩み寄っても一向に良い方向に進まない・・」と逆にウンザリしてしまうこともあるでしょう

 

では、なぜ距離を置いたほうがよいのか紹介します。

 

 

 

意識しなくて済むのでストレスが一気に軽減される

苦手な人と距離を置くと、普段会話することがなくなるのでストレスが劇的に和らぎます。

 

仕事の話だけ最低限の意思疎通をはかり、それ以外のプライベートのことや仕事とは関係のないどうでも良い話は無視するくらいの意識でいることが大切です。

 

無視ができなければ「そうなんですね〜」「へーえ〜」など適当にあしらう感じが良いでしょう。そ

 

うすると、相手があなたに距離を置き始めます。

 

相手も人間ですので直感的に、「こいつに話しかけても反応が薄いな」と感じ、話しかけづらくなるものです。

 

そうすることで余計な関わり合いを持たなくても済むので気楽に仕事に取りかかれるようになります。

 

 

 

肯定も否定もせず中立を保つ

horizontal-1010917_640

 

 

大勢の人が集まる仕事場では

 

 

「誰かと誰かが悪口を影で言い合っている」

 

「裏では蹴落としあいが頻繁に起きている」


 

といったことも起きるかもしれません。

 

そういった「誰かと誰かの板挟み状態」となってウンザリしている人も多いのです。

 

そこでストレスを和らげるためには、肯定も否定もせず中立を保つことが重要です。

 

例えば、様々なシチュエーションが考えられます。

 

 

誰かの悪口を振られるとき

例えば「◯◯さんって全然仕事できないよね〜、使えないし迷惑」と話を振られたらあくまでも ”中立な立場”を貫いて

 

「そういった感じなんですね〜」

 

「まあ色々な人がいますしね。」

 

など受け流すことが大切です。

 

大抵の場合、誰かの悪口を積極的に言う人は「派閥」を作りたがる傾向が強いです。

 

そんな時に、悪口に便乗してしまうと「〇〇さんは〇〇派だ」などと勝手に位置づけられます。

 

そうならない為にも拍子抜けした答えで、ノラリクラリとかわすことが重要です。

 

 

 

意見を求められるとき

「あなたはどう思う?」

 

「あの女、卑怯だと思わない?」

 

など、同調して欲しい感を出してくる人もいます。

 

そこで「確かにそうですが、気持ちはわからないこともないので何とも言えません」と肯定も否定もせずあしらっておきましょう。

 

このように深く干渉するのではなく、あくまでも「あなたたちの迷惑な人間関係には興味がない」という気持ちと姿勢を示すことで、過度なストレスを抱えなくても済むようになります。

 

 

 

何もかもに期待しないこと

あなたの中で

 

「職場の人間関係はこうあるべきじゃないの?」

 

「もっとお互いをカバーし合い、助け合えば良いんじゃないの?」

 

と何かしら仕事の人間関係に対して求めるものはあるかもしれません。

 

しかし、実は期待しないことがかえって大切なのです。

 

現実はドロドロした人間関係で現実と理想は違うことがあります。

 

あなたが期待することで、かえってストレスを感じてしまうのは自分自身なのです。

 

ウンザリしてしまうような人には「あの人はああいう言い方しかできない人だからどうしようもない」くらいの突き放した感じで良いでしょう。

 

例えば上司でもそうですし、女性の厳しい人でもそうです。

 

まともに接することができない人を"普通でない人”と決めて、何も期待しないように意識つければストレスは劇的に和らぐので、ぜひ実践してみてください。

 

 

仕事先の上司にイライラするときの4つの対処法

 

 

転勤して人間関係をリセットする

仕事場全体の人間関係にウンザリしていれば「人間関係をリセットするために転職する」方法も良いでしょう。

 

例えば、

 

 

「上司と◯◯さんが険悪で、それが職場内にまで影響してウンザリ」

 

「女ばかりの職場で陰口やヒソヒソ話ばかりでドロドロしている」

 

といった環境もあるでしょう。

 

そんなところでは、あなたがいくら頑張っても長続きはしません。途中で「もう限界・・」と崩れ落ちてしまうかもしれません。

 

そうなる前に転職してウンザリする人間関係を断ち切ることも大切です。

 

仕事は人間関係が基本にはなるのは誰もが知っての通りですが、その中に

 

 

「根が根本的にずるい人」

 

「極端に性格が悪い人」

 

「人間性に著しく難がある人」

 

 

などが集まれば個人の努力では中々解決するのは難しいこともあります。

 

さらに、息がつまる環境ではストレスが日に日に溜まり、取り返しのつかない事態にも十分なりえます。

 

次の仕事は人間関係が良好であることを信じて転職することも候補にいれてみてはいかがでしょうか。

 

 

(まとめ)

butterfly-1127666_640

 

 

仕事での人間関係はウンザリすることだらけですよね。

 

ある調査では、人間関係に関するストレスを感じている人が8割以上とされています。

 

人間関係で悩んでいるのはあなただけでなく、多くの人が悩んでいるのです。

 

ここでは4つの対処法を紹介しましたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

仕事先の上司にイライラするときの4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

 

仕事場の上司に毎日イライラしていませんか?

 

「上司は仕事ができなくて困る」

 

「ガミガミうるさい上司に会いたくない…」

 

など仕事場で悩みがあるかもしれません。

 

イライラしすぎてストレスが溜まってしまいますよね。

 

そんな環境で働くのは苦痛ですので、その時の対処法を4つ紹介していきます。

 

 

 

適当にあしらって自分の仕事に集中する

「ごちゃごちゃうるさい上司」や「まわりくどい上司」などイライラする上司は多いものですが、そんなときは適当にあしらうことが大切です。

 

なぜなら過敏に反応するからこそイライラしてしまうからです。

 

適当にあしらう方法としては、

 

 

・「わかりました。」の一言だけで会話を終わらせる

 

・「そうですね~はい。」とわかったふりをして距離をおく

 

・相槌だけで終わらせる

 

などが効果的です。

 

あなたが、上司にイライラして仕事の効率が悪くなるのは良くありません。

 

つまり「イライラする」という無駄な労力を使わないためにも、自分の仕事に集中することが重要ではないでしょうか。

 

ごちゃごちゃうるさい上司との会話は何ら意味もないと思い、早めに切り上げるようあしらえば良いのです。

 

そして出来る限り、イライラする上司と接する時間を少なくしていきましょう。

 

そうすれば、自分の仕事に集中してイライラがいつの間にか消えていきます。

 

 

 

身を引くか、自分を変えるか

中にはどうしても生理的に合わない上司がいるものです。

 

 

・その上司が目の前にいるだけでイライラする

 

・横で電話しながら笑っている姿にイライラする

 

・営業なのに内勤しかろくにしていない、など仕事の仕方にイライラする

 

など、イライラが収まりきらないこともあるでしょう。

 

要するに、その上司が近くに存在しているだけで嫌な気分になったり、ストレスを感じてしまうのではないでしょうか。

 

 

そんなときは

 

 

「あなたが身を引くか」

 

「あなたが変わるか」

 

 

のどちらかです。

 

なぜなら、上司はこれから先一緒に仕事をしていくことになるため、あなたがアクションを起こさない限り何も変わらないからです。

 

ここでの「身を引く」は辞めることを指します。

 

仕事を辞める断トツ1番の理由は「人間関係」なんです。

 

イライラしっぱなしの状態で仕事をしても成長はしません。

 

ただ、「こんな上司のために仕事を辞めたくない!」と思えば、あなたが変わるしかありません。

 

人を変えることはできないので、あなたが上司を見る目を変えてみることが大切です。

 

例えば、「上司もいろいろ背負ってて大変なんだな~」「かわいそうな人だな~」と労わる気持ちや、哀れむ気持ちを持つと良いかもしれません。

 

オススメは哀れみの気持ちをもって接することです。

 

そうすると、イライラが軽減されます。ぜひ実践してみてください。

 

 

 

突き放し、突き放されの関係を作る

question-mark-96288_640 (1)

 

 

あなたが仕事熱心に対して、上司がダラダラしてて仕事ができない人であれば尚更イライラしますよね。

 

そんなときは思い切って突き放しましょう。

 

突き放すといっても「一切口をきかない」というわけにはいかないので、

 

 
「この仕事は私がやるので他の仕事をしていても大丈夫ですよ?」

 

と一緒に仕事をする機会を極端に減らすことです。

 

そうしてあなたが上司を突き放していると、上司もあなたを突き放すようになります。

 

そういった割り切った関係であれば普段は干渉することなく仕事に取りかかれます。

 

しかし、肝心なプロジェクトや企画、会議などの場では接する機会が必要になるときがきますが、それも一瞬の話です。

 

そこで「上司の評価が悪くなれば昇給や昇進に響かないの?」と疑問に思う方もいますが、”結果"さえ出しておけば問題ありません。

 

イライラする上司に干渉されることなく仕事して、自分のペースで結果を出す努力をすれば良いのです。

 

 

 

デキる人とコミュニケーションをとる

イライラする上司と一緒にいては何も進みません。

 

そのため、仕事がデキる人とコミュニケーションを図り仕事を進めていきましょう。

 

上司とは当たり障りのない程度に接しておき、あなたの仕事を理解してくれる、または一緒になって仕事を進めれる人は同期や後輩がいるはずです。

 

そういった人たちと接することが大切です。

 

 

「やっぱり◯◯はわかる人だ!」

 

「◯◯との会話はレベルが高く仕事が進めやすい!」

 

 

などあなたにとって刺激となります。

 

さらにあなたの悩みを打ち明けてもよいかもしれません。

 

例えば、

 

 

・「上司の◯◯は優柔不断すぎてイライラするんだけど、どう思う?」

 

・「何回も同じこと言ってきてウンザリなんだけど..」

 

・「ガミガミ嫌味ったらしく指摘する上司がうざいんだけど…」

 

など、優秀な人はそういった合わない上司に対する対処法を心得ているかもしれません。そこでアドバイスを貰えれば尚良しです。

 

そうやって仕事を進めていけば、あなたの成長のためにもなりますし、かえってストレス軽減となるでしょう。

 

 

 

(まとめ)

wire-mesh-1117741_640

 

 

いかがでしょうか?上司にイライラして働いている人は実に多いものです。

 

まとめですが、そんなときは

 

 

・適当にあしらって自分の仕事に集中する

 

・身を引くか、自分を変えるか

 

・突き放し、突き放されの関係を作る

 

・デキる人とコミュニケーションをとる

 

といった、あなたに合う対処法をとっていただければ幸いです。

 

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ