仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム » 退職理由 » 

会社を辞めたいけど言えない。そんなアナタを説得します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

会社を辞めたい・・・。けど言えない・・・。言い出せない。

 

辞めたいのにドンドン進むプロジェクト。

 

辞めたいのに舞い込む新しい仕事。

 

こんな言いたいけど言えない空気感で困っている人、意外なほど多いかと思います。

 

責任感が強かったり、精神的に控えめな性格の人に多いかもしれませんね。

 

 

最初に言っておきます。

 

 

このままその会社で仕事をしてても確実にアナタは幸せにはなれません!

 

 

辞めたいのに言い出せずに、ズルズル行くことのリスク。会社が辞めさせない理由を詳細に説明します。

 

 

 

 

ダラダラ続ける事で失うもの

嫌な気持ちなのに、その会社で仕事を継続することで失うものがあります。

 

 

・その時そこでしか過ごせない時間

 

・本来なら普通にできていた自己成長


この2点です。

 

 

 

その時そこでしか過ごせない時間

clock-650753_640

 

 

唐突ですが、アナタは人生の残り時間を考えた事があるでしょうか?

 

 

仮に今、あなたが25歳と仮定します。日本人の平均寿命が約85年です。

 

まだまだあと60年もありますね。科学の進歩で寿命も年々伸びてきているのでまだまだ長いです。

 

 

しかし実態はどうでしょうか?

 

 

これを時間にならすと、1年が365日。60年は21900日です。

 

時間にすると24時間×21900日は525600時間になります。

 

85歳まで生きたとして、残りの持ち時間が525600時間ある計算になります。

 

この内、1日8時間は睡眠しているとしましょう。すると21900日×8時間で175200時間は睡眠時間です。

 

すると起きている時間は350400時間となります。

 

1日の労働時間を8時間とすると、175200時間を残りの人生に投じる計算になります。(85歳まで働き続けたとして)

 

175200時間は何日か?

 

24時間で割返すと、7300日です。

 

 

何が言いたいのか?

 

 

85歳までフルマックスで働いたとして、残りの仕事に投じる時間は7300時間しかありません。

 

言い出せない、言いづらいとまごついている内に、非常にも時間はドンドン過ぎて行ってしまいます。

 

 

本来早めに切りだしていれば、嫌な気持ちで働く人生を払拭できていたかもしれないものを、ダラダラ引き伸ばす結果、残りの7300時間を嫌な気持ちで過ごすという時間で埋め尽くすことになるのです。

 

 

大雑把な計算ですが、アナタが28歳ならもっと持ち時間は少ない。30歳なら尚更です。

 

 

これが定年間際の引退直前期であれば話しは別かもしれません。残りの持ち時間も少ないからこのまま終わらせようという気持ちが先行するでしょう。

 

しかし、20代、30代は自分自身の人生の土台を築き発展させる礎を構築する大事な時期。

 

 

「辞めたい」という卑屈なマインドで日々仕事に向き合っていては、本来得られるはずであった成長も得れなくなるのは明白です。

 

 

辞めたい気持ちが強いのに言い出せないことは、「その時そこでしか過ごせない時間」を大きく失っているとも言い換えられます。

 

 

 

本来なら普通にできていた自己成長

会社、仕事を辞めたいのに言い出せない状況というものは、得てしてマイナス感情に紐付きます。

 

例えば、社内で何かあるごとに、

 

 

・だからこの会社はダメなんだ

 

・この上司のせいでうまくいかない


 

などの他人に責任をなすりつけるという負の感情にあふれていきます。

 

 

するとどうなるか?

 

 

アナタは強い猜疑心(さいぎしん)を育んでしまうことになります。

 

 

猜疑心とは相手をうらやんだり、疑ったりする気持ちです。

 

ですが嫌な気持ちのまま仕事を継続していると、会社で何か事あるごとに、

 

 

・この会社のこの命令は何か裏があるんじゃないか?

 

・この人事異動はこんな作為があるんじゃないか?

 

・この上司の発言は何か意味深過ぎるな?

 

・ひょっとしてこの上司はカツラなんじゃないか?


 

 

などと本来であれば、大した意図が盛り込まれていない事にもドンドン疑いの気持ちを持って接していってしまうのです。

 

当然の事ながら、こういった負の感情をまとって日々仕事をしていても、自分自身の成長には繫がりません。

 

スパイや、工作員を目指すなら話は別ですが、こういった猜疑心といったネガティブな感情は自己成長に結びつかないのです。

 

 

「本来なら普通にできていた自己成長」を失う典型的な例ですね。

 

 

 

会社は当然の様に退職に拒絶を示す

no-585302_640

 

 

当たり前ですが、会社組織は利益追求団体。売上を挙げてなんぼです。

 

そのための戦略や、組織図、未来図などを当然の事ながら描いています。そのための人員配置というものが存在しています。

 

最近では人手不足も相まって、人材採用にも多額のコストがかかっています。

 

ご存知かもしれませんが、社員一人を雇い続けるのに会社はその人員の給料の3倍近くの費用を捻出しています。

 

手塩にかけて教育を施してきた人材なら尚更です。

 

人材を一人育てるのに多額のお金と時間を投じてる訳です。

 

 

そのため基本的には「辞めない」という前提で全てが進んでいるんですよね。

 

 

社内で辞めたくても言い出せないのは、こういった暗黙の空気感があるせいです。辞めない前提で進んでいる中で、辞めたいという気持ちを外にだすこと自体が異分子なのです。

 

 

ようは退職の意を言い出しやすい職場なんてのは存在しないのです。

 

 

ここでは、法律的には退職の意は2週間前に言えば有効とかウンチクを語るつもりはありません。

 

法律どうこうといった問題は辞める為の手段と取り決めで、本質的な問題ではないからです。

 

 

しかしよく考えれば分かることですが、多かれ少なかれ、退職していった人はこういった辞めにくい空気感の中で、「辞める」と言ってきた人達なのです。

 

法律どうこうの問題じゃなくてです。

 

 

時間の喪失や自己成長の幅を天秤にかけて、決断できるかどうかだけとも言えますね。

 

 

 

最後に:決断を先伸ばしにする決断を断つ

sunset-629473_640

 

 

会社を辞めたいけど言えないという問題は、いってみれば決断を先延ばしにする決断だとも言えるでしょう。

 

問題解決を先送りにするといいますか。

 

このまま継続しているとリアルな現実には目を伏せるという体質が育ってしまいます。

 

人間誰しも、冒険を犯したり、リスクを背負うということに拒否反応を示します。なぜならそのままでいるほうが楽だからです。

 

しかし成功してきた人は、みんな一様になんらかの冒険やリスクを背負ってきた人達。

 

現実に目を向けて、大小あれ決断を下してきた人達なのです。

 

結果、自分の望んだステージなり待遇なりを勝ち取っているのです。

 

 

会社を辞めるという意向を言い出すという決断を下すのも、その一歩と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の責任の大きさで女性が会社を辞めたくなる状況4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

女性の働き方の多様化がどんどん進んでいます。

 

現在、働き盛りの女性は、大きな仕事の責任を負わされるか、女性だからといって責任のない仕事をやらされるか、二極化しているのも問題に。

 

どちらのパターンも辞めたくなる状況に陥る女性が多いのです。

 

キャリア志向があるOL、ワーキングママなどいくつかのケース別に、どんな状況なのかを検証します。

 

 

 

男性社員顔負けのキャリア志向OLの場合

小さなころから優等生として名を馳せ、身内や周囲から期待されて女性リーダーまっしぐらで育った女性社員。

 

学歴や職歴も申し分なく、ほとんど欠点がない完璧主義の人がほとんどです。

 

勉強や新人のころの仕事は、ただ受け身の作業であり、クリエイティビティもなく責任もありません。

 

そうした仕事を完璧にこなしてもどこか達成感がないため、やりがいを感じなくなります。

 

基本的には仕事はできるので、出世もそれなりに早く、女性初の管理職に抜擢される人も少なくありません。

 

そのような優秀なOLが、今までとは反対の立場で仕事を部下に与えたり指示したりする管理職に就いたらどうなるでしょうか?

 

管理職には、トラブルがあったときに部下である担当者の代わりに責任を取るという役割があります。

 

部下の立場のときには指示通り動けばよかったのですが、いざ指示を出す管理職になったら、もたもたする部下をフォローしなくてはいけないのです。

 

そうした優秀な人は、

 

 

・自分ひとりでやったほうが早い

 

・自分が犯したミスではないのに、なぜ自分が仕事の責任を取らなくてはいけないのか

 

と疑問を感じたりするようになります。

 

 

そうした人の中から、このままでいいのかと転職を考える人も出てくるかもしれません。

 

 

仕事のミスを部下の責任にする上司の4つの特徴

 

 

 

仕事と育児と家事に奔走するワーキングママの場合

baby-933559_640

 

 

独身を貫いて自分ひとりだけで頑張るのではなく、仕事を続けながら結婚して子供を産み、育児をしつつ家事もこなす。

 

そんなワーキングママも増加中です。

 

主人に頼らず、育児と家事をひとりでこなすスーパーワーキングママもいますが、主人や自分の親、または義理の親に頼りながらワーキングママ生活を乗り越える人もいます。

 

育児や家事をきちんとやろうとすると、意外と時間を食うこともあります。

 

 

・仕事中に保育園から子供が発熱したと連絡があったら、会社を早退して迎えに行かなくてはならない

 

・子供が病気で学校や保育園を休んだら、自分も会社を休んで自宅で看病しなくてならない

 

 

 

病児保育などのサービスが充実してきているとはいえ、まだまだ完全に普及はしていないのが現状です。

 

そんな制約がたくさんあるワーキングママが、責任のある仕事を担当したり、管理職をこなすことは可能でしょうか?

 

結婚して子供を産んでも仕事を続けているのは、お金のためというよりは、それなりにキャリア志向や出世への意欲があるからです。

 

もちろん報酬もアップするでしょう。子供の教育費のためにも稼がなくてはいけないので、仕事が忙しいのは基本的にありがたいことです。

 

 

しかし、体力が持たなくなったり、子供のために仕事の途中で抜け出さなくてはならないことが続いたりすると、会社はそうした人への対処を考えるようになりますし、自分自身も限界を感じるようになります。

 

 

そして、責任が少ない立場への降格を会社に申し出るか、給料が少しくらい下がっても楽な時間帯で勤務できる企業に転職することを思い浮かべてしまうのです。

 

 

 

何もかも不安な入社したての新人OLの場合

大学受験も楽でなかったのに、不景気の中、過酷な就職活動をやっと乗り越えて、なんとか決まった就職先。

 

女子は資格を取得した方が有利だと聞いてたくさん取得したが、実際に就職が決まったのは、そうした資格とあまり関係のない業種の企業。

 

取得した資格と関係のある業種の企業は、全部不採用だったので仕方ない。

 

とにかく会社で社員として勤務したという実績のためだけにも頑張ろうと前向きな気持ちを維持しようとするけど、意に沿わない業界のため、仕事の責任も感じず働き甲斐をいつまでたっても感じないのです。

 

こんな人は、所持している資格と関係ある業界に転職しようかと思うようになるのは当然。

 

このケースの場合、まだ若いし、企業勤務の経験も一応ありますから、希望の業界で採用してくれる企業はあるでしょう。

 

 

 

その会社のことだけは詳しいノンキャリアベテランOLの場合

バブル景気時代に一般事務職で入社し、給料は自分の趣味の海外旅行につぎ込んできたので、結婚する気など全然ないベテランOL。

 

性格によっては、いわゆる「お局」と揶揄されてしまう人もいます。

 

お局的存在ではなくても、会社のことならなんでも知っている便利屋さんとして、上司にも部下にも頼られているでしょう。

 

しかし、企業の経営陣が従業員を削減する方針を打ち出した場合、真っ先にターゲットになってしまう可能性がとても高いのです。

 

いくら勤続年数が長くてみんなから便利屋さんとして頼られている人であっても、仕事の責任を取ることには長けていないため、会社からはそんなに必要とされていない。

 

そんな人は、退職を迫られる前に辞表を出して転職先を探したり自分で起業したりする覚悟を前もって持っておく必要があるでしょう。

 

 

まとめ:スキルを磨き、プライベートも充実させよう!

tablet-690032_640

 

 

あらゆる経験をするチャンスに恵まれた現代女性。

 

ただ勤務し続けるのではなく、やりがいを求めて男性並みに大きな責任を負う仕事にチャレンジすることもできます。

 

でも、責任を負いすぎて身も心も疲労してしまっては、会社で働く意味がありません。

 

今の自分に合った責任の量を見極め、転職の可能性も心に留めて、スキルを磨くことも大切です。

 

それにはプライベートな時間をしっかり取っておくこと。

 

突き進む時間とクールダウンする時間をバランスよく持つことがキャリアアップにもつながります。

 

そうした心がけを持っていれば、会社を辞めたくなっても、本当に辞めるべきか、とどまった方がよいかを正しく判断できるに違いありません。

 

 

 

仕事の責任が原因で辞めたいと思ったらチェックすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

自分が勤める会社で昇格することで増える任務は、部下たちが行う仕事への責任です。

 

言い換えれば、自分が直接担当していない仕事のミスに対して、責任を負わなくてはなりません。

 

負う責任の程度によっては、会社を辞めたくなるほどになります。

 

そんなとき、本当に辞めるべきか辞めるべきでないか上手く判断できる方法を3つお教えしましょう。

 

 

責任を負うことも仕事だと誇りに思っているか

自分の会社で昇格したら増えるのは給料だけではありません。

 

責任の量も増えてしまいます。

 

昇格したり、給料が増えると、気分的に楽になるイメージを浮かべますが、そうではありません。

 

仕事の責任が増えるから昇格したり、昇給したりするのです。

 

それは、リスクが大きい職業は報酬が高いことと同じ。

 

責任が重い職業やリスクが大きい職業は、ある程度能力がある人しかできないのも事実。

 

できる人が本当に少数だと、依頼してもなかなか引き受けてくれないので、自然と報酬も高くなります。

 

また、責任が重い職業やリスクが大きい職業は、一般的にあこがれの職業のような扱いを受ける仕事がほとんどです。

 

みんなが憧れるような職業というのは、やっている本人も誇りに思ってやっているのが当たり前。

 

だから、できる人が極端に少ない職業やみんなが憧れる職業をイヤイヤやっている人はあまりいないでしょう。

 

高い報酬が得られるだけでなく、大多数の人から頼りにされることを嫌う人はないに等しいのです。

 

では、会社での仕事で置き換えたらどうでしょうか。

 

昇格というのは、基本的になかなかできません。

 

それは、ちゃんと仕事ができないと昇格はさせてもらえないから。

 

昇格したら、昇給するわけですから、会社の支出が新たに増えるのに、わざわざ能力がない人の分を昇給することは絶対にしません。

 

仕事の責任にうんざりしたり、疑問を感じるようにもなったりして、辞めたいと考えるようになったら、部下や上司から信頼されていて、自分でもそれを誇りに思っているかどうか検証してみましょう。

 

そして、もし誇りに思えたら留まればよいし、誇りに思えなかったら会社を辞め転職などを考えればいいのです。

 

 

 

休日や勤務時間外は仕事以外のことを考えているかどうか

garda-202065_640

 

 

超長時間労働で、休みなく働くことが何か月も続くような会社は、当然ブラック企業なのですぐ辞めるべきです。

 

 

仕事が辛い!転職を決断した方が良い、ブラック企業と判断する特徴4選

 

 

しかし、休日はしっかり確保され、給料もきちんと支払われているのに、仕事の責任を強く感じすぎ、仕事が終わったあとも帰りの電車の中で仕事のことばかり考えたり、休日も自宅で残業してしまうことがあります。

 

その仕事が好きで、責任を感じることも仕事のひとつで、休まず仕事のことを考えること自体が楽しいのは一見いいように思えます。

 

仕事が遊びなのですとか、趣味を仕事にしたと自慢し、メディアに頻繁に登場する成功した経営者のような感じです。

 

ただ、企業の中である程度昇格し、責任のある立場になった人でも、一応会社員なので指示される側でもあります。

 

指示される側の欠点は、責任の追及をされたときに前述した経営者のように自分の思うような動きをできないこと。

 

自分の意見と会社側の意見の板挟みになるので、心身ともに負担がかかります。

 

いつそういう状態になるかわからないので、何もトラブルがないときは、勤務時間外や休日では仕事のことは一切忘れ、いざというときに備えるため、エネルギーを温存しておくことがトラブルを乗り越える秘訣なのです。

 

仕事の負担を感じすぎて、会社を辞めたくなったときは、必ず休日や勤務時間外にきちんと会社のことを忘れられているかどうかが、辞めるか辞めないかを判断する基準となります。

 

 

ストレス発散のために出費が多くなっていないかどうか

特定の企業で勤務しようが、自営業として働いていようが、目的はお金を得ることです。

 

会社に勤務したり、仕事をして頑張ったら、仕事の責任を果たしたごほうびとして、報酬をもらいます。

 

頑張ったごほうびなのだから、何かに使いたい、あんなに頑張ってストレスがものすごく溜まったから、ストレス発散しないとやっていけない。

 

それを繰り返し、せっかく苦労して稼いだ給料をどんどん使い果たしてしまうことが多々あります。

 

仕事より趣味に没頭してしまい、その趣味のためにせっかくもらった給料を費やしてしまう人もいるのです。

 

これでは何のために会社に勤務して安定した収入を得ているのかわからず、本末転倒の典型例です。

 

一応仕事の責任を果たしてストレス発散をしているので、心身ともに健康だったりします。

 

でも、結局お金がすっからかんになってしまうなら働いている意味がありません。

 

まず、ストレス発散のための出費をしなかったら、どうなっているのかを考えてみましょう。

 

もし、心身ともボロボロになっていることが瞬時に想像できたら、仕事の責任を果たすことが無駄になっているので、今の会社は辞めるべきでしょう。

 

 

 

まとめ:一度クールダウンして仕事から離れてみる時間を

dog-pool-750564_640

 

 

どんな楽しいことでもずっと続けていると飽きるものです。

 

心では楽しいと思っていても体の方が悲鳴を上げている場合もあるので、必ずちょっと休憩やクールダウンをし、リセットする必要があります。

 

一度クリアにしたことで、気分がスッキリし、また新鮮な気持ちで取り組むことができるのです。

 

仕事の責任のことで、会社を辞めたくなったら、遠慮なくリセットする時間を作り、本当に辞めるべきかどうか考えてみるのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事のミスを責任退職でとりたいケース3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

どんなに細心の注意を払っても仕事でミスしてしまうときはミスするものです。

 

ちゃんと遅刻せずに家を出たのに電車が止まって打ち合わせに遅れてしまったり、本来の担当者が病気やケガで急に入院したため、その人が発送しようと思っていたものが送れなくてクライアント激怒など。

 

思わず、仕事のミスで辞めて責任を取りたくなるケースを紹介します。

 

 

 

ミスの処理をしっかりしたのに責められた時

-shared-img-thumb-OOK75_igiari20141221144639_TP_V

 

 

もしミスを犯してしまったら、まずそのミスが原因でさらに広がる被害を最小限に押さえる処置をし、どうしてそのミスが起きたのか理由などを詳細に検証。

 

その上でミスの経過を上司や関係部署に報告することが大切です。

 

そして、今後二度と同じミスを犯さないようにするためにも、業務の進行を改善する必要があります。

 

ミスをしたことによって、作業工程が見直され、ミスが以前よりずっと減少し、大幅に業績が上がることにつながることも少なくないので、ミスは会社の発展のチャンスでもあるととらえる経営者もいるくらいです。

 

そのような経営者や社員はミスが起こるたびに、楽しみながら改善策を練ります。

 

実はミスは意外とクリエイティブな業務でもあるのです。

 

それなのに、完璧なミスの処理をしたことをやたらに責める上司や他の社員もいます。

 

検証や改善策の提案は、余計な作業だととらえるのです。

 

 
「そんなミス、適当にごまかして隠ぺいしておけばよかったのに、なんで検証とか改善策を練ったりして、うちの会社の汚点をさらすようなことをするのだ」

 

と非難し始めます。

 

隠ぺい工作が積み重なって、近い将来会社に大損害を与えることも知らず、その場を適当にごまかすことしか考えないのです。

 

このような社員の考えや行動を鵜呑みにして、採用していたら、そういう会社の倒産はもう目の前です。

 

勤務し続ける必要はないでしょう。

 

早めにこっそりと求人情報探しに勤しんでください。

 

 

 

ミスの責任を負うため多額の賠償を請求された時

とある企業にとってのお客様が、従業員以外の外部の人々を指すのではなく、従業員自体を事実上の客として悪用している企業もあります。

 

例えば、

 

・その企業が生産している衣服を社員セールとしてやたらに買わせる

 

・勤務しているときはショップ店員でなくでもそこの衣服を絶対着ていなくてはいけない

 

・売れ残った在庫を、いかにも福利厚生のように社員に買い取らせる

 

のように自社の商品を無理やり購入させることで、従業員に自腹で支出させ、会社の利益に悪用するのです。

 

もっとひどい例ですと、社員に損害賠償を請求する企業もあります。

 

ろくに勤務内容の指導もしていないのに、特定の社員の発注ミスなどがあったから、会社に大損害が出たため、その社員に多額の損害賠償を請求しようとする会社もあります。

 

法律の解釈で、請求しても問題ないルールになっているので、従業員側が損害賠償請求に応じないなら、解雇する方向に持っていくのです。

 

 

要は会社にお金を払ってくれない社員はいらないっていうわけです。

 

 

もし、自分のミスに必要以上の責任を迫られ、損害賠償の請求までされたら、無理に戦わず、こっそり転職活動を始め、こちらから辞表を提出した方がよいのです。

 

やたらに感じのいい求人広告をひんぱんに掲載している企業は怪しいと思った方が正解です。

 

単に従業員をお客様として悪用するのが目的なだけだから。

 

 

仕事が辛い!転職を決断した方が良い、ブラック企業と判断する特徴4選

 

 

 

他の社員のミスの責任を負ったら大き過ぎた時

dog-794793_640

 

 

管理職などに昇格したら、増えるのは給料だけでなく責任の量や重さです。

 

自分が担当の仕事の責任だけでなく、複数の部下が担当している仕事でミスがあった場合、責任を取らなくてはいけないというリスクがあるため、給料が高くなります。

 

部下の中には、ミスを連発して何も反省しないどころか、上司や先輩社員の指導が悪かったなど、他人のせいにするような本当に図々しい社員もいます。

 

これでは、

 

 

 
「管理職である自分は、きちんと任務をこなしていたからこそ昇格したのに、自分ひとりでやったほうがマシな仕事で部下にミスを犯され、自分のせいにされるとは実にバカバカしい!」

 

 

 

と疑問はふくらむばかりです。

 

その上の上司や経営者陣に相談しても、やはり管理職である自分の監督不行き届きだとつっかえされるだけ。

 

このように理不尽な責任の押し付けに困っているのに会社が助けてくれない状態に、我慢する必要はあるのでしょうか?

 

 

いやありません。

 

 

企業というのは従業員を保護する義務もあるからです。

 

なのに、特定の社員だけ守りすぎて、本来守らなくてはいけない社員を無視する会社。

 

どちらを保護するのが業績につながるかわかっていない会社に勤め続ける必要などはありません。

 

 

仕事の責任がつらい!退職を決める4つのポイント

 

 

 

まとめ:ミスしたからといって即刻辞める?

sunset-1147168_640

 

 

完璧主義の人ほど、どんな小さなミスを犯しても会社を辞めたくなるくらい責任を感じるものです。

 

たとえそれが他人のミスであってもすぐに謝ってしまう人もいます。

 

謝罪すれば済むってものではないというケースもあるし、ミスしたからと言ってすぐに辞められたら困る社員もいます。

 

案外普段からミスを多発している人の方がすぐ立ち直るので、辞めるという発想が全くなくずぶとく勤務しつづけます。

 

そんな図々しい人が勤務していられるのなら、本来能力のある人がすぐに辞めてしまうのはもったいないです。

 

でも、図々しい人がいつまでもいるから居づらくなったという理由なら、仕事のミスの責任を取りたいという感情がなくても思い切って辞めるのもありでしょう。

 

いろいろなケースを想定して、ミスをしたら辞めるべきか辞めるべきでないか見極めてください。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ