仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 職種 » 

トップエリートが働く商社業界を激務で辞めたくなる時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

総合商社は世界に冠たる日本のトップ企業集団です。

 

個性的な集団が織りなすビジネスは長い間、日本経済を牽引してきました。

 

就職したい企業でもトップレベルの位置を誇り、多くの方が自分の仕事を行っていく上で国際的に高いレベルのビジネスを行っていける商社での仕事を希望します。

 

 

しかし、この業界はとても激務な事でも知られています。

 

 

普段からハードな仕事と海外転勤、異動など、人生のほとんどを仕事で費やす覚悟があればこのような業界に飛び混んでいくのも一つの選択肢かもしれません。

 

商社の激務、紹介します。

 

 

朝から晩まで働ける環境

商社マンは昔からハードな仕事を行う事で知られています。

 

厳しさ覚悟で大きなビジネスを成功せたい方にはこのような業界はオススメです。しかし、その覚悟がなければ辞めた方がよい業界でもあります。

 

 

・給料が高いとはいえ、ありえない量の残業

 

・仕事以外を重視しようとする社員に冷ややかな視線

 

・ここはまるで軍隊か!?というほどの体育会系

 

 

 

こんな感じで、裏では有名企業とはいえないような激務が展開しています。

 

また商社マンは、日本とは大きく異る商習慣の海外で過ごす時間が多いので、本人はもとより家族にも大きな負担がかかる業界。

 

給与もステータスも1級品の業界ですが、その分ハードな毎日が待っているのです。

 

昔のような口銭商売が中心だった頃は仕事が終われば接待で朝まで飲むという武勇伝も多くある業界でした。

 

まさに人が命を地で行く業界です。

 

このような業界で働くとほぼプライベートはないに等しいです。働いて帰って寝るだけの生活が貴方を待っています。

 

自分の人生をかけて仕事を頑張りたい方には最適な業界ですが、高給にはやはり大きな代償が伴います。

 

滅私奉公でノイローゼや過労死は当然の業界ですので、心身共にタフである事が要求されます。

 

自分の精神の限界まで働いていける方がこの業界で生き残っていけるのです。

 

生き馬の目を抜くと言われるのがこの業界の特徴です。

 

金さえ稼げればどんな激務でもいいんだ!という方には持ってこいの業種と言えます。

 

 

 

世界中に転勤の可能性がある業界

world-1264062_640

 

 

今後のビジネスの国際化を考える中で商社で働くと世界中に転勤の可能性があります。

 

商社のビジネスが今や世界をまたにかけて資源等の権益やプロジェクト・ファイナンスにビジネスモデルが移行していっています。

 

その中で商社の果たす役割は大きくなっていきます。まさに商品だけではなく、投資や情報、物流までありとあらゆるものを取り扱う時代。

 

 

言わば、商社マンは「儲かりそうな気配」にはとことん首を突っ込んでいきます。

 

 

また海外に転勤しない事は歩のないので、そのような点からも商社マンは大変です。

 

家族を伴っての転勤等は日常茶飯事。

 

その為、子供の教育問題、住居の問題等、多くの問題を考えていかなければなりません。

 

給与は高くて楽しいですが、やはり、家族とのんびり過ごす時間等を求める方には大変な業界である事に変わりはありません。

 

合コン等で人気の総合商社マンですがやはり、多くの方にとって大変な激務であるのは事実。

 

自分の幸せって何なんだろう?

 

こんな疑問を抱き、退職していく人も多い。

 

 

 

 

エリート意識の強い方との競争に疲弊

商社に入る方は大変エリート意識の強い方が多いのが特徴です。そのような方とのハードな競争は心身をとても疲弊します。

 

年功序列な上に、いかにして結果を出すのかという実力主義でもあります。

 

漫然とやっていればボーナスに著しい差がでるばかりか、所属する部署にも差がでてくる。

 

何年も在籍しているのに、後から来た後輩が花形部署で、自分は普通部署。こんな話もザラにあります。

 

 

そのため普段から自己研鑚の連続。

 

それが自分自身の本当の身につくスキルであればまだしも、ライバルに勝つための、出世競争を勝ち上がるための努力となると疑問を抱き始めてしまう。

 

ましてや、人の足をすくおうとする人間も多い業界・・・。

 

熾烈な競争社会をがめつに上を見て行きたい方にはおすすめですが、日々、毎日大きな仕事を行う事を夢見ている方達との熾烈な人間関係に嫌気が指す方はこのような業界は避けた方が賢明でしょう。

 

最後に残るのは疲労だけです。

 

 

 

 

最後に

tiger-591359_640

 

 

この業界は仕事以外にやり甲斐を見つけたい方には向いていません。

 

日々経済の最前線で働く業界ですので、大変刺激的ではありますが、ハードで過酷な仕事が普段から要求されます。

 

どんどん増えてくる新たな時代の流れをいかに掴んでビジネスに結び付けれるかどうかが商社ビジネスの本流です。

 

商社ビジネスは確かに最先端を行っている感は強いです。

 

しかし人生にはそれ以外にも人重要な要因もあります。

 

その点を考えて自分らしいビジネスを行っていきましょう。

 

生活を安定させるためには収入の大きさは重要ですが、それ以外のプライベートも充実させる生き方も一つです。

 

ワークライフバランスを上手く考えていく人生も一考してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

年収1000万でも辞めたくなる激務な金融業界とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

金融業界は大変ハードな業界です。

 

高給且つステータスの高い業界として知られていますが、その分仕事は激務です。

 

中にはとんでもないノルマが課せられる分野もあります。

 

朝から晩まで繰り広げられるハードな競争に嫌気が差して転職を考える方も沢山いるのが現状です。

 

日本を代表する企業の裏側は熾烈な競争社会です。

 

 

 

 

 

 

熾烈な競争が繰り広げられる銀行

銀行は大変多くの方が就職を希望する業界です。

 

学生の方にとっても就職したいランキングの上位に名前を連ねる有望な業界ですので、どなたも一度は憧れる素晴らしい業界と言えます。

 

しかし、ドラマ半沢直樹にも描かれているように融資の難しさや行内の派閥の関係等、多くの心労を抱えやすい業界でもあります。

 

 

・新規融資ノルマや保証協会へのノルマ

 

・法人や個人の過酷なカード獲得競争

 

・人事考課のための無理な資格取得

 

 

 

華やかな表舞台とは裏腹に、銀行業界では熾烈な出世争いが繰り広げられる。

 

その点からも精神的なストレスを感じて、離職する方が多いのが特徴です。

 

また派閥や学閥等、昔ながらの日本社会的体質が色濃く残る業界でもあるので、その点からしてもある意味で封建社会ともいえます。

 

長年の苦労も最後は関連会社に出向等の形で幕を閉じる事が多い。

 

やっと自分の地位を勝ち取り、落ち着いたと思ったのもつかの間、急な「転勤」を命じられる。いわば在職中は転勤等で日本全国たらい回しです。

 

この出向や転勤も上層部の「裏の意図」を感じさせられて精神的にも疲弊してくるのです。

 

また給与も若い頃はそれほど高いわけではなく、完全な年功序列的な体質。

 

安定したイメージが強いですが、その反面多くの見えない苦労があるのです。

 

 

 

 

日々の相場に振り回される証券マンの悲哀

stock-exchange-1222518_640

 

 

証券会社の人間も銀行員に負けず劣らず大変なハードワークです。

 

むしろハードなノルマや体育会要素満点の人間関係の大変さは銀行員よりも上かもしれません。

 

特に営業分野は大変です。

 

数字が人格の世界ですので、とにかく何がなんでも数字を上げ続けるしか方法はありません。

 

証券会社の主力商品は株式や投資信託が中心となるので、株式市況が大変大きな意味を持ちます。

 

また証券会社の仕事は手数料を稼ぐ事が当然の目的ですので、顧客の資産を大きく毀損させる事は当然ですがあります。

 

そのような環境の中で会社と顧客の間で板挟みになることも頻繁にあります。

 

朝から晩まで、ノルマ必達の為のハードな外交を行い、上司のパワハラに心身的にも疲弊して退職を考える事も多いです。

 

当然離職率も高い職場です。

 

大手の証券会社では20代後半で年収1000万円を超える方も多いですが、その分、朝から晩までハードな仕事を余儀なくされる場合が多いので、本当に体力勝負です。

 

常に負けず嫌いで前を向いていく気持ちをなくしたら終わりです。

 

体育会系の精神論や根性論が支配する伝統的な日本型企業ですので、その点からもハードな打たれ強さが要求されます。

 

 

 

友人、親類を食い物にしていく保険業界

保険業界も負けず劣らずハードな業界です。

 

一般社会において保険は重要な要因です。

 

大手の生命保険会社や損害保険会社も最近では人気の就職先となっています。

 

保険業界もまた新規顧客の獲得や既存顧客の解約阻止に動くハードな業界です。

 

最近では特にインターネットでの保険の販売が盛んになっているので、競争は益々激化しています。

 

そのような環境の中で、新規の顧客の開拓を行いながら自分の顧客の解約抑止に動くなど大変な思いをするのが保険会社の特徴です。

 

 

また人の死亡や重大な事故災害に関する保険に関しての事です。

 

保険の外交員は人の葬儀に積極的に出席します。

 

なぜなら、身内の死を目前にした遺族には、終身保険が売れるからです。

 

人間の死さえも、マネタイズしようとする保険業界。

 

顧客と頻繁にトラブルいなったりする事も多いので、精神的には大変な思いをする事が多いです。

 

自分の身内や友人にも加入をお願いしていく事がもはや一般的なので、その分プレッシャーもかかってきます。

 

こんな事をしているとまるで、「ねずみ講」を販売しているような卑屈な気持ちにもなってきますよね。

 

もはや数字を上げることだけが一人歩きをしている激務まみれの保険業界。

 

 

 

 

最後に

daisy-1317232_640

 

 

金融機関は大変ハードな職場です。

 

エリート意識が大変強い方との競争が延々と繰り広げられています。そのような環境で頑張って行けるかどうかが大変重要な事です。

 

かなりの離職率を誇る業界でもありますので、多くの我慢等も必要。

 

ハードな仕事と人間関係の狭間で苦しんで行く方が多いのは当然ですが、体や精神を壊してまで仕事を行っていく事は賢明な選択肢ではありません。

 

自分にとって最良の人生とは仕事を頑張り、友人や家族と過ごす時間をいかに楽しんで過ごしていけるかどうかです。

 

長い人生の中でそこで学習できる事は大変ありがたく勉強になるのですが、仕事のみで体を壊してまで継続していくのはいかがなものでしょうか?

 

仕事になんの楽しみも見いだせず、ただ辛いだけなら早々に見切りをつけて新たな人生を歩んでいくのも一つですね。

 

 

 

 

 

 

もう嫌・・・管理職を辞めて転職を決断したきっかけ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

 

「管理職なんてもうしたくない」

 

「もう管理職という立場に疲れた」

 

という悩みを持つ30代、40代が非常に増えています。

 

そこで一からやり直すためにも転職という決断をくだして現在はのびのびと働けている人もいます。

 

そんな人たちはどういった境遇で転職を決断したのか、そのきっかけを紹介していきます。

 

参考にして下さい。

 

 

 

管理職の立場を全うできていない

この手のタイプは真面目な性格で仕事熱心な方が多く見受けられます。

 

さらに「管理職とは◯◯というものだ!」と意気込んで仕事に望んでいたことでしょう。

 

しかし、

 

 

・現状は管理職としての立場が全うできていない

 

・他の社員と仕事内容が変わらず立場上、気まずい

 

・管理職なのにミスしてばかり

 

など「管理職なのに◯◯できていない」といった劣等感がストレスになり嫌気がさしてくるのです。

 

 

そうすると周囲から

 

 

「どう思われているのか」

 

「冷ややかな目で見られてないか」

 

「給料泥棒と思われてないか」

 

 

と気になり始めて徐々に心身ともに疲れ始めてしまいます。

 

中間管理職に昇進したときの熱意ややる気はすでに失われ、この上ない喪失感をもって仕事をするようになってしまいます。

 

 

 

 

上からの圧力がひどいとき

heavy-934552_640 (1)

 

 

 

管理職ともなると会社から求められる内容や責任も重たくなりはじめます。

 

しかし期待に応えられないと上から罵倒されたり、バカにされたりと人格否定をされているような錯覚に陥ってしまいます。

 

さらにこちらの都合を一切考えず無理難題な要求をしてきたり、明らかに終わらない仕事量をふってきたりして、挙げ句の果てには疲労困憊で疲れ切ってしまいます。

 

仮に休職願を提出したとしても、

 

 

・「もっと管理職としての自覚をもて!」

 

・「管理職になれてることにありがたく思え!」

 

・「無責任なこと言うんじゃない!」

 

と一蹴されてしまいます。

 

 

要するに、会社側は管理職の人間を使いたいように使い、「仕事を辞めさせない」という状態にしたいのです。

 

 

年功序列で生きてきた管理職以上の人間というのは理不尽で傲慢な人が現代の社会では多いので、「管理職にはなりたくない!」と嘆く人も増えてきています。

 

 

こういった会社の奴隷になっている感も、管理職を辞めたくなる要因の一つと言えるでしょう。

 

 

 

 

部下との人間関係に疲弊

管理職ともなると当然部下をたくさん持つことになります。

 

それが数人なのか、数十人なのか、多ければ多いほど部下の管理とマネジメントの負荷がのしかかります。

 

全員が全員と円滑にコミュニケーションがとれれば良いのですが、現実はそう甘くありません。

 

 

・部下に指示をすると嫌な顔をされる

 

・枠を外れた勝手な仕事ばかりして注意しても聞かない

 

・上の愚痴や不満をタラタラ聞かされる

 

など、管理職ならでは「対部下」へのストレスは非常に大きいのです。

 

更には会社からは、

 

 

 
新人の〇〇が仕事ができないのはお前の教育の仕方に問題がある!

 

 

こんな理不尽なことまで言われ、疲弊していく・・・。

 

 

こういった人間関係に悩みながら仕事をしていると集中できず、大きなミスにも繋がってしまいかねません。

 

「部下なんて持ちたくない!」という気持ちが大きくなるにつれ転職を考え始める人が非常に多いのです。

 

 

 

 

板挟み状態を体験するとき

管理職は上司やその上層部と、部下の中間の立ち位置になります。

 

そんな板挟みが原因で管理職から逃げ出したくなる人が多いのが現状です。

 

それもそのはず、これはストレスとプレッシャーを最も感じるからです。

 

例えば、

 

 

・「上からは予算達成を要求されているけど、部下はやる気のない人間が多くどうして良いかわからない…」

 

・「部下からの上の人に向けた改善要求を自分が伝えなければいけないのが嫌...」

 

・「上の意見と部下の意見が合わず仕事が進んでいかない…」

 

と悩んでいても、それらの解決策は管理職に求められます。

 

最初の内は「何とかしなければ!」と立場を全うするよう努力しますが、時には「どうすることもできない事」がのし掛かります。

 

そうしていく内にストレスが溜まり続けて「もう管理職から逃げ出したい!」と思う人が多くなってしまいます。

 

 

 

 

「それくらいできて当然でしょ?」という目で見られる

管理職になれば大方30代、40代でしょう。

 

会社勤務も長く、一定以上の事務作業やPCスキルはできるものだと思われます。

 

立場上そう思われることは当然かもしれませんが、実際は

 

 

・「報告書はグラフを使って作成してください」と言われたけどやり方が分からない

 

・部下から「関数を教えてください!」と言われるけど知らない

 

・「進捗表をまとめといて」と言われるけどまとめ方がイマイチ分からない

 

 

などの悩みを抱えているかもしれません。

 

しかし、分かってて当然という前提で言い寄られるので、そこで「実は分からなくて…」と恐る恐る言うと驚かれてしまいます。

 

 

 
そんなことも出来ないんですか?今まで何やってきたの?

 

と落胆されたり、冷ややかな目で見られてストレスを感じてしまいます。

 

 

「新人でもないし、今更聞くにも聞けない」といった状態に息苦しさを感じて一から新しい環境で働きたいと思う人も多くいます。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

現在のあなたでも同じような境遇に立たされているかもしれません。

 

「1日でも早く管理職を辞めたい」「一からやり直したい」と感じているのであれば、管理職という立場を捨てて転職することがストレス解消にもなります。

 

現状のままで精神的に支障をきたし、うつ病になりそうであれば迷わず転職されることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

営業を辞めたい!そう思う瞬間5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

営業をしていれば、

 

「もう営業むり!」

 

「なんで営業なんて選んだのだろう!?」

 

と思ったことは一度や二度あるかもしれません。

 

営業は数字にシビアであったり、売上に直結する仕事なので厳しい職種とも言えます。

 

とうぜん営業を楽しめれば一番良いのですが全員が楽しめるわけではありません。

 

そこで多くの人が営業を辞めたい!と思う瞬間5選を紹介します。

 

 

 

ノルマに日々追われる

営業と言えばまず脳裏に浮かぶのは「ノルマ」または「個人予算」などではないでしょうか。

 

会社に与えられた個人のノルマを達成しなければ上司に詰められる、なんてことはよくある話です。

 

社会人であれば大方の人がまず営業を経験しますよね。

 

それだけ営業職に従事している人は多く、とうぜん全員がノルマを達成できるはずがありません。

 

 

・「同期の◯◯はノルマを達成しているのに私はミスしてばかり…」

 

・「予算達成するには新規アポイントを後◯◯件獲得しなければ…」

 

・「今月ノルマ達成できなければ上司に怒鳴られる…」

 

 

などの境遇であれば日々ビクビクしながら働き続けなければいけませんよね。

 

さらには直属の上司から、

 

 

 
なんで契約がとれないんだ!?

 

 

 

と詰められて嫌な思いをしてしまうのでしょう。

 

そんなときに「もう嫌、私には営業は向かない!」と感じて営業を辞めたくなってしまいますよね。

 

「営業=ノルマ」は切っても切り離せないので、数字が苦手な人は日々嫌々ながら仕事を続けるはめになってしまいます。

 

 

 

 

新規のアポイント先で撃沈した瞬間

meeting-1020166_640

 

 

新規開拓で営業をしなければいけないときは新しい見込み客先をピックアップして1件1件アポイントを取らなければいけません。

 

無事アポイントが取れて見込み客前に到着すると「ドキドキ」「ハラハラ」して緊張することでしょう。

 

「いざ!商談!」と意気込んで担当者と会うと、

 

 

・「そんな商材はうちには必要ないから帰っていいよ」

 

・「すでに他社と長い付き合いがあるから何を提案しても意味ないよ」

 

・「まあ考えとくよ、気が向いたらこっちからまた連絡します」

 

 

というお決まりの断り文句で相手にされず撃沈してしまうことは大いによくあるケースです。

 

1回ならまだしもこれが2回、3回と連続して起きると一気に「もう営業無理!辞めたい!」と思ってしまいますよね。

 

 

 

取引先との食事が億劫なとき

営業では様々な取引先と付き合っていかなければいけません。

 

勤務時間内だけの付き合いであればまだ良いですが、勤務時間外でも会わなければいけなかったり、食事に誘われたりして嫌々出向かなければいけません。

 

食事だけならまだしも、2次会や3次会など深夜遅くまで付き合わされるハメにも。

 

こんなときは、

 

 

・「この時間苦痛で早く帰りたいよ」

 

・「面白くもない話でも笑わなければいけないのが苦痛」

 

・「無駄な話ばかりで聞いてて時間がたつのが遅い」

 

などと「営業であることが辛い」と感じてしまいます。

 

 

特に中年サラリーマンと食事に付き合わされて昔の自慢話をされたり、会社の愚痴を聞かされたり、何かと面倒な対応をしなければいけないのは苦痛以外のなにものでもありません

 

 

このように、営業をしていると必ずと言っていいほど取引先と食事する機会が設けられます(もちろん全員ではありませんが)。

 

それだけが嫌で営業を辞めたいと思っている人は多いです。

 

 

 

会議の場で成功事例を発表できないとき

営業会議が毎月1~2回開催されているかもしれませんが、そのときに営業マン一人一人が「売上または契約を獲得できた成功事例」を発表する機会があります。

 

会社によっては毎週、毎月といった頻度で行われています。

 

何か成功事例を発表できる案件があれば全く問題ありませんが、特に結果を出せず成功事例を皆の前で話せないときは苦痛でしかありません。

 

例えば同期や後輩が、

 

「前月は◯◯株式会社で◯◯な取り組みをしたことで契約を勝ちとることができました!」

 

と横で発表したにも関わらず、

 

「自分には成功事例と呼べるネタがない…」

 

とのことで発表できず冷やかな目で見られることもあります。

 

そんなときに自分への劣等感と羞恥で「営業は向いてないから辞めてしまいたい!」と思ってしまうのでしょう。

 

 

 

残務処理で残業に追われる

日中は外回りを会社から強いられ、夕方に帰社を求められる風潮の会社は未だに多くあります。

 

外回りで商談してきた案件の見積書、資料、まとめ書類などの作成で21時、22時まで毎日残業、遅い時で終電までかかってしまう場合も営業であればあります。

 

それが週に1回や2回であれば何とか我慢できるかもしれませんが、毎日遅くまで残業となると心身ともに疲労困憊になってしまいますよね。

 

色々と不満が膨れ上がってきて、

 

 

・「もっと自由な時間がほしい!」

 

・「会社に入り浸る生活はもう限界!」

 

・「毎日仕事ばかりでウンザリ!」

 

と思い悩み営業を辞めて別の職種に転職する人も多いことでしょう。

 

過酷な労働環境であれば「残業が当たり前」といった風潮で社員を使い捨てにするブラック企業も一部存在していますが、時間外勤務は本来する必要は一切ありません。

 

そんなときこそ転職を決断するポイントですね。

 

 

仕事が辛い!転職を決断した方が良い、ブラック企業と判断する特徴4選

 

 

 

まとめ

knowledge-1052011_640

 

 

いかがでしょうか?

 

もしかすると当てはまるケースがあったかもしれません。

 

営業で辛い体験をして「営業は合わない、適していない」と感じていれば職種、業界を変えて転職するのも一つの方法です。

 

転職後の仕事があなたに合った職種かもしれませんし、能力を十分に発揮できるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ