仕事辞めたい

仕事凄く辞めたい

仕事をものすごく辞めたい人に送るアドバイスブログ!

ホーム

転職したほうが良い?めまいで仕事が手に付かない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

仕事をしている最中だけなぜかめまいに襲われる。

 

一時的な疲れからそうなっているだけだ。と思い込んでいませんか?

 

仕事中にだけなる「めまい」は放っておくとかなり危険です。

 

いったい、めまいの原因とは何なのでしょうか?

 

 

 

体が仕事を拒否している

普段は平気なのに仕事を行う時だけめまいが起こるということを考えれば、それは体が仕事を拒否しているのでは、という考えが最初に浮かびます。

 

通常仕事への拒否反応は吐き気や頭痛のような症状として現れやすいのですが、なかにはめまいとして症状が現れてしまう人もいるのです。

 

 

今の仕事はどのような仕事でしょうか?

 

 

・やりたくもないことを無理やり毎日やらされる

 

・受け入れがたい人間関係に悩まされている

 

・パワハラが恒常化している

 

 

こんなことはありませんか?

 

もしもそのようなはっきりとした原因がある場合、その症状は「仕事に行きたくない」というあなたの気持ちが表面化したものである可能性が高いです。

 

仕事場の環境を改善し、あなたが仕事を楽しいと思えるようになるのであれば、その症状も次第に治まっていくでしょう。

 

しかし、それができない場合、めまいが続くどころか、精神病にまで悪化してしまうこともあります。

 

 

精神病になれば、治療は困難を極めてしまいます。

 

軽度であれば、数ヶ月程度で病状が良好になってきますが、重症になると数年間治療しなければならないですし、その間、まったく働けないということになってしまうのです。

 

そうなれば、家族を持つ人は家族にも大きな迷惑をかけてしまいます。

 

そのため、環境改善の兆候が見られないということであれば、今いる職場を変えた方が良いです。それが今後の自分の人生のためになります。

 

 

 

耳鳴りも併発するストレス性難聴

めまいの他にも、耳鳴りがしたり、耳が聞こえにくいというような症状が現れた場合、ストレス性難聴の可能性があります。

 

めまいという症状のため、目に原因があると思いがちですが、実は耳がその原因となっていることもあるのです。

 

ストレス性難聴は突発性難聴とも呼ばれます。

 

心因性のものの場合、ストレス性難聴と呼ばれるのですが、仕事の時間に症状がより強く現れるということであれば、ストレス性難聴である可能性が高いです。

 

ストレス性難聴はかなり厄介な病気です。三ヶ月で治る人もいれば、数十年苦しめられる人もいます。

 

原因がはっきりとわかっていないため、根本的な治療法が存在していないのです。

 

とはいえ、やはりストレスに原因があると言われています。治療としては安静にする他、道はありません。

 

早期治療の有無によって今後が左右される病気でもありますので、ストレス性難聴になった場合は、早めに治療を開始しましょう。

 

休職や転職という道も、積極的に考えるべきです。

 

 

 

自律神経が原因の緊張型頭痛

めまいがする時はいつも頭が痛いということであれば、その原因は緊張型頭痛である可能性があります。

 

これはストレスにっよって自律神経のバランスが崩れることによって発生する病気です。めまいよりも頭痛に悩まされる人が多いですが、なかにはめまいの症状のほうが強く現れる人もいます。

 

緊張型頭痛はストレスによっても発生しますが、生活習慣の乱れも大きな原因となります。睡眠時間が少なかったり、毎日お酒を飲みすぎていたり、栄養バランスが悪かったり、というようなことです。

 

そのため、緊張型頭痛によるめまいに悩まされている人は、まずは自分の生活の乱れを正すということを意識しておきましょう。

 

もしも仕事の関係で、どうしても生活習慣が乱れてしまうという人は、ストレス解消を心がけると良いです。

 

湯船にしっかりと浸かる、というのも効果があります。それでも治らない場合は、仕事を変えるしか方法はありません。

 

 

回転性めまいがするメニエール病

メニエール病は回転性のめまいや、頭痛、吐き気、耳が聞こえにくくなるというような症状が起こります。

 

激しいめまいに襲われる人は、それにより嘔吐してしまうこともあり、そのような状態が一時間以上続くこともあります。

 

症状の頻度としては、一年に一回しか発生しないという人もいれば、毎日発生する人もいるというように、人や状況によって様々です。

 

メニエール病も治療法が確立していない病気ですが、やはり原因はストレスであることが多いです。心理的負担やストレスが多い時期に、症状もひどくなります。

 

また、突発性難聴を放置した結果、メニエール病になってしまう人もいます。

 

改善のためには、ストレスのない生活を送るしかありません。

 

仕事上、どうしてもストレスがかかってしまうということであれば、仕事量を減らすか、転職をおすすめします。実際、メニエール病になったことがきっかけで転職を決断したという人は多いです。

 

メニエール病になるほどのストレスというのは、尋常なストレスではありません。とてもじゃないですが、正常に仕事ができる環境ではありませんし、まともな場所でもないです。

 

変に我慢をすれば、自分を傷つけるだけの環境ですので、早急に脱出するようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。めまいという症状から考えられる病気は様々あるということが理解できたはずです。

 

ただ、それらはほとんどストレスが原因であることが多いです。健康がなければ仕事はできません。

 

そのため健康第一を念頭におき、健康を疎外しない仕事場を探すようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事から体力的、精神的に疲れて出来る心因性蕁麻疹の原因はストレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

今まで特に何のアレルギー症状も出ていなかったのに、急に蕁麻疹が出てしまい悩んでいる人は意外に多くいます。

 

蕁麻疹の原因は例えば食事が体質に合わない、肌が乾燥している、季節の変わり目と様々あります。

 

 

その中でも厄介なのが、仕事が原因の蕁麻疹でしょう。

 

 

どうして蕁麻疹が出てしまうのか、どうしたらいいのか等をご紹介します。

 

 

 

蕁麻疹とはどんな症状?

蕁麻疹の大きさは色々とあり、2㎜3㎜程度の小さい点々が幾つも出来たり、10円玉大のものが出来る、もしくはもっと大きなものやミミズ腫れのように出る事もあります。

 

時間が経つとさっきよりも大きくなっていたり、範囲が広がっていたり、そして痒いからと引っ掻いてしまうと更に拡大してしまう場合があります。

 

出来た後は、早ければ数分、遅くても数時間で消えてしまいますが、一度ではなく何度も繰り返し出来る事が多いです。

 

痒みは強く、そして若干ですがピリピリと肌が焼け付くような痛みを伴い、出来る場所は顔に首、胸元に背中、手足やお腹と皮膚ならばどこにでも出来ます。

 

人によっては唇、瞼にも出来ますし、恐ろしいのは口内や胃、気道といった体内に出来る場合です。

 

こういった場所に出来ると、呼吸困難になってしまう恐れがあります。

 

ただの蕁麻疹だから、と放っておくと大変な事になってしまうのです。

 

 

体力低下だけではなく、ストレスから心因性蕁麻疹になる事もあります

残業続きであまり睡眠時間が取れない、食事も疎かになっている、仕事が忙しくて体が疲れてしまった等、体力低下により蕁麻疹が出てしまう事もあります。

 

しかし蕁麻疹は体の疲れから、だけではありません。

 

忙しい毎日にストレスも徐々に蓄積され、体力的には特に問題がなくても、心の疲れからある日急に蕁麻疹が出てしまうといった場合もあるのです。

 

心因性蕁麻疹は夕方から夜にかけて、もしくは毎回同じ時間帯に出てしまう事が多いです。

 

例えば朝仕事へ行く前に、日中仕事中に、仕事を終えて夜に家に帰ってきてから等です。

 

出る範囲も大体同じ場所が多く、もしも

 

「生活改善して健康的な毎日を送っているけれど、どうしても蕁麻疹が出てしまう」

 

という時は、ストレスの原因を考えてみましょう。

 

 

 

ストレスの原因を考えてみる

仕事でミスをして落ち込んだ時にストレスがかかったり、職場の人と反りが合わない事から、仕事で緊張してしまうせいで、ストレスの原因は人によって様々です。

 

過去に嫌な事があってそれを思い出す度に蕁麻疹が出てしまう、といった人もいるのです。

 

一度紙でもスマホのメモ機能でもいいので、ストレスの原因を書きだしてみましょう。

 

蕁麻疹が出る時間帯とその時の気持ちを記録してみるのもいいと思います。

 

朝なら仕事へ行くのが辛いからかもしれませんし、仕事中や仕事終わりなら職場の人や仕事中に起こった事により、ストレスを感じたのかもしれません。

 

緊張しやすい人の場合は、過度なプレッシャーが原因にあるのでしょう。

 

例えば就職、転職したばかりの時、会議の前や最中等にプレッシャーを感じたり、緊張から出てしまう事もあります。

 

 

 

蕁麻疹を抑える方法

蕁麻疹が出ても、あまり気にしてはいけません。

 

痒みも痛みもありますし、目に見えて赤く皮膚が盛り上がるので気にしないのは難しいかもしれませんが、敢えて見なかった事にしましょう。

 

気にすると余計に広がってしまいますし、それがストレスになってしまいます。

 

時間が経てば消えるので、決して擦ったり掻き毟ったりしないようにしてください。

 

痒みを我慢出来ない時は、患部を冷やしましょう。

 

100円ショップに何度でも繰り返し冷やして使えるジェルアイスがあるのでこちらを使うか、ビニル袋に氷と水を入れてそれをタオルで巻き、患部にあてておくといいですね。

 

趣味に打ち込んだり、1人でカラオケへ行って思いっきり歌う、たっぷりと眠る、こういった事でストレス発散をするのもいいと思います。

 

ただし、蕁麻疹が出た直後に熱いお湯に浸かったり、お酒を飲む、激しく汗をかくような運動をする事は控えましょう。

 

どうしても治まらない、または口の中や瞼に出来たり、気道に出来て呼吸がしにくい場合はすぐに病院へ行って医師の診断を受けてください。

 

 

最も良い方法は「環境を変えてみる」事です

仕事の疲れ、心の疲れのストレスからの蕁麻疹の症状を抑える為に、一番良い方法は何といってもそのストレスの原因を断つ事です。

 

ストレスを感じて蕁麻疹が出来て、その事に更にストレスを感じて症状が重くなる、となってしまってはいつまで経っても蕁麻疹は治りません。

 

ですから、思いきって原因をなくしてしまう事が、蕁麻疹を抑える事への近道なのです。

 

今、仕事の事で疲れてしまいそのせいで蕁麻疹が出ている状態では、それ以上無理をして続けていると現状よりも悪化してしまいます。

 

酷い状態になってからでは遅いという事もありますから、まだ症状の比較的軽い内に環境を変えてみるのも1つの手段です。

 

急に転職する、仕事を辞めるのは大変ですが、我慢するよりも体と心を大切にして、ちょっとだけ行動してみるのもいいと思います。

 

 

 

 

 

時代のトレンドIT業界をブラックで辞めたくなった時は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

IT関連産業は時代のトレンドです。

 

この業界で働く事で、最先端のテクノロジーやプログラミングスキルを学んでいく事ができるのです。

 

IT業界は多くの方が自分の夢を叶えるべく新たなサービスを日々開発する事に努めていますが、やはりプロジェクトの進捗状況いかんによっては大変なハードワークを強いられる業界です。

 

いわゆるブラックな業界ってやつ。

 

短納期な案件がどんどん増えている中で、自分のプライベートな時間はほぼないと言っても過言ではない状況が続いていきます。

 

 

 

 

SEは非常にブラック

システムエンジニアは見方にもよりますが、大変ブラックな仕事です。

 

それは単純に毎日が激務な日々でさらされるから。

 

まず第1にブラックと言われる理由はここです。

 

 

日常の仕事を行いながら日々進化するIT業界の新たな知識を習得していかなければならないので、通常のルーチンワークの上に更に勉強といった業務がオンされ続ける。

 

特に大型プロジェクトが近づいている時は、不毛な作業の毎日で発狂しそうになります。

 

SEは寿命の短い業界とも言われていまが、それはSE業界の構造上、非常に不条理な事が連続して起こることに起因します。

 

 

・初期の段階では要望の無かった工程が、プロジェクトの終盤になって突然に乗っかる

 

・テクノロジーの移り変わりが早すぎて、過去の資料が全く役に立たない

 

・ITの構造上に予想だにしないトラブルが続出しまくる

 

 

このように、対応するにもしきれない事や、急な舵の展開が多過ぎて、その処理に大わらわになってしまうのです。

 

 

顧客は少ない見積もりを提示してくるのは必須なので、大型のプロジェクトを少人数でこなさなければならないなんてゆうのは普通。

 

結果、脱落者を続出させてしまうために「SE=短命」と言われてしまうのです。

 

この短命はそのまま本当の寿命とも言い換えられます。

 

あまりにも仕事が激務過ぎて、精神を病みうつ病を発症する人が多く、過労で倒れる人も多いからです。

 

まさしく命をも削られる仕事なために「短命」で「ブラック」な業界とも言われるのでしょう。

 

 

あなたは大丈夫?仕事の責任によって鬱になってしまう人の特徴5選とその対策

 

 

 

ウェブの仕事も昔花型、今新3K

wind-tunnel-957749_640

 

 

ウェブ関連の仕事も同様です。

 

この業界も昔は大変人気があり、華やかで収入も良い時代がありました。

 

しかし、最近では競争が過多となった事に加え、どんどん新たなむ無料サービスが出現しています。

 

一般の方でも簡単にキレイなサイトを作る事ができるので、市場における価格はどんどん下落しています。

 

この影響で短納期且つ、普段よりも多くの仕事を受注しなければ会社として利益を上げる事は難しい現実が続いています。

 

このような中では、仕事の量は増えるが、給与には反映されないという負の循環が出来上がります。

 

昔花型今3Kと呼ばれる所以がここにあるのです。新3Kと言われるやつですね。

 

 

・給料が安い

 

・帰れない

 

・結婚できない

 

 

こんなブラック標語の代名詞と言われるような事がつきまとっている。

 

またこの新3Kには負の連鎖が起因しています。

 

 

 

 

IT業界のピラミッド構造問題

pyramid-931742_640

 

 

IT業界では1案件の受注金額が非常に莫大です。それこそ大掛かりなシステムの開発ともなると1案件で数十億なんていうこともザラにあります。

 

中小企業の場合は、資金繰りの面から出来る限り早い段階で支払いを行なって欲しい会社がほとんど。

 

動く金額が莫大なIT業界では結果、最大手の会社が元請けになるのが普通です。(商品を納品してから代金を頂くスタイル)

 

元請けの会社でやることは、主に全体像の設計や顧客との納期の打ち合わせ、工程のカテゴリー化です。

 

細分化されたカテゴリーは専門的な領域になるため、元請けはその仕事を小会社に投げていきます。

 

仕事を受けた小会社は、その内容が専門的である場合や納期スケジュールの都合で、更に孫会社へと投げていきます。

 

更に孫会社はその下へと・・・

 

 

といった案配で、IT業界では1案件とっても上記のようなピラミッド体系が構築されていきます。

 

どの業種もそうですが、下へ下へと降る過程には、中間マージンが発生します。100万で受けた案件なら80万で小会社に委託。

 

こんな形で、下に行けば行くほど少ない売上で案件をこなさねばならない。

 

当然の事ながら、そこで働く末端のエンジニアは少ない給料・サービス残業でカバーせざるを得ません。

 

会社も望んでいるわけではないのに、必然的にブラックになるしかないんですよね。

 

こうなると、

 

 

給料が安い⇒帰れない⇒結婚できない

 

 

末端にいるエンジニアほどこういった連鎖にはまってしまうのです。

 

 

分業化されすぎた仕事内容のため、エンジニアの中には「この仕事は一体どんな意味があるんだろう?」こんな疑問を抱きながら取り組んでいる人もいるほど。

 

何をしているのか分からない状況の中では、教育もヘッタクレもあったもんじゃありません。

 

ブラック企業では後続も育ってこないのです。

 

 

 

最後に

もちろん全てのIT小会社が上記のような形ではありません。

 

ですが下にいけば行くほど、いわゆる単純作業的な仕事が増えてくるのも事実です。

 

 

・単なる動作確認

 

・膨大なバグの有無のチェック

 

 

こういった仕事内容ばかりになってきます。

 

 

よく見たことがありませんか?IT業界の募集で。

 

 

「未経験者大歓迎!」

 

「学歴不問」

 

 

そこにはこんな誰にでもできる単純な仕事。こういった背景があるのです。

 

 

裏を返して言えば、こういった「誰にでも出来る単純作業」というものは、根本的な人手不足とも相まって、今後は外国人労働者にドンドン移行していきます。

 

外国人を雇用するのは工場や飲食業界だけの話しではないのです。

 

安い単価でハングリーに取り組んでくれるとあれば必然でしょう。

 

今後は、

 

 

元請けに転職を目指す。

 

IT業界から足を洗う。

 

このままブラックな末端でもがき続ける。

 

 

この選択肢のいずれかになるのは自明の事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

トップエリートが働く商社業界を激務で辞めたくなる時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

総合商社は世界に冠たる日本のトップ企業集団です。

 

個性的な集団が織りなすビジネスは長い間、日本経済を牽引してきました。

 

就職したい企業でもトップレベルの位置を誇り、多くの方が自分の仕事を行っていく上で国際的に高いレベルのビジネスを行っていける商社での仕事を希望します。

 

 

しかし、この業界はとても激務な事でも知られています。

 

 

普段からハードな仕事と海外転勤、異動など、人生のほとんどを仕事で費やす覚悟があればこのような業界に飛び混んでいくのも一つの選択肢かもしれません。

 

商社の激務、紹介します。

 

 

朝から晩まで働ける環境

商社マンは昔からハードな仕事を行う事で知られています。

 

厳しさ覚悟で大きなビジネスを成功せたい方にはこのような業界はオススメです。しかし、その覚悟がなければ辞めた方がよい業界でもあります。

 

 

・給料が高いとはいえ、ありえない量の残業

 

・仕事以外を重視しようとする社員に冷ややかな視線

 

・ここはまるで軍隊か!?というほどの体育会系

 

 

 

こんな感じで、裏では有名企業とはいえないような激務が展開しています。

 

また商社マンは、日本とは大きく異る商習慣の海外で過ごす時間が多いので、本人はもとより家族にも大きな負担がかかる業界。

 

給与もステータスも1級品の業界ですが、その分ハードな毎日が待っているのです。

 

昔のような口銭商売が中心だった頃は仕事が終われば接待で朝まで飲むという武勇伝も多くある業界でした。

 

まさに人が命を地で行く業界です。

 

このような業界で働くとほぼプライベートはないに等しいです。働いて帰って寝るだけの生活が貴方を待っています。

 

自分の人生をかけて仕事を頑張りたい方には最適な業界ですが、高給にはやはり大きな代償が伴います。

 

滅私奉公でノイローゼや過労死は当然の業界ですので、心身共にタフである事が要求されます。

 

自分の精神の限界まで働いていける方がこの業界で生き残っていけるのです。

 

生き馬の目を抜くと言われるのがこの業界の特徴です。

 

金さえ稼げればどんな激務でもいいんだ!という方には持ってこいの業種と言えます。

 

 

 

世界中に転勤の可能性がある業界

world-1264062_640

 

 

今後のビジネスの国際化を考える中で商社で働くと世界中に転勤の可能性があります。

 

商社のビジネスが今や世界をまたにかけて資源等の権益やプロジェクト・ファイナンスにビジネスモデルが移行していっています。

 

その中で商社の果たす役割は大きくなっていきます。まさに商品だけではなく、投資や情報、物流までありとあらゆるものを取り扱う時代。

 

 

言わば、商社マンは「儲かりそうな気配」にはとことん首を突っ込んでいきます。

 

 

また海外に転勤しない事は歩のないので、そのような点からも商社マンは大変です。

 

家族を伴っての転勤等は日常茶飯事。

 

その為、子供の教育問題、住居の問題等、多くの問題を考えていかなければなりません。

 

給与は高くて楽しいですが、やはり、家族とのんびり過ごす時間等を求める方には大変な業界である事に変わりはありません。

 

合コン等で人気の総合商社マンですがやはり、多くの方にとって大変な激務であるのは事実。

 

自分の幸せって何なんだろう?

 

こんな疑問を抱き、退職していく人も多い。

 

 

 

 

エリート意識の強い方との競争に疲弊

商社に入る方は大変エリート意識の強い方が多いのが特徴です。そのような方とのハードな競争は心身をとても疲弊します。

 

年功序列な上に、いかにして結果を出すのかという実力主義でもあります。

 

漫然とやっていればボーナスに著しい差がでるばかりか、所属する部署にも差がでてくる。

 

何年も在籍しているのに、後から来た後輩が花形部署で、自分は普通部署。こんな話もザラにあります。

 

 

そのため普段から自己研鑚の連続。

 

それが自分自身の本当の身につくスキルであればまだしも、ライバルに勝つための、出世競争を勝ち上がるための努力となると疑問を抱き始めてしまう。

 

ましてや、人の足をすくおうとする人間も多い業界・・・。

 

熾烈な競争社会をがめつに上を見て行きたい方にはおすすめですが、日々、毎日大きな仕事を行う事を夢見ている方達との熾烈な人間関係に嫌気が指す方はこのような業界は避けた方が賢明でしょう。

 

最後に残るのは疲労だけです。

 

 

 

 

最後に

tiger-591359_640

 

 

この業界は仕事以外にやり甲斐を見つけたい方には向いていません。

 

日々経済の最前線で働く業界ですので、大変刺激的ではありますが、ハードで過酷な仕事が普段から要求されます。

 

どんどん増えてくる新たな時代の流れをいかに掴んでビジネスに結び付けれるかどうかが商社ビジネスの本流です。

 

商社ビジネスは確かに最先端を行っている感は強いです。

 

しかし人生にはそれ以外にも人重要な要因もあります。

 

その点を考えて自分らしいビジネスを行っていきましょう。

 

生活を安定させるためには収入の大きさは重要ですが、それ以外のプライベートも充実させる生き方も一つです。

 

ワークライフバランスを上手く考えていく人生も一考してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

年収1000万でも辞めたくなる激務な金融業界とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

金融業界は大変ハードな業界です。

 

高給且つステータスの高い業界として知られていますが、その分仕事は激務です。

 

中にはとんでもないノルマが課せられる分野もあります。

 

朝から晩まで繰り広げられるハードな競争に嫌気が差して転職を考える方も沢山いるのが現状です。

 

日本を代表する企業の裏側は熾烈な競争社会です。

 

 

 

 

 

 

熾烈な競争が繰り広げられる銀行

銀行は大変多くの方が就職を希望する業界です。

 

学生の方にとっても就職したいランキングの上位に名前を連ねる有望な業界ですので、どなたも一度は憧れる素晴らしい業界と言えます。

 

しかし、ドラマ半沢直樹にも描かれているように融資の難しさや行内の派閥の関係等、多くの心労を抱えやすい業界でもあります。

 

 

・新規融資ノルマや保証協会へのノルマ

 

・法人や個人の過酷なカード獲得競争

 

・人事考課のための無理な資格取得

 

 

 

華やかな表舞台とは裏腹に、銀行業界では熾烈な出世争いが繰り広げられる。

 

その点からも精神的なストレスを感じて、離職する方が多いのが特徴です。

 

また派閥や学閥等、昔ながらの日本社会的体質が色濃く残る業界でもあるので、その点からしてもある意味で封建社会ともいえます。

 

長年の苦労も最後は関連会社に出向等の形で幕を閉じる事が多い。

 

やっと自分の地位を勝ち取り、落ち着いたと思ったのもつかの間、急な「転勤」を命じられる。いわば在職中は転勤等で日本全国たらい回しです。

 

この出向や転勤も上層部の「裏の意図」を感じさせられて精神的にも疲弊してくるのです。

 

また給与も若い頃はそれほど高いわけではなく、完全な年功序列的な体質。

 

安定したイメージが強いですが、その反面多くの見えない苦労があるのです。

 

 

 

 

日々の相場に振り回される証券マンの悲哀

stock-exchange-1222518_640

 

 

証券会社の人間も銀行員に負けず劣らず大変なハードワークです。

 

むしろハードなノルマや体育会要素満点の人間関係の大変さは銀行員よりも上かもしれません。

 

特に営業分野は大変です。

 

数字が人格の世界ですので、とにかく何がなんでも数字を上げ続けるしか方法はありません。

 

証券会社の主力商品は株式や投資信託が中心となるので、株式市況が大変大きな意味を持ちます。

 

また証券会社の仕事は手数料を稼ぐ事が当然の目的ですので、顧客の資産を大きく毀損させる事は当然ですがあります。

 

そのような環境の中で会社と顧客の間で板挟みになることも頻繁にあります。

 

朝から晩まで、ノルマ必達の為のハードな外交を行い、上司のパワハラに心身的にも疲弊して退職を考える事も多いです。

 

当然離職率も高い職場です。

 

大手の証券会社では20代後半で年収1000万円を超える方も多いですが、その分、朝から晩までハードな仕事を余儀なくされる場合が多いので、本当に体力勝負です。

 

常に負けず嫌いで前を向いていく気持ちをなくしたら終わりです。

 

体育会系の精神論や根性論が支配する伝統的な日本型企業ですので、その点からもハードな打たれ強さが要求されます。

 

 

 

友人、親類を食い物にしていく保険業界

保険業界も負けず劣らずハードな業界です。

 

一般社会において保険は重要な要因です。

 

大手の生命保険会社や損害保険会社も最近では人気の就職先となっています。

 

保険業界もまた新規顧客の獲得や既存顧客の解約阻止に動くハードな業界です。

 

最近では特にインターネットでの保険の販売が盛んになっているので、競争は益々激化しています。

 

そのような環境の中で、新規の顧客の開拓を行いながら自分の顧客の解約抑止に動くなど大変な思いをするのが保険会社の特徴です。

 

 

また人の死亡や重大な事故災害に関する保険に関しての事です。

 

保険の外交員は人の葬儀に積極的に出席します。

 

なぜなら、身内の死を目前にした遺族には、終身保険が売れるからです。

 

人間の死さえも、マネタイズしようとする保険業界。

 

顧客と頻繁にトラブルいなったりする事も多いので、精神的には大変な思いをする事が多いです。

 

自分の身内や友人にも加入をお願いしていく事がもはや一般的なので、その分プレッシャーもかかってきます。

 

こんな事をしているとまるで、「ねずみ講」を販売しているような卑屈な気持ちにもなってきますよね。

 

もはや数字を上げることだけが一人歩きをしている激務まみれの保険業界。

 

 

 

 

最後に

daisy-1317232_640

 

 

金融機関は大変ハードな職場です。

 

エリート意識が大変強い方との競争が延々と繰り広げられています。そのような環境で頑張って行けるかどうかが大変重要な事です。

 

かなりの離職率を誇る業界でもありますので、多くの我慢等も必要。

 

ハードな仕事と人間関係の狭間で苦しんで行く方が多いのは当然ですが、体や精神を壊してまで仕事を行っていく事は賢明な選択肢ではありません。

 

自分にとって最良の人生とは仕事を頑張り、友人や家族と過ごす時間をいかに楽しんで過ごしていけるかどうかです。

 

長い人生の中でそこで学習できる事は大変ありがたく勉強になるのですが、仕事のみで体を壊してまで継続していくのはいかがなものでしょうか?

 

仕事になんの楽しみも見いだせず、ただ辛いだけなら早々に見切りをつけて新たな人生を歩んでいくのも一つですね。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ